詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

2021-07-25から1日間の記事一覧

しね>104.244.42.72

www.abuseipdb.com

しね>172.217.161.46

www.abuseipdb.com

しね>35.244.159.8

www.abuseipdb.com

しね>104.244.42.197

www.abuseipdb.com

しね>104.244.42.67

しね>172.217.27.67

www.abuseipdb.com

しね>172.67.165.253

www.abuseipdb.com

いまわたしを攻撃しているサイバー攻撃者をリアルタイムにバカにする>104.21.16.27

www.abuseipdb.com

たぶんあんたがたのところも攻撃されている筈。コイツじゃねーの?>17.56.48.13

www.abuseipdb.com

今度のバカ>104.21.16.27

www.abuseipdb.com

今日は大漁>バカな38.90.226.11も釣れた

38.90.226.11 | PSINet Inc. | AbuseIPDB

だれ? このサイバー攻撃者>91.228.166.88

https://www.abuseipdb.com/check/91.228.166.88

次のサイバー攻撃者はこのバカ>13.64.117.133

13.64.117.133 | Microsoft Corporation | AbuseIPDB

次は104.18.10.207。サイバー攻撃者である。

104.18.10.207 | CloudFlare Inc. | AbuseIPDB

さらに104.16.18.94。このバカを晒し上げ。

104.16.18.94 | CloudFlare Inc. | AbuseIPDB TCP、私の49248から強制接続。

さらに次のサイバー攻撃者を晒しあげておく。104.21.16.27 はサイバー攻撃者である

104.21.16.27 | CloudFlare Inc. | AbuseIPDB コイツの手口は TCP、私のマシンのポート49246から強制接続させていた、というもの。

次のサイバー攻撃者は172.67.165.253

www.abuseipdb.com TCPで私のマシンのポート49261から強制接続させていたので、サイバー犯罪者として172.67.165.253を晒しあげておく。

サイバー攻撃者の攻撃の手口は、デジタル証明書の接続先をサイバー攻撃者の攻撃端末に変えるというもの。

trustd なんだこれ? と思ったので調べるとデジタル証明書に関するmacOSのセキュリティシステムの仕組みを実行するアプリであった。 だいたいデジタル証明書のせいでセキュリティソフトウェアがインストールできなくてアタマにきている現在の私は躊躇するこ…

いま私はサイバー攻撃者の151.139.128.14から攻撃を受けているがまだ健在である。みんなはどうだろうか?

151.139.128.14 ↑ www.abuseipdb.com レポートが多数出ている。 そのAbuseIPDBのレポートを読むと、 151.139.128.14のサイバー攻撃者は、ポートスキャンやブルートフォース攻撃などを最近くりかえしているサイバー攻撃者だとわかる。 最初に偵察して脆弱性を…

ESET の用語集>リモート攻撃>ICMP攻撃 の解説を↓付きで

ICMP攻撃 ↓ ICMP (Internet Control Message Protocol) は ↓ 人気が有り、 ↓ 広く使用されているインターネットプロトコルです。 これは ↓ ネットワーク接続されたコンピューター が ↓ 様々なエラーメッセージを送信する為に ↓ 主に使用されます。 リモート…

ESET の用語集>リモート攻撃>TCP非同期 の解説を↓付きで

コレらの攻撃を通信盗聴、と呼ぶわね。ルーターによっては真っ先にWAN側のOUTのブロック設定にしているものもある。買ってすぐにブロックされなければならない通信盗聴攻撃、というカンジやね。 UDPだけではなくTCPも買った直後からしてブロックしているルー…

ESET の用語集>リモート攻撃>TCP非同期 の解説を↓付きで

TCP非同期 ↓ TCPハイジャック攻撃 に 使われる技術です。 それは、 ↓ 着信パケットの連続番号が予想される ↓ 連続番号 ↓ と 異なっている ↓ プロセス によって ↓ トリガされます。 予期しない順序番号 を 持つ パケット ↓ が 棄却されます ↓ ( それらは ↓ 現…

ESET の用語集>リモート攻撃>ポートスキャン の解説を↓付きで

ポートスキャン ↓ ポートスキャンは、 ↓ ネットワークホスト (インターネットに接続しているデバイスのことやね。ルーターとかスマホガラホにIOT関連の) 上の どのポート が 開いているか ↓ の 特定に使用されます。 ポートスキャナーは、 ↓ そのようなポー…

ESET の用語集>リモート攻撃>ワーム攻撃 の解説を↓付きで

ワーム攻撃 ↓ コンピューターワームとは、 ↓ 感染先のコンピューター を 攻撃し ↓ ネットワークを介して ↓ 蔓延する、 ↓ 悪意のあるコードの入ったプログラム ↓ を指します。 ネットワークワームは、 ↓ さまざまなアプリケーションに存在する ↓ セキュリティ…

ESET の用語集>リモート攻撃>DoS攻撃 の解説を↓付きで

DNSキャッシュポイズニング ↓ DNS(ドメインネームサーバ) キャッシュポイズニング ↓ を 使用すると、 ↓ ハッカーは ↓ 任意のコンピューターのDNSサーバーを ↓ 騙し、 ↓ 偽のデータを ↓ 提供して ↓ 正規の(本物の)データであると信じさせることができます。…

ESET の用語集>リモート攻撃>DoS攻撃 の解説を↓付きで

DoS攻撃 ↓ DoS(サービス拒否)とは、 ↓ 対象のユーザーが ↓ コンピューターやネットワーク を ↓ 使用できないようにする行為です。 攻撃を受けるユーザー間の通信は、 ↓ 妨害されるので、 ↓ 正常に機能し続けることは ↓ できなくなります。 DoS攻撃にさらされ…

ESET の用語集>検出>誤検出(FP) の解説を↓付きで

誤検出(FP) ↓ 現実的に、100%の検出率保証というものはなく、 ↓ 感染していないオブジェクトが誤って検出に分類されることを 完全に回避する方法もありません。 誤検出は、 ↓ 感染していないファイルやアプリケーションが ↓ 誤ってマルウェアやPUAに分類され…

ESET の用語集>検出>ランサムウェア の解説を↓付きで

ランサムウェア ↓ ランサムウェア(ファイルコーダー) は ↓ マルウェアの一種であり、 ↓ デバイスをロックしたり、 ↓ デバイスの内容を暗号化したり ↓ して、 内容に再びアクセスするために 金銭を強請(ゆす)り取ります。 この種類のマルウェアには、 ↓ あ…

ESET の用語集>検出>ボットネット の解説を↓付きで

ボットネット ↓ ボット または Webロボット は ↓ 自動マルウェアプログラムであり、 ↓ ネットワークアドレスのブロックを検査し、 ↓ 脆弱なコンピューターを感染させます。 これによって、 ↓ ハッカーが同時に複数のコンピュータを乗っ取り、 ↓ これらのコン…

ESET の用語集>検出>安全ではない可能性があるアプリケーション の解説をやはり↓付きで

help.eset.com 望ましくない可能性のあるアプリケーション ↓ グレイウェアまたは望ましくない可能性があるアプリケーション ↓ (PUA) ↓ は、 ウイルスまたはトロイの木馬 ↓ などの他のタイプのマルウェア ↓ ほどはっきりとした意図がない ↓ 幅広いソフトウェ…