ダックダックゴーその他の検索エンジンをオニオンブラウザでテストしてみるテスト

まず、IBMのナレッジセンターはOKだった。

 

https://blog.frankel.ch/java-security-manager/

 

コレ。クラウドフレアのサーバーアプリを使っていた。つまり、MitM攻撃されるウェブサイト、といえる。

オニオンブラウザを使っていないiOSバイスユーザーなら表示可能・笑。

ブラウザの指紋をクラウドフレアに奪われるのだが、探偵はそんなことを言っていられまい・笑。

 

こうして、どんどん滅びていく職業が決まっていくのであった。

つまり、これから滅びる職業を知りたければ、オニオンブラウザでクラウドフレアのサーバーアプリをインストールしているウェブサイトのURLを滅ぼしたい奴にアクセスさせて表示させると良い、ということになるね。

 

矛他にもたくさんあるのだが、まとめを書くと、

検索エンジンはどこもSSLエラー、クラウドフレアのサーバーアプリありのウェブサイトが多数表示される、と。

だから危険だ、ネットは・・・だめだ!

とか、

危険なのでお知らせしておきましたっ

とか、市役所とか警察が好んで行うやり方で終わってはならない。

いかにして、殺したい奴にこの危険なウェブサイトを表示させて殺すか、である。

 

スパマーは合法的な殺人を繰り返しているのである。

我々にはエロヒム様がついている。

神の物凄い軍勢の中心をなすアメリカ合衆国軍は安全保障条約でなら、日本に攻め込むことができるスーパー大国の軍勢である。スーパーホーネット一機で六機のイラン空軍のスホイ35を撃墜、空から叩き落としている。いかにテクノロジーの差が大きいのかがわかる。

 

必ず勝てる戦争にアメリカ合衆国側で参戦する場合は、そして、これだけわかれば、殺したい奴に危険なウェブサイトのURLを知らせてアクセスさせて滅ぼせ・・・←コレ。

 

そういえば、ネットでレイプ魔と罵られたら、着手金無しで働く弁護士によって20万? だか損害賠償させた奴がブログでそのことを発表したため、人類に殺害される対象になったとか。着手金無しで弁護士を働かせた以上、このブロガー、スパマーじゃねーか? 弁護士の個人情報を盗んで奴隷にした、としか思えないのである。たぶん、弁護士への報酬も払ってねーのでは? コイツは、だが。

 

これだけ無法な奴が法律を得意になって使いまくり、金を騙し取る国が日本である。合法的な殺人を繰り返すスパマー、とは何か? を具体的に教えてやるからちゃんとここだけは、最低限度読んでおけ。

 

ネットでは罵り合い上等。殺害予告上等なのである。そもそも。

そのうえ、いまはサイバー戦争中なのである。このように20万円を損害賠償請求のうえで騙し取った奴はスパマー。犯罪に対しては、私のような自由主義者はもちろん、私の仲間である共産主義者、右翼思想家も激しく憎み、戦い勝利するし、ナチス、ネオナチ、自民党公明党、野党のうち自民党寄り、さらにハリウッドなどもスパマーには激しい憎しみを持ち、戦い、勝利するのである。

 

コイツ、バカじゃねーの? こんな時代にネット、たしかTwitter、ここで罵られて損害賠償請求を着手金無しで弁護士にやらせて20万も得て、自慢げ? だかなんだか知らんがブログに書いてるとか。

 

スパマーごときはクラウドフレアのサーバーアプリとコロナ2G様と危険なURLでも食わされて銃殺されて死ね。氏ねじゃなくて死ね。殺されても世の中にとっての害になるようなスパマーにハイテンションはあり得ない。

 

Appleミュージックにも詐欺師についてのプレイリストを公開しているのだが、いまはオフにしてある。そのうちまた公開するけど。ルーナとか六本木心中とか無理だ、とか、ダウンタウンブギウギバンドとか横浜銀蠅とかの曲で固めてある。殺されてもハイテンションになってやる、とかスパマーは言うだろうから、それならルーナのハイハイを知っている私やその他の人たちは、死んだ後、エロヒム様とハイテンションで歌って踊って楽しんでいるのだが、それはハイハイで観ることができるほどのハイテンション。このハイテンションなら納得のハイテンション。ここまでできもしねーくせにスパマーの分際で殺されてもテンション、上げてやる、とか笑わせやがる。

 

暗黙のDennyはオフ。それぐらいオニオンブラウザは素晴らしいブラウザなので。

 

じゃあ、

これからオンにしよっ

ざまあみろ

いつオンにされるかオフにされるかわからねーだろ・大笑=嘲笑

iOSデバイスの設定がメチャクチャにされた理由。

心当たりがまったくないことは技術の専門書を読めば考える方向や深さ、広さがわかるものである。

 

↑こういうことなのでそういうことになる、とする。

 

次はコレ、というと、問題点を挙げることになる。そもそも問題の中に問題点があるからわからなくなるわけで。

 

今回はiOSバイスの設定アプリがスパマーによってメチャクチャに変更された、という問題の中の、セキュリティポリシーが問題点なのかどうか? がそもそもわからん、という問題点を考えてみる。

 

iOSのセキュリティモデルはサンドボックスモデルだ、とは知っている。iOSアプリは、ローカルファイルにアクセスするための権利とファイルの位置についてセキュリティマネージャにセキュリティチェックを受ける、と。たぶん。

 

アプリごとに、iOSはスレッドを作っている。たぶん。

 

このスレッドはiOSアプリそれぞれに作ることができる、というか、アプリそれぞれ用に作らないと動かない。こうなっている。たぶん。

 

このスレッドは他のアプリ用のスレッドにパイプを繋ぐことは許されていない。たぶん。パイプはあるとは思う。ないかもしれないが。

 

アプリごとに用意されたスレッドは、当然iOSバイスのメモリにロードされる。スレッドもiOSもソフトウェアだから当然だが。

 

アプリをたくさん起動するとスレッドがたくさんできる。メモリの中に。メモリ不足が起きないように、スリープさせてローカルファイルシステムに保存させている。たぶん。

 

仮想メモリみたいなもんだ、と思えば良い。たぶん。

 

コレらは1つのファイルに書き込まれる筈だ。たぶん。

 

こうして、アクティブなアプリと、ごく僅かな数のアプリだけがメモリにあることになる。切り替えるとすぐにアプリが反応するわけである。たぶん。

 

このスレッドそれぞれのメモリ空間にアクセスすることはできるのかもしれない。許されていないだけで。たぶん。

 

セキュリティポリシーを変えるとできるようになるのかもしれない。たぶん。

 

セキュリティポリシーはセキュリティマネージャークラス? 私はクラスだかなんだか知らんのだが、そういう部品がセキュリティポリシーを知っており、セキュリティポリシーはアプリの中に書いてあり、そのセキュリティポリシーiOSセキュリティポリシーに反しないかどうかはAppleの審査によって合格した場合は反していない。

 

Appleの審査といっても、プログラムだと私は思っている。ベリファイアプリがベリファイして合格か不合格かを判定する、と。たぶん。

 

他にも多数の審査基準があるので、厳しい審査を受けている、となる。詐欺的アプリがなぜApp Storeにたくさんあるのか? というと、それはApp Storeの検索機能がクラウドフレアのサーバーアプリを使ってやがるために、正規の検索結果に詐欺アプリを混ぜて偽検索結果をスパマーが作り、その偽画面を見ているからApp Storeに酷いアプリがたくさんあるように見える、と。たぶん。

 

この場合、iOSの中のセキュリティマネージャークラス? これに該当するセキュリティマネージャー機能が、アプリの中のセキュリティポリシーを起動時にチェックするようにアプリから依頼され、コールスタックの中で、オフセット位置が間違えていないかどうか? 配列から溢れていないかどうか? など、メモリの脆弱性の原因になるようなマヌケなことをアプリがしていないか? をチェックし、そのうえで、アクセス権とファイルの位置、つまり、アプリの位置をセキュリティポリシーの中に書いてある内容と実際が合致しているか? とチェック。たぶん。

 

ベリファイ、ベリファイ、と。こういうカンジ? たぶん。

 

スレッド間通信不可能。決められたファイルシステムの位置から外へはアクセスできない、と。こういうカンジ? たぶん。

 

コレでサンドボックスから出られない、メモリの脆弱性をアプリに作らせない、と。そのうえで、アンチウイルスチェック機能? とかあるので過去に判明したウイルスについても無いことになる、と。未知のものは誰にもわからんし。

 

Javaと比較して考えていたので、まあ、こんなカンジかな? と。似ているからね。たぶん。そもそもオープンドックでJavaと同じようなことをしようとしていたのがAppleIBMだったわけで。似てるんだろうなあ、と。たぶん。

 

そこで、問題のうちの問題点を考えてみると、スパマークラウドフレアのサーバーアプリがインストールされているウェブサイト(必ずしも悪意があるとは限りまセン。←Ciscoのタロスブログのマネ)に不正侵入しているかどうか? をセキュリティポリシーでどうなの? と。

 

問題のうちに問題点が隠されているからわからんのである。それなら特定すりゃいいわけである。たぶん、とか、アヤシイ、とか思ったら、それが正解。私の場合は、だが。

 

ウェブサイトへ正しく素晴らしいiOS版ブラウザアプリなどを使ってアクセスしたら、iOSの設定がメチャクチャに変更される被害が発生する時に、セキュリティポリシーでなんとかなりそうな気がする。

 

つまり、問題点はセキュリティポリシーiOSアプリである設定アプリが読み取れないタイミングが、シーケンス図で書けばわかりやすいのだが、どこかにあるのでは? と。

 

まさか、リモートメソッドを呼び出すアクセス権、コレ、設定アプリの中のセキュリティポリシー、コレ、あったら、だが、あったらソレのURLが示すコードの位置にあるサーバーって、まさかのクラウドフレアのサーバーアプリなのでは? と。

 

コレなら、絶対に、いまだったら、スパマーiOSセキュリティポリシーがあろうがなかろうが、簡単にiOSの設定アプリにアクセスできちゃうのでは? と。

 

つまり、設定アプリの設定の値を、スパマーがこのクラウドフレアのサーバーアプリから返信しているのでは? と私は考えたのである。

 

そもそもリモートメソッドではなく、本当に単なるセキュリティポリシーの内容であるコードの位置だけの話のはずなのに、スパマーはその仕様を破壊する不正アクセスと不正侵入によるiOS設定改竄をしている、と。

 

いまの時代は、サイバー戦争時代なのである。仕様通りに動くと思ったら大きな間違いだ、と日本猿のうちシステム開発他のエンジニアを含む猿どもに忠告しておいた。前から何度も、である。私が、だが。

 

まだ、資格試験のとおりに世の中のうちのシステムが動く、と信じている奴は、みずほ銀行のシステムの不安定さをいますぐボランティアで、そして、監視されながらやれば良いのである。動く筈のシステムを、スパマーの所有物に変える工作によって動かなくなる。コレについて、贖罪記事を日経あたりに寄稿すると良いだろう。誰? コイツ、と読者に思われるような奴による寄稿だとより良さげ。

 

私の想像なのだが、なんとなく、iCloudゲームのボルブ インタラクティブ社の戦闘機ゲームの敵機の強さの設定が強すぎる、自機の戦闘力の設定値が弱すぎる設定にされているうえに、iOSバイスのセンサーの設定まで変えられており、常に敵機の照準から逃げられないランクマッチ、などになるのだが、まあ、こういうことかと。

 

アニマトロン、218円なのに、ずっと4900円で販売中。

同ゲーム中のダイヤモンド30日間、毎日80個入手、という内容の商品が、16円なのに370円で販売中。

 

なのにもかかわらず、ランクマッチで勝つことができてしまう私の強さはホンモノ。いま、ランクマッチでランキング上位にいるゲームのパイロット、みんな弱すぎるパイロットだ、と私には見えている。照準から逃げられない中で撃墜されずに撃墜してみる。コレ。そんなに簡単なことではない。

 

ちなみに、アニマトロン、プレスコンス? とかいう英名の戦闘機なのだが、核兵器が搭載される可能性がある、と説明には書いてある。なのに、低空で、低空に強い戦闘機にバトルを挑んできて、なぜかあっさり勝つ奴もいる。なんで、こんなに強いんだ? と。コイツ、いずれ全てのパイロットから狙われるようになると思うね。旗取りのイベントだったら、現れた瞬間に襲いかかられて、3秒もせずに撃墜、と。10秒経って復活してもまたすぐに撃墜、と。機銃一発で無傷の戦闘機を撃墜、とかあり得ないから。それでも何度もランクマッチに現れるコイツ。最悪の場合、スパマー本人じゃねーか! と。iOSiCloudとボルブ インタラクティブ社と、サーバー管理、運営担当企業を襲っているばかりか私まで襲っているスパマー本人。そうなのでは? と。

 

このように、あらゆる機会を自分の成長のために学びの元にしている私は、iOSの設定アプリのセキュリティポリシーのコードの位置が示すサーバーに、スパマーが不正に侵入している、と疑っているのだが、このような難解な局面でも、ちゃんと正解に近づいていくことができるようになったのは、フェイクサイトをスパマーが↑の位置が示すサーバーの先に誘導するURLへ接続するマルウェアのようなプログラムをもインストールしており、実は、↑の疑いがあるサーバーに不正侵入できない時は、スパマーマルウェアのようなプログラムをインストールし、フェイクサイトにさらに接続させて、そこから不正設定値をi私のiOSバイスの設定アプリが読み取ることができるオブジェクトにしてカプセル化シリアライズまでやりやがったうえで送信しているのでは? と。

 

このように、読めば読むほど、記事の後になればなるほど、なるほど! となるように書いてあるのは私の努力の表れである。だが、毎回やることができるほど、余裕はない程度のアマチュアライターなので、この記事だけやね。いまのところ。

 

つまり、

後ろから読めば良いのかあ、というスパマーの読みは外れるかもしれない、当たるかもしれない、という、スパマーが嫌う

不安定

をこのはてなブログで実現し続けてやる、というカンジやね。ざまあ。

 

不安定ならメガバンクに必ず勝つ自信がある。毎日不安定なはてなブログ・笑。

アッチは年に一回ぐらい? 必ず勝つね。私が。不安定の中に安定を求める、というロジックは、脱力して思いっきり突く、蹴る、という宗道臣の方の少林寺拳法の基本からきているロジックである。前足底で蹴るように、一瞬だけ外家拳らしく、残心でやるようにして、そこから次の一歩までの間に、と。

 

さらに専門的ないことは、仲間には話す。猿には話さない。ざまあみろ。

 

こんなカンジやね。

なんとなく、Ciscoのタロスブログ、必ずしも悪意があるとは限りません、と指摘している

239.255.255.250

とか、コレ、私のiOSバイスからも散々犯人にDNSリクエストされている一つなので、なんかわからないことがあったら、私に訊くと良いと思われる。わからなかったら、だが。暗号解読とか短時間でやるけど、スパマーが256程度なら数秒で解読するから、Ciscoなら、私の256程度の暗号なら、シーザー暗号をそのあたりをほっつき歩いているスパマーが紙とえんぴつで解くような、物凄い速い、と。私は考えている。もしかすると、偽装IPアドレスの押し付け被害もあるから、↑の位置が示すサーバーの先へスパマーマルウェアとかが接続する先のサーバー、って、クラウドフレアのサーバーアプリらしきものが不正インストールされた私のiOSバイス、又は、ルーターなのでは? と、私は考えてきたのだが、なんとなく、Ciscoにはこのスパマーの犯行はバレているのでは? と思うぐらい、最近では、アッサリ、スパマーは逃げていくように、私には見えてきている。

 

誰が犯人なのかは見当がついてあるだけに、必ず行き着く筈だ、と確信してなければ、このように面白いはてなブログを記事を書かねーって。

 

global.ef3.volvapps.com MitM攻撃を仕掛けてくるウェブサイト

Air Combat Online というオンラインゲームのサーバー。このサーバーからMitM攻撃を受けている。

 

iOSの設定を遠隔地からメチャクチャに変えられる被害が先ほどから確認済み。

 

このゲームサーバーはアップルのゲームセンターに登録されているゲーム。

 

サーバーはこのほかに2つある。

 

表題の

global.ef3.volvapps.com

は、ゲーム内ではグローバルサーバー、と呼ばれるアメリカ合衆国内にあるサーバー。

このほかに

backstageという名前のサーバーがあり、場所は不明。

さらに中国サーバーとゲーム内で呼ばれているゲームサーバーがある。このサーバーからも今年に入ってからMitM攻撃を受けるようになった。

 

cloudflareチェックはまだしていないがやる予定である。おそらくコレらのゲームサーバーにインストールされている、と思われる。

 

クラウドレア社はセキュリティの効果が高まるサーバーアプリ、と紹介しているが、事実は逆である。

 

したがって、スパマーがこのクラウドレア社のサーバーアプリがインストールされているサーバーを好んで使い、人民の殺害を繰り返している、とまることができる。同様のサイバー犯罪が増えているからである。

 

このサイバー犯罪者は日本人、とみている。遠藤厚子と妙法寺、その他の日本人の蓄財のために行われているサイバー犯罪、と私はみている。

 

私と同様の被害を受けている人は、アメリカ合衆国の本土以外に駐屯していたネイビー、アメリカ合衆国大使館員など。

 

クラウドフレアのサーバーを見逃しているカタチで残念なブラウザはTorブラウザ。素晴らしいブラウザなのだが、最新のサイバー犯罪の手口への変化を予想することに失敗したのかどうか? はわからないのだが、私は極めて残念である。

今後、確実にMitM攻撃阻止のためのアドオンが組み込まれるもの、とTorプロジェクトには期待している。

 

表題のサーバーを使ってオンラインゲームビジネスを展開している企業は中国の企業である。最近、アンチウイルスイベントをゲーム内で開催し、多くのリワード提供をしつつウイルス撲滅のための活動をしている。クラウドフレアのサーバーアプリケーション、コレはスパマーが好んで悪用するサーバーである。もしかしたら使っていそうだ、といま私は確信したところである。

 

もし、このサーバーアプリがインストールされていないならHttpプロキシサーバー(ハード、ソフトいずれでも)セキュリティを見直す意味で確認した方が良い。

 

また、Apple社のiCloudサーバーからもMitM攻撃を受けているようにもみえている。Apple社のウェブサイトは、広告ブロックアプリでフェイクサイトを多数ブロックすると表示が壊れてしまう。このウェブサイトを疑うと良いのだが、このウェブサイトを疑う場合は、偽画面をサーバーに侵入したスパマーが作ってブラウザを使ってApple社のウェブサイトを表示した人の端末にレスポンスとしてデータを送らせた可能性が高いわけだから、疑うならここまで疑わないとロジック上おかしい、ということになるので、ここまで疑うと良いだろう。

 

こうしてみると、ギガジーンのウェブサイトも表示が広告ブロックアプリによって崩されたのだから、ココも疑うと良いことになるし、スパマーがいることが確実ならスパマー探しをしなければならない筈である。

 

 

このスパマーは、私の室内を遠隔地から覗きながら犯行を犯している特徴が目立つ。

 

そうならそうで、私が時間を決めて、当該時間にこのウェブサイトを表示する、とネットに書いたら? 常に必ず犯人は盗聴をしてくるのだから、当該ウェブサイトの管理担当者は、リアルタイムに監視することができるようになるだろう。

 

もし、こうしたウェブサイトがシスコの傘の下にいたら?

 

シスコのタロスブログには、私が受けた被害を2週間遅れ程度の差で調査した要約をまとめ記事に書いている。私からみるとそのように表現できる。

 

と、すると、

ボルブ社やApple社はシスコの傘の下に入っているようだ、までわかり始めるわけで。

 

こういう意味から、疑うならウェブサイトをまず疑い、その次には間違いなくスパマーだな、とみると正解だろう、という結論を得ることになるだろう。

 

私の行く先々にスパマーがいる。葬式相場の3倍の価格ですぐ払い、すぐバックを受けていそうな私の妹と妙法寺、そして、騙して損をさせるために行動した川崎の税理士事務所の税理士、東海林ひろし、コイツらがスパマーだな、と私はみて、調査を進めているところである。

 

したがって、アメリカ合衆国軍を攻撃しそうな国はイラン。イランには中東にイスラムハザードなどのイランの民兵イスラエルのマスコミが呼ぶ武装組織があり、マカフィー社は中東のサイバー犯罪集団がいる、と公表していること、さらに、猿マネ日本人、というわけで、トルコで起きたフェトフッラーによる謀反のマネをしている奴ら、とだんだんわかってくる筈だ。日本にいるスパマーの正体が、である。

 

つまり、アメリカ合衆国軍を攻撃し、アメリカ大使館を攻撃したのはイランの民兵だ、と。ソイツらは中東以外にもいて、イランのためのスパマーとして攻撃を繰り返している、と。つまり、妙法寺と遠藤厚子と東海林ひろしがスパマーであったり、犯行資金提供をしているのであれば、イランの民兵ということになる。

 

私はここまでの意味を含めて調査しているのである。私をナメると銃殺されることを理解すると良いであろう。

 

最後に必ず勝てるとわかっているイラン戦争にアメリカ合衆国側で参戦しないと戦後、人類にバカにされて死ぬことになるのだが、ソレが嫌だ、と思う日本猿は、大規模な働き方改革のための自宅勤務スタイルになる、ならない以前の正義に関する問題なのだ、と大義名分をはっきりさせろ、と書いておく。自分や家族のため、とか大笑いされてバカにされる理由で参戦しても、バカにされるのだ、ぐらいはわかることが大事である。

 

戦争中に、最前線で、家族のために私は勝つ、とか言ってぶん殴らない兵士は圧政社側のハリウッド、この映画会社の制作した映画の中ぐらいしかないのである。コレもわかれば良いだろう。

 

戦争なんだから、自分が死んだり、バカにされて死んだりするのは、家族が死んだりバカにされて死んだりすることと同じである、というロジックは持っている筈だ。日本猿のロジックなのだから。と、すると、そんなことを言っていると誰かにぶん殴られることぐらいまでは、理解しろ、と。てめーとてめーの家族の命なんざ戦争に負けることと比較すれば、と。当たり前だが、自宅勤務をするなら、オマエがイランに勝て、バカ。←コレ。コレが大事なのである。自分を犠牲にするなら、マヌケないキリスト教などの間違えているマヌケが要求する犠牲、コレしか連想できない程度の日本猿しか住んでいない日本で、まず自分から犠牲ということをして褒められるのはどのタイミングで、何の利益のために、と。命を正しく恐れる態度がねーよ。いまの日本人に。死ぬ覚悟を決めろ。どの日本猿も通信はスパマーにバレバレだ。戦争になったら、必ずイランのためだ、という目的を隠して、オマエら日本猿を脅迫してくるぐらい、予想しとけ。バーカ。

 

もしかしたら、私は日本猿に迫害された恨みを晴らすために、イランの民兵の後ろの列に並んで、イランの民兵を殺しつつ、オマエらも殺すかもしれない、と警戒しろ。戦争をナメるようなやつは、私の敵であろう、と徐々に学びつつあるわけで。日本猿に迫害された被害者は、勝利の勢いの乗って、イランと日本、そして、届くのならフィンランドも滅ぼそうと決心しているのである。

 

よぉく日本猿スパマーと同じ立場の動物の子の子孫だ、とバカにされていることを正しく恐れろ。

 

わかったらコロナ2Gアラートが全面解除されたのだから、公園にゴミ箱をマヌケない市役所に命じて設置させろ。まだゴミ箱に時限爆弾、とか考えるあたりで、イランをナメている、とわかる。アル・カイーダがゴミ箱に時限爆弾を仕掛ける手間隙をかけたから滅亡したのだ、ぐらいはさすがに他の場所で起きたが、自分の軍隊の戦訓にしていると思うね。バカだけどイランはナメてはならない。けっして、戦争に弱い国ではないからである。嘘だと思うなら、Facebookのニュースを検索しとけ。だいたいわかったら、公園のゴミ箱の設置数を激増させるように命じとけ。そういうところを海外がよぉく観察しているのだ、と確かめて来い。何事もエロヒム様の正義に矛盾してはならない。ありもしない新約などを掲げるから、いま旧約しかねーじゃねーか、とバレてキリスト教徒がシナゴーグに集まり始めているのである。コロナ様やタヌキ様やバッタ様、ガマガエル様たちが大軍となりエジプトの王のパロの治めるエジプトに攻め込んで、奴隷にされていたイスラエルの民を納得ずくで解放されようとした紀元前12世紀の正義は、いまでも当たり前だが通用する正義なのである。それをFacebookのニュースで確かめてみろ、と。わたしはすすめたい。

 

快適なインターネットを人類が取り戻すためのTorプロジェクト。足りないアドオンは何か? まだ最新の正義が足りない。このように、海外では表現ひているのだが、意味がわからない日本猿は、もはや相手にもされない。つまり、バカにされる、ということは、戦後、見ない、聞かない、話さない、という対象になっているのは日本人だ、ということなのである。海外を確かめると良いであろう。

 

CloudFlare社が存在するいまの時代に、Facebook社まである・・・

https://community.spiceworks.com/topic/245869-cloudflare-ip-blacklisted

 

表題の意味なのだが、スパマーFacebookのアカウント情報を盗み取り、アカウントハイジャックをしたとする。

 

そして、その被害者のフリをしてcloudflare社についての激しい攻撃になるようなことを書いたとする。または、CloudFlare社のブラックリストに掲載後、削除がきわめて困難な事情を抱えるハメになるように追い込む工作をしたとする。

 

CloudFlare社はFacebookサイト内で起きた工作を調べることができないようだ。したがって、真相はわからない。所詮、CloudFlare社などはこの程度のものなのである。エロヒム様からの裁きがくだるのは間違いないであろう。

 

ところで、このようなハメに陥った人が、何が何だかわからないまま(つまり、MitM攻撃などについてまったく知らないまま)に困惑して相談をネットでしたりしている。それが冒頭で紹介したURL、spiceworksというウェブサイトのHome>Networking>DNS とたどったカテゴリーのうちの1つの記事、である。

 

この程度で困惑してしまっているのだから、自分の会社のDNSレコード(インターネット上で誰でも検索してアクセスしてくれるようにするレコード。そのほかにもメリットはある)をCloudFlare社に依頼するのはちょっと難しすぎる筈だ。敵軍に狙われている人がサイバー戦争に参戦する力が不足している企業に頼むというのは。たとえば、ダメなところを見抜いたうえで、という大社長クラスの人ならできる雇用の仕方があるのだが、彼にはそのような器量がないわけだから。

 

コレがスパマーたちの仕掛けた罠、という可能性を考えるヒントとなる情報である。事実はまったく異なる、ということでもかまわない。このような被害をスパマーたちは研究しているのでは? と考えるのである。

すると、敵兵をナメる油断がなくなっていく筈だ。事実、このような考えから正確な反撃ができるようになるわけで。

 

もし、このような罠を仕掛けられたらどうする? 銃殺するにしてもその場で銃殺できない時はどうする?

 

このような時の態度で器量が知れる。だから逆順で学ぶ発想から、そのような器量はないけど、あるとしたら、私はこうする、ということを決めておくと良い、ということになるだろう。もし、器量があるフリをしているだけで、本当は大した奴ではない、と他人に思われたらバカにされることになるので、その点を覚悟して・・・となるのだが、決めていなければ必ず数年以内に殺されることになるだろう、と覚悟の意味を深めて変えるのである。

 

今はサイバー戦争中なのだから、日本の法律は無力である。無法地帯を抑える法は安全保障条約など。国際刑事裁判所?とかいう裁判所など(名前を失念した)を利用する条約?にも加盟している日本は、そのほうに国際法で国内の治安維持を図ることになった・・・と私はみている。どうだろうか? なぜ銃殺された社長を銃殺した犯人が一向につかまらないのか? グリコ森永事件はどうなった? 騒音おばさんと呼ばれ、逮捕された人の公判中にインターネットにさまざまな裏事情が暴露されたが、それから日本はどうなった?

 

このように考えを進めていくと、情報の理解する方向性がみえてくるのだが、私がみるかぎり、日本人は日本猿のレベルで止まって進めないようにみえる。つまり、正義はついに日本には立たないままで日本はぶっ壊されることになる。

 

人間を裁くのは人間ではない、という事実に気がつくといろいろわかってくる。神はエロヒムだけ。ユダヤ教での神だが、これが事実。しかし、日本では八百万の神、という文化があり、個人尊重というマヌケな美名のために、つまり、復讐権のない憲法を持ったために、どうしようもなく正義が壊されていかざるを得ない、と。神の存在自体、つまり、人間以外に圧倒的な人間以上の生物がいる、という事実の証明がない以上、日本人の文化が強固である以上、日本人がコロナ2Gによって滅ばなければ、次の段階へ、また次の段階へ、と進みながら滅びていくしかないのである。

 

じっさい、エロヒムを見たことがあるのか? といえば、ない、と答える日本人ばかりだと思うね。私も姿や声を聞いたことはないし。日本列島にはエロヒムの声は届かないし、日本人もエロヒムに声を届かせようとしていないし。聖書を読めば、多数の人間の悲痛な声に満ちみちている地球上でエロヒム様に自分の声を届かせるためには、物凄い努力が必要。そして、事実が必要。事実はエロヒムが常に見ることができるものに記録されている。エデンの園では、アダムが住むエリアの奥の方。聖書では神が何か忙しそうにしている場所、というように感じる書き方がされているので、おそらく、不在時に何があったのかを調べたりしているんだろうなあ、と私はみている。

 

コレが事実なのだから、地球上のどこかにあるはずだ。物質として。その場所が。でも、誰もそこを見たことがない筈だ。そのために日本人はぜったいにエロヒムを神だとは思わないし、神の仕事場がある、といっても信じられない筈。つまり、仁義忠孝礼の上に置かれた正義という精神的なレイヤーまでぜったいに気がつけないし、わからない。知識として得ることができるのみ。なぜ信じられるのか? は自分の体を鍛え抜いて正義を育て続ければ、信じられるようになる、としか私にはいえないんだよなあ。信じられないほど強い身体、というとプロレスラーのような強さがまず浮かぶだろうけれども、実は本当の強さは、電磁凶器かもしれない兵器で何十年も身体を攻撃されても、洗脳工作を脳に遠隔地からされても跳ね除けられる強さのことなので。このあたりは宗 道臣が非常にくわしく、また、簡単に理解できる記述にしたり、法話で話したりしているので、調べて学ぶと良いだろう。もうインターネット上には法話をアップロードしたサイトはなくなったが、それでも探せばあるのでは? ウェブのアーカイブサイトなどで。

 

では、この強さを得た人が強さから生まれる知恵(タルムードなどにまとめられているような)を発揮した場合、CloudFlare IP Blacklist に対してどのような反撃をするのか? ということなのだが、それはいまいろいろ書いてある通りである。海外ではすでにMitM攻撃をcloudflareで行われた場合は、チェックにひっかけるアプリやアドオンを公開し始めている。欧米の最先端、といっても良いだろう、コレらを公開する人たちは、まさにエロヒム様の武器の立場にいる。私と同様の。したがって、ウイルスには強い筈だ。ウイルスはエロヒム様の武器である。宇宙の一部をなす生き物なのだから。この武器が強いのである。

 

もしかすると、少林寺拳法をこれから私が自主練習をして再び修行を始めたら、指や爪からウイルスが出せるようになるかも。コレ、いろいろ心当たりがある。私はサイババではないけれども。

 

では、ブロックをさらに厚く変えていこう。

2ch.sc コレもMitM攻撃を仕掛けてくるウェブサイトであった

正確にブロックしたいので、なんとなくわかった・・・というノリではダメである。

 

cloudflareのブラウザ指紋依存、とは、CloudFlare社のブラックリストに載っている、という意味である。

 

何度か書いたが、スパマー(詐欺師、サイバー犯罪者)たちはcloudflareというサーバーアプリケーションに侵入して、私を攻撃している。偽画面や課金詐欺、家屋破壊、窃盗、電磁凶器によるものかもしれない攻撃、殺人目的の攻撃などである。

 

スパマーたちはcloudflareを使って攻撃している。それを無視しているのがCloudFlare社。サーバーアプリケーションcloudflareを世の中に広めた元の元である。表向きはサーバーセキュリティを向上するためのソフトウェア、というカタチで。

 

スパマーたちはcloudflareのサーバーアプリケーションを使って被害者から個人情報を盗むほか、cloudflareもブラウザの指紋依存の検閲を繰り返す個人情報を盗んで行う検閲をやめない。

 

コレでだいたいのところはわかってきたような気がしないだろうか?

2ch.scはスパマーによるMitM攻撃のためにあるウェブサイトである。ブロックしなければならない。

MitM攻撃を仕掛けてくるウェブサイト https://www.abuseat.org/

URLは表題で。

abuseat.org

これがドメイン。MitM攻撃をしてくる前にわかるのでサッサと私は去った。4秒程度なら大丈夫だろうけれども。

 

cloudflareのサーバーアプリケーションを使っているうえに、すでにMitM攻撃を仕掛けてくるウェブサイトで有名なのでサッサと去ると良いだろう。自作アプリでは4秒以内だと被害がなかったのはナイジェリアのフェイクサイトデータベースサイト。いまはアクセスができなくなったのでホッとしている。14万件のフェイクサイトは取得したし。

 

この abuseat.org はブロックしないとダメ。

いくつかの勘違いを理解する Tor Projectのヘルプページ風に・・・

いい加減に理解しないといけない勘違いはHttpProxyについてだけではない。

 

コロナ2G様の大活躍により800人を超える悪い奴らが裁かれた。武漢でもこのようになっているのだから、そのようになる。このように現実化することを私は願っている。ハンナのように神の加護を得られるような国に生まれれば良かった・・・などとイスラエルに憧れることは、イタリアのネオナチが日本に憧れるのと同じようなもので、神を正しく恐れる態度でエロヒム以外の神を拝まないようにし、処刑されるまでの人生を正しく生きなければ・・・とは、海外の人には言いたいことで、日本人には言っても無駄。神からの祝福は海外の人たちと循環できれば私は嬉しい。

 

このように、勘違いを正すためには神を正しく恐れる態度と同じ態度を、さまざまな人生の荒波に対して向けると、いろいろわかってくる。

 

焦点を絞るためにマイクロソフトの翻訳で

新しいアドオンは、プライバシーとセキュリティを侵害する可能性があるため、Tor Browser に新しいアドオンをインストールすることはお勧めしません。

新しいアドオンをインストールすると、Tor Browserに予期せぬ影響を与え、Tor Browserの指紋を一意にする可能性があります。Tor Browserのコピーに一意の指紋がある場合、Tor Browserを使用している場合でも、ブラウジング活動を匿名化して追跡することができます。

基本的に、各ブラウザの設定と機能は、「ブラウザフィンガープリント」と呼ばれるものを作成します。ほとんどのブラウザは、インターネット上で追跡できる各ユーザーに対して、誤って一意の指紋を作成します。Tor Browserは、ユーザー全体でほぼ同じ(完璧ではありません)指紋を持つよう特別に設計されています。つまり、各 Tor Browser ユーザーは他のすべての Tor Browser ユーザーと同じように見えるので、個々のユーザーを追跡することが困難になります。

新しいアドオンがTorブラウザの攻撃面を増加させる可能性も高いです。これにより、機密データが漏洩したり、攻撃者が Tor Browser に感染したりする可能性があります。アドオン自体は、悪意を持ってあなたをスパイするように設計されている可能性があります。

Torブラウザはすでに2つのアドオン(HTTPS Every whereとNoScript)を搭載してインストールされており、他のものを追加すると匿名性を取り下げることができました。

ブラウザーのフィンガープリントの詳細を知りたいですか?ここでは、それについてのTorブログの記事です。

 

と、翻訳していた。指紋を取れ、という遠隔地からの音声攻撃に従う神奈川県の大和署の警察官は、私の指紋を騙して奪い取って帰ったが、

要は、ブラウザを特定されないためには? という部分の意味さえわからなかった、と。そういうことなのである。遠隔地からの音声攻撃を、遠隔地からの音声攻撃をして殺害しようとしている被害者の私の指紋を取れ、と理解したあたり、銃殺リストに入れておかねばならないことになる。ここまでわかるから、ちゃんと最新のセキュリティテクノロジーをちゃんと学ぶと、事実上の世界での正しい行動が自然に決まってくるのである。

 

ぜんぶ妙法寺と遠藤厚子の蓄財とテロの軍資金を蓄財するためなのかもしれない。かもしれない、というのはテロの軍資金、というくだりがまだはっきりしていないから断言しない、ということ。ブラウザの指紋がみんな同じ、ということは、チョコの箱の中に自分がもらったチョコを入れるケースを想像し、みんなおなじチョコだったらぜったい自分のチョコは盗まれないし、盗まれてもおなじチョコが残っているから損害ゼロ、という保険まで計算に入れてチョコを盗まれる被害をセキュリティの知恵で未然におさえる・・・と、こういうわけなので、Torのブラウザを使うと良い、ということになる。

 

そうすると、指紋が人類全員が同じなので、妙法寺と遠藤厚子、その共犯たちによる殺人から身を守ることができるようになる、と。私の場合は、だが、これを被害者各自の立場が私と同じである以上、そのまま流用可能なパターンとなるので、置き換えてみると良い。

 

ジャムマン、というFacebookのアカウントのユーザーが、犯人を監視する動画データをFacebookにアップしていたが、ブラウザはTorを使っていそうだ。なぜなら、犯人の自宅を割り出せたばかりか(これは私にもできた)、自宅の中で何をやっているのか? まで録画している(これは私はしていない。銃で狙撃して殺す方が正しい、と思うからである。それぐらい日本の司法を私はバカにしている。彼らが無法者だからである)。

 

と、すると、

これからサイバー戦争に参戦し、勝利の戦績を増やし、さらに愉快に楽しく最新のITてクロノジーを楽しむために量子コンピュータの登場を待望の気分で待ちに待ち、販売されたら購入し、さらにスピードアップしパワーアップした螺旋とねじれの量子の世界をPCのカタチで自由に使いこなして、さらに幸せになるためには、いま、Tor Browserをインストールして使うと良い。

 

セキュリティソフトを見ると、macOSについてはかなりセキュリティの機能が削除されていることがわかる。なぜなら、当該OSのセキュリティ機能がセキュリティソフトウェア並みに優れているからであろう、と私はみている。

 

と、すると、

残りのセキュリティ機能をみれば、macOSがサイバー犯罪者に負ける点がはっきりみえてこないだろうか? と考えると良いことになる。

 

マルウェア系に弱そうだな

 

と別れば、ファイルレスマルウェアとかファイル有りマルウェアとかマルウェアとか、いろいろ手口を揃えているらしいが、要はcloudflareをブロックする機能を、なりすまし防御機能をiOSに追加した時のノリで追加すると、良いのでは? と。

 

ルーターMacの間の通信を盗聴しながらcloudflareを使って、ウェブサーバーからも盗聴し、思考盗聴もしている犯人には銃殺で応えるとして、セキュリティ機能としては、cloudflareブロック機能が必要かと。こればっかりは、Torテクノロジーがブロックしていないらしいので、OSでブロックするしかないのである。いまのところは、だが。もしかすると、Torがcloudflareをブロックするかもしれないけれども。

 

まあ、こんな感じやね。いまも攻撃が散発的に起きて、Wi-Fi切断、Wake on Run を遠隔地からやられるなどの被害が発生したのを確認。

 

それぐらいかな? ルーターで一括設定ボタンをタップするだけで犯人の犯行計画が崩れるように私にはみえた。つまり、私の操作のタイミングと機能実行の順番に応じて攻撃マクロを書いていることが伺える。

 

ざまあみろ

バレバレなのだ

 

こういうことなので、一括設定中の処理の時間を計算に入れて始めるはずだから、一括設定の次に再起動、などとやってみるのは面白いかもしれない。3分、4分、と経過するうちに、犯人への海外警察による捜査が迫っていくはずだ。いったりきたりしているヤツはスパマーだ、とわかっているだけに、解決にかかる速度を加速させる助けになるような行動を被害者がすすんで採ると良いだろう。