サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

2022-03-27から1日間の記事一覧

「2024年には我々の美しいホワイトハウスを取り戻す」とトランプ前大統領はアメリカン・フリーダム・ツアーで語った。 トランプ前アメリカ合衆国大統領が大統領選での勝利を主張すると 誤った主張 と報じるビジネスインサイダーのサイトを日本語訳で読んで、次…

大和駅の周辺にはうつ病/統合失調症/躁鬱病対策の食品が他の町と同じく豊富

治安が悪いのは本当。だが、悪いことばかりではない。表題の病人が多いのこもしれないが、本当に病に打ち克つための食品が豊富である。大手のスーパーだから他の町にも豊富にある、といえる。大和駅の周りにあって他の町にはない、というスーパーもあるだろ…

当事者(統合失調症の)の記事を読みたくなる

困ってしまった、的な当事者の情報は数少ないけどあるはある。 しかし、私も詳しくなってきたので物足りなくなってきた。当事者で頑張って深く追求する人はいないかナー(・∀・)? ドクターに下痢の件、相談しようとしてたから間違えたらタイヘンだ、と一応の…

間違えてた! 下痢は薬の副作用ではなかったあ!

抗精神病薬や睡眠薬や抗不安剤、気分安定剤、と下痢を探したのだが私の本には下痢が副作用のページに入ってない! 東洋医学の本にはそりゃあるけれども私とは無関係なページに便秘・下痢という項目があってツボがまとめられているだけでこの勘違いとは無関係…

人類は新しいエネルギーを新しいテクノロジーのためにも獲得すべき時期に入った

石油、天然ガスはこれまで同様、重要なエネルギーの元であり続けるだろうが、コレに加えて新しいエネルギー、たとえば人工太陽によるバッテリー充電や配電、売電を利用可能にする仕組みを新たに追加するべきだ、と私は考えている。 新しいエネルギーは環境を…

パトカーが警備

今日は2台、大和駅の近くを警備していた。110番通報があるとパトロールのためにパトカーが行くことになるから110番通報が大和駅近くであったのではないか? と私は思いながら不審者に襲われないように気をつけて歩いた。 帰ってきてから補給した水分は150ml…

私の場合はこまめ=25分ウォーキングで失われた水分を25分に一回補給すること。その量は

たぶん、80ml。ゆっくり歩いて25分。コレで失う水分は80ml。 一回、座って飲むと実に身体が楽になる。 いま200ml補給。まだ足りなさそうだ。 250mlになった。やっと落ち着いてきた。 下痢の方も心配だが、この程度の補給なら大丈夫そうだ。少し安心。飲んで…

このまとめサイトは情報として古すぎてダメ

https://www.nihon-trim.co.jp/media/2665/ 栄養面からこのサイトを読むと、ドクターや栄養士が考える最新の水分補給に関する情報とはまったく異なる情報となってしまっている。冒頭からしてガックリくるのだが、水分は2.5ℓ、息をしているだけで失われてしま…

毎日2.5ℓ失われる人間に必要なのは水分

1週間前から水分をあまり摂らなくなっていた。薬の副作用の下痢が始まったからである。当時は副作用に下痢があることを知らなかったため、入院前のように水分をあまり摂らなくなっていた。 すると、今日、ちょっとした外出をしただけで水分が足らず、ビタミ…

幻聴の声音とは具体的にどんな特徴があるのか?

公園で遊んでいる小学生の低学年の男の子の声音、入院していた病院の入院患者の声、私が聞いたことがある人の声。こういう調子だが、薬が効いてくると次々に声音が少なくなっていく・・・つまり、聞こえなくなる声音が増える、という感じなのである。 最も再…

服を買うと泥棒が家の中に侵入する、という意味の幻聴が聞こえ続けていた

意味がわからないと幻聴に破壊されたり盗まれたりするこ被害者になる。ソレが幻聴の恐ろしいところである。 一昨日からずっと服を買え、と言わんばかりの誘導目的らしい幻聴が私には聞こえている。似たような幻聴を聞いている人がどこかにいる筈だ。幻聴に従…

耳の皮膚で幻聴が鳴っているようである

左右の耳が正常に戻ると幻聴が聞こえにくくなる、というか聞こえてきてもさまざまな声音ではなく、3種類か4種類の声音だけになっている。 耳の後ろ側にある神経分枝が幻聴を伝える神経ではないだろうか? と、すると、 私が先日書いた秘孔をマッサージするこ…

左の耳も正常にもどった!

突発的で、低値でかかり高地で治る難聴は、入院中に治った。しかし右耳だけが治っただけであった。左の耳は難聴気味から少し改善されて聞こえるようになった程度であった。 だが、たったいま、心待ちにしていた事態が起きた!左の耳も正常に戻ったのである。…