サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

優良ホールの条件=控除率が低いこと

控除率とは、宝くじだと50パーセント、パチンコのホールは平均すれば10パーセントで、パチンコのホールは控除率が宝くじより低いので、逆に還元される儲けが比較して多いぞ、ということになる。その儲けが多いかどうか? の観点からパチンコは宝くじより控除率が低いよね、という言い方になり、それで喜ぶのが当然であり、さらに、ホールによっては9パーセント、という控除率のことろもあるよね、という話になり、それならそこに行ってみよう、もしかしたら儲けやすい台があるかもしれないし、ということになる、と。

 

FXは、ちょっとでも損したら損切りする、つまり、売り払って回収額を高い状態をなるべく心がければ、つまり、マイルールを決めてやりゃギャンブルになるのでとても面白い、というパチンコファンが大勢いる。

 

投資したら回収、コレ。

78円投資してスナック菓子を回収、コレ。

108円投資して同じスナック菓子を回収、つまり買うよりお得なのはなぜか? といえば、投資額が低く回収するスナック菓子が同じ場合は、損が少ないからである。コレ、儲けるロジックである。

 

このFX、暗号通貨でも株でもどちらにしても突然価値が高くなり、投資額を大きく上回ることがある。レバレッジが使える証券会社なら、なおさらである。投資額は少なく回収額がはるかに投資額を上回るからである。リスクは高くなるので、回収額が投資額を下回った時や証券会社にレバレッジのために借りた資金を返せなくなるような事態になったら大変な損害になる。

 

リスクを避ける。コレ、パチンコだともっと身近で親しみやすい感覚と状況下で可能になるのである。打ったら渋くて抜けてポロポロ・・・、アタッカーまでそもそもたどり着けない、というような状況なんぞ、1000円投資してスタートする場合なら、損は1000円。500円スタートができる場合は500円。それだけですぐ損したことがわかるので、リスク管理は非常に簡単である。スマホ依存が多い天国・極楽系のクズとは違い、スマホは嫌だ、という人が多くなればなるほどパチンコ。スマホ依存を問題と捉えるApple社が一体なぜ問題だと考えたのか? は、野党潰しだから、とわかると、なるほど! ということになる。スマホを使いづらくさせる工夫で、パチンコ業界に戻る市民も多くなるし、天国・極楽系のクズが楽しみをなくす効果もあるからである。

 

iOSと相性が良いシスコのIOSバイス。地獄系はわかりやすいので、iOSバイス買ったら次は何? が探しやすい。スマホは家に置いていく、なぜならファイヤーウォールやIPS持って出かけられるわけがない、重すぎだから・・・ということでApple Watch。ホールに入ったら会員カードをピッとやる以前に入場数がカウントされ、その結果、ポイントに変わって景品がもらえる、と。こんな未来でないとおかしい。

 

控除率が低いこと。コレ、どこも同じだ、という地域に住んでる場合は、特に気にする必要もなくなる。つまり、パチンコって気楽だわあ、とわかるのである。

 

自分の性格から考えて、羽根モノからスタート、MAXが残ってればそれに挑戦。もしかしたら500円が10万円になることもあり得る。その場合も考えれば、換金所がホールの近くにないと困るわけだから・・・持って帰ると天国・極楽系のクズがひったくりなどするため・・・、前もってそこまで考えておくとさらに楽しくなる。

 

控除率が宝くじより低く、ちゃんとギャンブルであり、儲かる台を選べる力を持つと、最新のテクノロジーを使いこなすために最大の力をトレーニングしなければならないことさえ不要なものとは何か? といえばパチンコ。こういうことなので、日本はイギリスよりも人気が高くなったのである。日本の人気が上がると、海外でもパチンコがより簡単になる。うまく儲けられたら、現地で人気者。人気者になったらネットビジネスの自分のショップを紹介、と。こういうことことになってるので、結果的にステマAmazonで販売する詐欺レビューワーがくたばりやすくなり、より儲かるようになり、警察庁警察法の5条通りの職務だけやってろカス! と罵られても、それで十分だし正しいし、だから何? と余裕で罵倒をかわせるようになる、と。まあ、こんな感じやね。

 

そこで、最近わかったのだが、なぜタモリパタリロの作者が

埼玉県人は草でも食ってろ!

のようなことを言ってたのか? の理由。

 

面白いうえに儲かるパチンコ番組がYouTubeに公開されているのだが、川越市とか埼玉県内のホールが取材でよく登場する理由。

 

この二つだけつなげて考えるだけで、なるほど、優良ホールは埼玉県に、かあ、と、すると、市民党かあ、儲かる系かあ、それなら川越市は儲かる方向で市民が勝利してそうだ、パチンコホールが有名だし、と解答を得ることに至る、と。

 

と、すると、

儲かってる川越市の市民をバカにするのはなんかおかしい。タモリとかパタリロの作者のやり方は、明らかにバカにしてる。

 

と考えが進み、その結果、タモリパタリロの作者は天国・極楽系だ、その反対のとんねるずかあ、なるほど! とわかってもくる、と。

 

警察庁に隠れている野党議員を追い払うには、川越市って良いわあ、というフレーズが相当良い感じ。

 

意味は、川越市はホールが素敵だから、という意味。こうして、意味深さがさらに深まるので、なんで? と未来の大人がわからなくなることが多くなることになる。すぐにわかる時代なので、そんな苦労はなくなるだろう。

 

なんでみんな川越市って良いよね、埼玉県って良い、って言うんだろう? に類する疑問から。どうせ埼玉県に並ぶ悪質な都道府県ばっかりになるし。そのあたり、野党を警察庁から追い払い、住んでるところからも追い払う、でオーケー。余裕になる。

 

マクベスの良いは悪い、悪いは良い、とは、つまりこういうことなので、また書いておく。

良い=悪質=豊かで平和な社会を作る国民

悪い=良質=世の中を貧しさと争いに満ちた社会に変えて支配しようとする野党

 

天国・極楽系のクズ=マルクスのうんこより頭が悪い連中=イエス・キリストのうんこより頭が悪い連中

 

イギリス人は99%が豚のうんこより頭が悪い、ということは、日本では何%か? コレ、警察庁に隠れている野党の党員全員の人数を国民の総人口で割って得られた%で表される割合でけっこう正確に出せそうだ。

 

この%では納得できないケースがあるとすると、宗教ビジネスやってる詐欺師の人数が足りない、とかになる。さらに、工場労働者の人数が不足してる、とか。

 

それなら各工場なり信者とマヌケな坊主の人数を足せばオーケー。クリスチャンも忘れずに、と。たぶん、30%だな、とわかる筈。パチンコ業界の市場規模は、30兆円から21兆円にさせられた。コレ、21 割る 30 で、10分の7、と結果が出せるのだが、つまり、30パーセントの儲けが減ったのかあ、ということ。つまり、30パーセントという数字は意味がありすぎる、という理由で覚えておけばオーケー、ということ。

 

30パーセントの儲けが減り、30パーセントのマヌケがいる、ということなので、マヌケがいなくなると、自然にパチンコにファンが戻ったりで、増えるっと。自然に増えるんだから、はやく天国・極楽系のクズを追い払わなきゃ! と。

 

よって、日本人の30パーセントは金魚のウンコより頭が悪い連中だ、という感じやね。実際、野党は集ストだし。野党に支配されてそうな警察庁都道府県警察を指揮してるし。警察官がやってるのは尾行もだし。じゃあ合ってるわあ、ということで。

 

まあ、こんな感じやね。