詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

2021-10-15から1日間の記事一覧

エイトグローバルはBNBの値動きはわかりやすいと言いたそうである

チャートのまんま、マーケットはそのまんま動いていく、陰謀はいまのBNBには通用していない模様•••とチャートを分析したまんまの結果を信用して良さそうだ、とエイトグローバルは考えているように私にはそのニュースが理解できた。 だが、エイトグローバルっ…

たしかいまアメリカ合衆国の流通網を(電気自動車充電網もだけども)徹底的に正常化しようとしていたはず>バイデン政権 

米下院民主、法人増税や富裕層向け付加税を提案へ=関係筋 9月12日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、議会側近の話として、下院民主党が法人税率の21%から26.5%への引き上げを提案する見通しだと報じた。ニューヨークで201…

私は「金持ちは規制だらけにして脱税させない、無名人は規制なし。自由であるべきだ」と主張した。大勢の無名人に憎まれたら金持ちはいなくなるからである。言い換えると、不正を働く金持ちがいなくなれば中国抜きの世界完成だ、ということなのである。

コラム:バイデン氏の成長戦略、富裕層の課税逃れ防止が鍵[ニューヨーク 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - バイデン米大統領が発表した4兆ドル(約435兆円)規模の成長戦略は、富裕層への課税を巡る実験と言える。戦略はインフラ計画と、教育・保育に…

エージェント・ジョーンズについて

音楽好きの思想家。哲学志向の小説家志望を持つ。忌野清志郎、タイマーズ、RCサクセション、ジュディマリ、マトリックス3部作の全曲、TRF、マイケル・ジャクソン、宇多田ヒカル、久保田利伸のファン。プロレスファンであり、自身も少林寺拳法を参段まで取得…

テスラ社はキーメーカーかもしれない、という記事を私は書いた。

中国の石炭発電と洪水、ボーキサイトで中国は衰退期に転換。コレは中国に酷い目に遭わされた国々によってすばやく実現した。自由を愛する諸国のパワフルな報復は素晴らしい。 テスラ社は脱炭素のために中国のBitcoinマイニング電力消費はダメだ、と考えた。…

MacBook Proの新型がまもなく発表される、とのこと。

私がそのことを知るちょっと前、有名人気取りのチンチクリン(独自ドメインの解説野郎ども=広告屋)たちの発表したガセ情報では2022年にMacBook Proの新型が出る! と騒がれていた。マルチなチャイナ液晶モニターのことばっかりのハナシだったので、私はバ…

中華人民共和国の方の中国ではNFTが大人気。マクドナルドとバーガーキングの対決を極悪ドナルドと2人の男の3人組で。

法人は大金持ちにする方針、個人は大金持ちになったら迫害して消す中国の方針。まずは祝福は権力者が独占するための体制を作る中国では、 個人の自由=仮想通貨を規制してさらに規制を強化中。その頃、法人のための流通と決済向けらしき中国NFT市場は活況の…