“Don’t warry.” “What about?”

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログです。

Numbers、最終行を選択する機能が無いので検索することにしている。Facebook未公開記事

iOS版のNumbersだけではないらしいのだが、最終行に一気に移動する機能が無いのである。

 

そんなに難しい機能のように思えないので、いずれこの機能は実装されるであろう。だが、今が大切なのである。編集中の場合で、かつ、Numbersで編集中の場合は、だが。

 

どうしようもなさそうなので、最終行のセルのデータを検索することにした。

 

いまはコレで良い。

 

だが、いまの時点で、サイバー犯罪者のサブドメインが偽Appleサイトの場合は10000個もあるのである。今後10万を超えるサブドメインも見つかりそうなのだが、どうすれば良いか?

 

指定する行まで移動してちょびっとづつコピペ。コレしかなさそうだ。

 

オートメーションでもかまわないのでどうにかしたいところである。Tsvファイルにしたもののペーストが不可能であった。

 

よくこんな使いにくいアプリをみんな使うなあと私は疑問に思ったので、さっそくMacBook Airに送信する方法のほかにiOSバイスだけでできる方法を探し始めた。

 

3メガ程度のテキストデータをコピーできてもペーストができない。Swift UI を推奨する人たちがいるが、オマエら、知らねーだろ? コピーできてもペーストできねーよ。

 

メモリ管理をSwiftUIに任せるようになっている最新のSwiftだが、設計ミスが残っているのではないか? 64bitのString型のデータをNumbersで扱う場合、もしかしたら格納できずにいるのでは? つまり、コピーができていてペーストができないように見えるが、実はコピーもできていなかった、とか。

 

たしか2000年あたりで、domで解析するshippingデータが100MBの時に、Windows2000でのJava1.2で、スワッピングが必ず起きて、ついでにガーベッジコレクションスレッドが作用し始めるので、demonごとServletが死んだのであった。単体テストで、である。したがって、トラフィックは1。私だけである。Tomcatの当時の性能かもしれない。JVMの性能のような気はしていた。ガーベッジコレクションごと落ちるから、たぶんそうだろう、といまでも思っている。

 

だが、iOSのSwiftのNumbersは2020年になってもまだダメなのでは? クリップボードまわりの処理で、なりすまし防御機能がうまく犯人の送り込んだマルウェアを排除できていない? とかの理由で、ストリングとマルウェアをコピーして、ペーストしているカタチになっている? いくらなんでもプレーンテキストをコピペできないのはおかしい。10000個のURL文字列でタブ文字もスペース文字も無いのにできないコピペはおかしい。

 

文字列に関する演算子も少ないような気がする。文字列を数値に変えなくてもかまわない場合なのにJavaならあるのに、と思いながら、ツールを作ることを断念し、いまから指定行にも飛べず、すべてコピーすることもできず、このような手と足を鎖でガンジガラメにされたアリ戦の前の猪木選手のような状態でサイバー犯罪者の軍団と戦うことを余儀なくされる、と。できれば、追加インポート機能をADGuard Proに実装してもらいたいものである。新規に丸ごと一新、このインポートと追加インポート。コレがあれば苦労しないで済む。トリムとURLの文字列の間のスペースも削除してくれればタイヘン助かる。

 

そろそろサイバー犯罪者による攻撃がはてなアプリに来たのでコレで。

サイバー犯罪者によって勝手にインストールされるソフトウェアは何か? Facebook未公開記事

戦局が一転して敵に有利になって2週間が経った。

ダイナミックDNSを使っているサイバー犯罪者の手口に気がついた私は、形勢を逆転させることに成功、今朝に至る、と。

 

そして、さらに勢いに乗じて攻め込もうと考えた私は、ピンポイント攻撃の方針をかためたのである。

 

私はルーターを自由に使うことにした。それにより、サイバー犯罪者はすぐに切断されるためにデータの送受信ができなくなったのであった。

 

次に、ごく僅かな接続時間内にもかかわらず、アクセスしてくるコレらのバカなサイバー犯罪者たちのリクエストを徹底的に調査した。コレにより、サイバー犯罪者のサブドメインが2000個以上も明らかになったのである。

 

ピンポイント攻撃の方針を私はただちにやめた。戦艦アンドロメダや主力戦艦の波動砲方式に変えることにしたのである。拡散する同時攻撃を可能にするにはKaliOSが必要になりそうだが、私はJavaでアプリをつくってコレを実現することを選んだ。

 

ところが、iOS版のJavaコンパイラはJava9なのである。TLS1.3には非対応なのである。したがって、バッテリーが続くかぎりウチまくろうとしても、波動エンジンから取り出す弾の補充ができないことになってしまったのであった。

 

そこで、MacBook Airを久しぶりに戦線に投入することにした。横須賀に最新鋭軍艦を配置したマリナーに倣って、私も最新鋭のMacBook Airを投入することにしたのである。

 

だが、資金がないため、古いMacBook Airを投入せざるを得なくなってしまった。

 

だが、Java15は余裕でこの古いマシンでも動くのである。エクリプスは最新バージョンにした。14万件のフェイクサイトのURLを集めたときのプログラムはコレで作り、稼働して、私はその結果となる大戦果を上げている。

 

すると、先ほどルーターをすばやく簡単に切断する防御をしながらデータを集めていたら、

 

NG Internationalのインストールに失敗しました

 

という不審なエラーダイアログが突如として表示されたのである。私がインストールしておらず、かつ、バカげたタイミングで不審なリクエストが発生しているので、サイバー犯罪者がインストールを企てた、とすぐに私にバレた、と。そういうことなのである。

 

NG International

とは何か? おそらくJSON関連のライブラリでは?

 

しかしなんだかわからん。だが、わからんが不審なのであるから、私はコレからもインストールの失敗数の記録を更新させることにしたのである。ざまあみろ。

 

まず、何をブロックしたからこうなったのか? から私は調べた。

すると、バカげたリクエストが壊滅するブロックをしていたことがわかったのである。

 

149.112.112.112

1000個以上のサブドメイン

 

そして、AmazonAWS。

 

さらに、192.0.0.170 と192.0.0.171。IPv4関連を臭わせる不審なコレらである。

 

さらに、そのうえ、Microsoft社を騙るサブドメインも私はブロックしていた。

 

コレらが不利になっていた戦局を一気に転換させて私が有利になった勝因であるろう。すると、敵兵はガタガタに陣形を崩して通信をズタズタに分断され、その結果として私のiOSバイスにインストールしようとした↑のソフトウェアのインストールに失敗、と。

 

そして、私のiOSバイスに発生し続けてきた入力妨害が完全に消えた。ざまあみろ。

 

バカなサイバー犯罪者たちは直ちに降伏せよ。次々に日米英の戦力が増強されているのである。スマホとPCと19世紀の考え方で最新の日米英の火力に勝てるとオマエらは考えているから、私にバカにされるのである。

 

わかったら、直ちに降伏せよ。オマエらがぜったいにわからない、と思い込んでいるオマエらのバカげた端末のIPアドレスごときはすべてバレているのである。いくら変えてもダイナミックDNSを使った犯行なら、もはや私には通用しない。それどころか、私以外の魔法使いや人類にも通用しない。なぜなら、オマエらのルートのダイナミックなDNSサービス業者がサブドメインを公開しているからである。

 

公開されていない場合は、ルーターを数秒で切断する接続方法で私たちの圧勝。そのようになっているうえに、社会全体がオマエらバカどもに報復を強化している。なぜなら、アメリカ合衆国大統領選挙で不正を働いたりするなどのバカげた行動を起こしたからである。

 

オマエらのうちの、中国の政治とイランの政治とイスラエルの政治とウクライナの政治とベラルーシの政治とトルコの政治とロシア蓮 連邦の政治と日米英の政治に無関係のバカどもについては、政治に無関係な理由で滅びることになっている。つまり、政治に関係していてもいなくても滅びることになっているのである。

 

接収されたくない財産を持っているバカどもに該当するバカどもの場合は、直ちに降伏せよ。財産がなければ死ね。こういうことになっているから、そういうことになるのである。

 

コレからピンポイント攻撃を拡散波動砲方式でJava15のアプリでどうやって実現すれば良いのかを考えながら、私はさらなる不審なリクエストを出す犯人の端末(ADGuard Pro の最新版のリクエスト詳細画面の1番上の項目に記載されている)をブロックすることにする。

 

コレにより、私には私向けのドネイトが期待できることになるのである。

さらに、その資金はM1チップのMacBook Airへ充てられ、さらなるスピードアップにより、電磁凶器地上げヤクザのバカどもを滅ぼす速度を加速させることになり、さらにドネイトの増額が期待できることになる、と。

 

PayPal三井住友銀行の最新のテクノロジーについていけなくなったようなので、私は銀行口座を公開することにしている。近い将来、ソレは実現するであろう。

 

 

死ね

サイバー犯罪者ども

 

 

 

 

謎が1つ残された。Facebook公開記事

e.g. 106.180.9.68, microsoft.com, or 5.188.10.0/24

106.180.9.68

 


AbuseIPDBで表示されるアクセス者のIPアドレスが3個ある。

さらに、すべて自分のIPアドレスとはまったく異なる。

 


コレがネットブロック、コネクトバック、ドライブバイダウンロード、DNS改ざん、コレらのマルウェア

 


自分のIP、と表示されるということは、自分のiOSにインストールされたマルウェアである、という意味。

 

 

 

様子を調べてわかったことは、

microsoft.com

IPアドレスが変わるドメイン、ということ。

つまり、偽DNSということで、ダイナミックDNSが振ったIPアドレスだとなる。つまり、サイバー犯罪者のサイトである、とわかるのである。

したがって、このドメイン名のIPアドレスマルウェアがダイナミックDNSに勝手にアクセスして得たDNSによって得たIP、となる。

必ずブロックして良い。

本当のサイトはダイナミックDNSサイトでわかる。そのダイナミックDNSサイトがどこかはいまはわからない。

 


5.188.10.0

IPアドレスが変わらないが、マルウェアの得たIPアドレスである。

通信事業者が振るIPアドレスを上書きしてマルウェアがサイバー犯罪を犯す際の踏み台にしている時に強制的に得るIPかもしれない。

このIPアドレスも送受信不可能にすると良い。

 


したがって、

Microsoftのサイトは偽サイト。

www.duckdns.org?

ispxmbrvqy.duckdns.org

がダイナミックDNSサイト。

5.188.10.0が偽IPアドレス

となる。

つまり、

ネットブロックは、5.188.10.0をブロックするために起こることになる。

このネットブロックはマルウェア又は通信事業者のもの、と考えると、

ネットブロックさせるために犯人がマルウェアを用いて振ったIPだとなる。

このネットブロックは3時間ほどで犯人を特定して、私は解放される。

その後にしつこく何度も犯人はこのIPアドレスを私の端末に割り当てるが、数分で犯人は特定されて私は解放される、というカタチになっている。

 


と、すると、メッセージで

ispxmbrvqy.duckdns.org

へのリンクを送信してきた

+81 80 8712 4210

が犯人である可能性が高くなる。

電話番号は、

080 8712 4210

というわけである。

 


最後に、

080 8712 4210の電話番号を使ってispxmbrvqy.duckdns.orgへ誘導し騙して私を殺害しようとした犯人の

e.g. 106.180.9.68

このIPアドレスがまだ私にはわからない。IPアドレスならスペース文字は使えない。だが、IPアドレスだ、と調べればそのように表示される。

このIPアドレスはまったく不明。

08087124210 コレがサイバー犯罪者の電話番号の1つ。

08087124210。コレだけネットにダイナミックDNSサイトに誘導して騙そうとしていることが騒がれているのに、NTT docomoはプライバシー保護のために、所有者は教えない、と情報開示を断る。

 

 

プライバシー保護をしながら犯罪を許さない、という正義がわからないなら、営業は無理である。山一証券のようなものであろう。

偽DNS攻撃と偽ネットブロック攻撃に関して Facebook未公開記事

https://www.facebook.com/I-against-FakesitesThis-pages-contents-is-a-Lazer-style-101728308451395/

 

敵兵によるサイバー攻撃に対するブロックを私は推奨している。

このFacebookページには、敵兵からの攻撃を封じた防御について役に立つ敵兵のサイトやサービスのブロックをすると良いURLやドメイン名を私が記載しているので活用して欲しい。

 

ネットブロック攻撃とは、iOSの機能をもブロックするらしい攻撃である。

ネットブロックとは、被害者がアクセスするサイトへの通信をブロックする検閲である。つまり、誰がやろうが犯罪である。

 

ネットブロック攻撃に加えて偽DNS攻撃を行い、偽Appleサイトや偽iTunes Store、偽Appleミュージックサイトや偽iCloudサイト、そのほか課金が発生するすべての偽サイトが被害者に強制接続させられる。

 

DNS攻撃によって被害者を特定したサイバー犯罪者は、次はネットブロック攻撃を行うほか、多数のサイバー犯罪を実行している。

 

被害者の行く先々に、敵兵が現れる理由はこういう仕組みだからである。

 

コレらの敵兵には司法関係者も多数いる。

 

日本人だと思わせる工作を見抜くことが重要である。彼らは見破られると中国語や韓国語で話し始める。

 

その有様は、異様である。突然、言語が変わり、態度が変わり、誰かに操られている様子がハッキリわかってくるからである。コレは私を殺害しようとしている遠藤厚子がそのまんま当てはまる現象である。

 

彼らは、自分の顔を一瞬にして変える、又は、遠隔地から変えられる。変えた女性は大和署で半年前に私は再開したが、顔がその女でも別人だ、ぐらいはすぐにわたしにはわかったので、そのように扱ってサッサっと大和署を去ったのであった。

 

私は、妹の遠藤厚子はすでに死んでいる、とみている。いま神奈川県庁で働き、私が相続すべき遺産をすべて盗みとろうととしている遠藤厚子は、実はまったくの別人だ、と私は考えているのである。

 

コレらを見抜くアメリカ軍がいかに中国の人民解放軍や詐欺師組織やマフィアやアル・カイーダや韓国軍や司法関係者より強くなったのか?

 

基地から犯人たちを見ているとわかるのかもしれない。

 

この敵兵の騙し方は、アヘン戦争を起こすキッカケになったらしい。その後、散々攻撃された日本は、アメリカ、イギリスとともに中国に報復しようとしたのだが、2.26事件を起こされてアメリカ、イギリスと分断されてしまった、という歴史を作ったようでもある。

 

そして、21世紀になってもまだ20世紀又は19世紀だと思い込んでいる敵兵は、もはやどうでも良い存在として、神の正義の計画により日米英、オーストラリア軍を交え、ベトナム軍を交え、インド軍を交え、そのほかの国々の軍隊を交えた神の物凄い軍勢によって滅ぼされることになった、と。

 

アメリカ合衆国大統領選挙をスパムで誤魔化してグローバリストを大統領にし、古い社会と統合させようとしても無駄なのである。

 

したがって、バイデン政権はまもなく滅びるのではないか? 新しい政府ができるのではないか? と私は期待していることになった、と。

 

古い社会は古い支配者が攻撃を仕掛けてくる社会である。もはやオマエらはどうでも良い、という神のメッセージがあるので、私は次々にサイバー犯罪者をバカにしながら軽々とした設定オペレーションを続けて撃退しているのである。

 

顔を変えてみせようが言語を変えようが、不審者であることは変わらないのである。誰がみてもすぐにわかるのである。オマエがなんで警察官だ、とか。まあ、いろいろあるのである。

 

バカじゃねーの?

 

と私はFacebookにサッと入ってデータを書き込み、公開して、サッとログアウトして身を護っているのだが、最近、Facebookページに犯人の電話番号も公開するなどしてFacebookユーザーから愛されている。

 

そのうち、ノベトシステムズを破壊してやろう、と私は思っている。拒否権がないスピーカーは破壊して当然だからである。

敵兵の攻撃をまとめたデータベースサイトがあったら? の件 Facebook未公開記事

iOSmacOS、iPadOSやtvOSで対応して欲しくなる筈だ。

 

threatintelligence.guardicore.com ←コレ

 

敵兵はこのサイトで攻撃方法を調べて人類を攻撃している。

Microsoftのサイトでも紹介されていた。

 

サイバー脅威

 

カスペルスキーのサイバー脅威マップサイトでもお馴染みの大被害。コレらは

 

threatintelligence.guardicore.com ←コレ

 

このデータベースサイトの攻撃手口を用いられることが多いのでは?

 

Apple社に叩きつぶして欲しいフザケタサイトばかり登録されている。

かなり数が多いので、IPv4プロトコルが使用可能ないま、Apple社のパワフルなOSが必要である。

 

 

 

必ず人類は勝利するのである。

ディープステイト、NWO、グローバリストは人類の敵である。

https://www.conservativedailynews.com/2020/06/trump-vs-joe-biden-and-the-new-world-order-nwo/

中国が敵だ←コレ

トランプ大統領によって世界中にバラされた陰謀とは、コレである。

このリンク先の記事は私とはまったく無関係である。
したがって、私の見方をリンク先の記事に加えると完璧になる。

1.ディープステイト、
2.NWO
3.グローバリスト、
この人類の敵のリストに

4.中国 ←コレ

を入れて、そして、

5.バイデン民主党大統領候補
を加えて、

6.私が過去に暴露してきた行動不審者たち
を追加して、

-1イランを外せば
人類の敵がハッキリわかる。

ベラルーシ🇧🇾をトランプ大統領支持の国に変えれば、CIAの工作は成功とわかる。
ベラルーシがバイデン民主党大統領候補を支持する国に変わったら、CIAの工作は失敗だとわかる。

アメリカ合衆国最高裁までいけば、必ず正義が勝つ。

すでに、大統領選挙では、トランプ大統領が勝っているのである。

我々はトランプ大統領を支持しなければならない。

最終的にはアメリカ合衆国を救え。
アメリカ合衆国を救うことは、自分自身を救うことでもある。