サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ボーナス減額、業績悪化、ボーナスなしなど=高設定のリーマン・ショック

儲からない天国・極楽系のクズが高設定リーマン・ショックに気がつかない。コレ、今の時代の特徴なのである。

 

企業社会の中を30分ぐらいかけて、過去に高設定を入れたことがある企業を確認すると、悪質な自営業者はニヤニヤできる。

オマエらがどれだけ嫌われてるか、いい加減気がつけバカ

と言われる企業はどこか?

まずコレは前提。

 

そのうえに、さらに、

過去の業績がパッとしない

 

履歴を確認するわけである。

 

さらに・・・と続き、コレら三つを確認してから高設定の企業のリーマンを特定する、と。

このリーマンを選択するとどうなるか?

高設定でパッとしない、そのうえ高設定の企業なんだから、高設定リーマン・ショック、という審判の結果、こういう良質なリーマンは、たくさんのヤクザに集ストされている又は警察官が尾行してる。

 

谷底を見上げているリーマンは、

勝てば地獄、負ければ天国

という状態である。換言すると、クタばる5秒前。

 

企業は高設定リーマン・ショック・・・アベノミクスの対象外の業種の企業・・・に襲われており、リーマンは月の負担が四割弱。

野党を支持して日本を貧しさと争いに満ちた社会にしようとするような企業とリーマンなら、オマエらを貧しさと争いに満ちた人生にならなければおかしい、という釈尊の正しいロジックを実行されている以上(このロジックのことを高設定リーマン・ショックと私は呼んでいる)、ヤクザと警察官に囲まれて当たり前、ボーナス減額又はボーナスなし。これで良質な天国・極楽系のクズのリーマンは貧しさと争いに満ちた人生に変わる、と。さらに、税金負担がどんどん増えていく、と。

 

なぜこうなるのか? は、会社の業績が悪化したからだ、ということは、高設定リーマン・ショックを受けている企業を探す作業ですでにわかってる通りである。原因はすでに判明。だから、誰が見てもわかりやすい、ということになり、だから信頼を得られる日本社会が継続率100%になった、と。

 

と、すると、

一発で大金が稼げる日本がギャンブルの世界では当たり前に実現しているので、日本の場合は、ミドル。ライト・ミドルだった時代は1970年代から82年ぐらいまでかな? バブルの前。バブルは野党の仕掛けた罠かも。小泉政権で立て直し、その後幾人かの首相交代後に判決が出て、社民党自由党1議席になり、という具合。ライト・ミドルの日本がミドルになったわけなので、アベノミクスは一撃万発越えの実力を持つハイスペック・ミドル。牙狼かも。女子ザジャイアントかも。そのあたりは、実際にホールに行って打ってみないとわからない。つまり、爆発ホール、という謎の存在とは、ロジックをほとんど正解にさせているホールのこと。優良ホールの中の優良ホール、日本一の優良ホールのことを爆発ホール、と私は呼んでいるのだが、コレばっかりはその時々で変わることなので行って打ってみたらわかる、としか言いようがないのである。ちなみに土日は回収日だから高設定リーマン・ショックは日本の隅々にまで浸透している審判だ、とわかる。そして、日本の国際上の立場が上昇しているわけで、信頼を勝ち得た理由は判決のおかげ、とわかる。その判決の結果が日本全体に及んでいるので、国民の審判の結果だ、とならざるを得ない。

 

と、すると、公明党も消えそうだ、とわかる。警察庁を吹っ飛ばせた場合は、共産党が消えていく、ということで、今後の日本の信頼がさらに上昇していくだけだ、までわかればオーケー。あとは、実際に投票に行けばわかること。

 

たぶん、設定1の業種はヘルス・ビジネス業やね。儲かりそうだし。

設定6、つまり、最高設定の業種は警備員、工場労働者、野党、警察、暴力団、宗教ビジネスの詐欺師など。潰れること間違いなし、と。ネトウヨが消えていく業種は? というメディアを公開するわけもないので、国民が今後消えていく業種を公開しているんだろうなあ、とわかる。

 

余暇参加人口では、不況に強いパチンコ業界の参加人口が減り続けているのだが、コレは警察庁、公安、野党、公明党による出玉規制ほかデタラメな規制と暴力団の起こした事件もみ消しによる弾圧のためなので、犯罪と弾圧がなくなれば、どっと増えるんだろうなあ、と思う。

家庭用ゲームというと、勝負する要素がない。だが、家庭用ゲームの参加人口は多い。もしかすると、対戦相手がどんどん決まるシステムのおかげで勝負ができる、ということなのかもしれないが、カジノに比べればまだまだ甘い、といえそうである。これからも増加の見込み。

 

参加人口ランキングでトップは観光旅行。パチンコホールがない観光地域だと、人が減少。箱根の芦ノ湖あたりはその好例。そのかわり、遊びがたくさんあり、国立公園の自然も豊富、食べ歩きも楽しい、ということで、そういうところは増加。たぶん。

 

ちなみに、人口が減っているとはいえ、芦ノ湖セラピーロードは、祓える場所として推薦しておきたい。強羅とかポーラ美術館とかではまだまだ。仙石原湿原では、腹部を襲った不自然な空気があっさり抜けたし。ポーラ美術館から強羅まで歩いたら、色々不自然なものを見つけたが、こういう発見をしている間、仙石原中学で鳴るサッカーボールを蹴る音が聴こえてうるさくてしょうがなかったので、除霊。これ、認知症なのかも? と思って、それなら治った今ならわかるが、ルシード大佐で治るのかあ? ということになるので、メラニンと皮膚の悩みの解決で治る認知症、という定義が人類の医学テクノロジーの中にあれば、そうなのかあ、と理解すれば足り、そうでないなら認知症とは言い難いので祟り。こうなる。なぜ難聴? と心当たりがない人は、医者に見せても

なんで?

ということになるので、ルシードかDUO少佐などを使えば進藤並みになれるし、治るし。行かなくても治るなら行かない。コレばっかりは治らないとわからない。

 

もし、イヤーポッズとかAirPodsで治るんなら、あの形状を活用して治したいところだね。私は治すことができた。100万人の耳を研究して完成した、とAppleのサイトのイヤーポッズのページに記載されていたので、高度な研究力をApple社が持っている、ということがわかった。だが、まだまだ耳から抜けやすいのは、私の耳の穴の形がいつの間にか変わってしまっていたからで、コレ、いま治し中。メラニンを抑制するなど方法があるので、要はルシード大佐。塗れば良い感じに戻る、と私はみている。

 

まあ、こんな感じやね。