サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

量子 光 通信 送信機 受信機

光ケーブルの構造ならシスコの資格試験でだいたいはわかってる筈だ。

 

光より量子を伝える方が後になった。よって光通信より量子通信の方が回線速度で比較するとより速く、より大量の情報を伝えることができなければおかしい、というロジックに乗ることになった。人類史を20世紀ぐらい後から歴史学者がまとめたらこんな書き方になる筈だ。

 

初めて量子について読んだが、光通信みたいなもん、でオーケーかと。概念的には通信の方式という括りで同じだし、それならそれで、と。

 

光より速いのは量子。宇宙から光が届くより速く量子は進むので、見えないが届いているのは本当。そのあとで光るから目視ができる、と。そういう感じやね。

 

その量子を使うんだ、スゲーとか思っていたが、Javaでシステム出力を数十万箇所でやるとして、それを単体テストすると、えらい時間がかかる筈だ。量子コンピュータだと水晶の振動という物質ならではの揺れる速度の制限がなくなるのかね? よくわからんが、速い処理ができることになる、とか。

 

量子コンピュータの量子CPUと量子マバーボードと量子メモリと・・・という具合に考えていく。たぶん、ゲーマー無視には進めない筈だからGPUも量子対応やね。

 

どれだけ速いのか知らん。調べるなら超能力関連で調べたいが、情報がそもそもあるかどうか? ニュートンのバックナンバーを瀬谷の図書館で読むかあ。釣りだけど読みに行くのは本当。録画しながらYouTubeのアカウントも持ちながら、と。ここまで書けば警察と暴力団員もわかんだろ?

 

で、

送信機と受信機。そりゃまあそうだが、要は今のテクノロジーと概念的には、だが、同じ括りのもん。

 

私が知りたいのは、情報を映像化して脳に送信するようなマヌケが好んで私に攻撃してくる手口かもしれないやり方ではなく、受信デバイスが電磁凶器になる可能性やね。警察と暴力団員とパワーバランスで並べばそう簡単に殺しにこれなくなる筈で。社会保険庁もだが。

 

現在、ネトウヨは受信機がわりに私の能力を操作して映像化し、現実に起こった、と思い込ませる攻撃をしている・・・かもしれん。

 

裁判所命令で警察に調べさせれば良いのか、法律で警察を働かせれば良いのか?とか色々考えてそうな市民・・・かな?

 

警察に調べさせてわからなければ損害賠償請求の元として使えそうだ。

 

で、

もう1つの可能性として、本当に物質的に破壊されているのだから、壊したんじゃないのか? という点から量子を使った犯行の調査をすればすぐわかりそうだ。そもそも被害の連絡をしたら

どうやって?

とかいう警察は散々見たぞ。

 

こういうように書くと、あっという間か。テレパシー技術のエンジニアの有無と量子に関する違法通信の有無。コレを調べれば警察はあっという間だね。