サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

Appleデバイスならサイバー犯罪者と戦える理由

実体験したのだが、本当にAppleバイスならサイバー犯罪者に勝つことができる。まだ私は生きている。重要な証拠はそれだけだが十分であろう。

 

次の証拠は、実際にマルウェアにやられた表示を私のmacOSバイスiOSバイスのスクリーンで確認することであろう。表示や機能が損なわれて次の瞬間に元に戻る。

 

元に戻るケース以外には、初めて私が見る機能や画面が表示されることかと思われる。私と同じ被害を、最新で、かつ、未知のファイルレスマルウェアを使った中間者攻撃やなりすましWi-Fi攻撃による被害を受けた人なら実体験できるだろう。それ以外の人たちにはわからない、だうが、それでも証拠の1つに数えることが可能かと思われる。

 

殺害されそうになっている場合は、重要なものは自分自身になる。命を超える価値を求めると死を求めることになる。そのような日本人は多数存在するから、若くて、かつ、正義を重要視する日本人なら、海外の人たちと同じ目線で大人や世間を見ることができるであろう。したがって、自分の命より大切なものはなく、重要なものは何か? と考えた場合、殺害されそうになっているのであれば、すぐに自分の命だ、それ以外に重要なものはない、と結論することができる筈だ。

 

次に重要なものは? と考えると色々挙げられる筈だ。資金、時間、など。

 

サイバー戦争下の世界においては、攻撃と防御のせめぎ合う証拠が重要になる。自分の持っているデバイスがどんどんやられていくのを見るのは辛いことだが、どんどん勝ち始めると愉快で楽しくなる。そして、秒殺されるマルウェアによるらしい攻撃を見るのは大変愉快なことであるから、健康的な時間を確保しつつなるべく長時間macOSバイスiOSバイスを使うと良いだろう。

 

アレ? 無くなったぞ!

というアイコンが再登場。こういう現象をバグだと断定するのはつまらないことである。バグかどうかは、次の瞬間にはわかるし、長くても一日で解決するし、まだ犯人がわからないとかまだ犯人の手口を隠す暗号が解読できない、などの理由ならちょっと時間がかかる。とはいえ、一度でも犯人を捕捉したら必ず正義がハードとソフトで実現するのはApple社の特徴で長所であろう。他の企業にも信頼できる製品を開発し販売する企業はあるから、世界で正義はAppleだけなのか? と心配する必要はまったくない。シェアでも確認すれば、各分野ごとに売れ筋の商品があり、中でも注目され愛される商品が見つかる筈だ。シェアを正しくまとめた資料を読むと、iMacの時からずっとApple製品が人気のある工業製品だ、とわかる筈。愛される理由は、今ならサイバー犯罪に打ち勝つパワーに溢れているから、ということと、アメリカ合衆国軍の戦争における勝率が上がれば上がるほど、地上を正義が常に今よりもっと気軽に、楽しく、愉快に闊歩できるようにやるから、アメリカ合衆国軍の勝率が上がるから、という理由もAppleバイスが愛される大きな理由となるだろう。

 

地球の歴史は熱という支配者の歴史から始まり、冷えて水が支配者となる時代へと変わり、草が地のおもてと海の中で支配者になる時代に移り、そして酸素が増えて魚類、両生類、恐竜などの爬虫類、哺乳類へと進化していく進化の時代に入っていくという歴史といえる。

 

この間に宇宙から隕石が多数飛来、墜落もしている。大災害も多数あり、地のおもては動き、形を変え、星空もまた位置を変え、動き続けていくうちに真理を求める人類はいまの科学テクノロジーの時代の道を全速力で走る時代に入った。なぜ、困難なスピードの速い時代を求めたのか? それは簡単にいえば、もっと愉快で楽しくなるから、労働ロボがいれば働かなくで良くなるし、などの理由もあるが、1番大きい理由は、常に存在する圧政者と自由、共産、右翼の両軍による戦いの歴史が、本質的にパワーを求める求める戦争から、宇宙植民地を求める戦争に変わったことだ。地球で戦っていても勝ち負けの結果が出るまで時間がかかりすぎる。その前に人類が滅びる。食糧の生産量が不足するからで、自然破壊による悪影響も拡大するからである。

 

さらに、戦う両軍のいづれにも属さず、両陣営を騙して殺して儲ける犯罪者がいるために、エロヒムの裁きが下る回数が増えるわけで、バッタの大群の発生、食料を食い荒らされる被害発生、餓死者が増える現象、と繋がる過酷な裁きがずっと続くことになるのであるから、人類はエロヒム様の計画とおりに、エロヒム様ソックリの姿へ近づくために宇宙で生活することを目指すことにした・・・、コレでだいだいわかるのだが、宇宙で平気で生活可能なレベルにならないと、地球上での姿のままで滅びそうだから、滅びるより、楽しく愉快な人生になるし、やっぱり進化の速度の加速度を上げたい! コレ。コレが大きな原動力になっており、キリスト教徒はシナゴーグに近づくように信仰生活を変えるなどして、どんどん準備を頭脳から、肉体から、生活から、すべてデジタル化の波に乗るカタチで始めている、と。こういうことなのだが、そのためには、正義に満ち溢れなければならないのは、地のおもてと地のうら、つまり、つまり、人間の中身、ということになる。ライオンやゾウに正義感を求めても、彼ら動物はアストラル体までしか持っていないので、意志がない。思考力がないので、思考の産物である正義感は今後も無いままである。つまり、正義感に道が触れたライオンは地のおもてにもうらにもいない、と。そのようにゾウもいない、と。コレがわかっていないと、自分に向かってニャオニャオと話しかけるように声を浴びせてくる野良猫を見て、バックみたいだ、と喜ぶのはあくまでジョークだ、とわかる筈だ。そうではなさそうなコメントをFacebookで読んだが、アレは鳴き声を上げる際に、反射的に鳴いてるだけで野良猫自身、何にも考えていないので、はやくどこかいかねーかな、コイツ、テリトリーなんだけどさあ、という内容の反射的作用を全身に表す行動をしているだけだ、と。そのようにエロヒム様が作った猫なんだから、そのようになったわけで、野良猫は猫以外のナニモノでもない。コレは、地球がよく知っているので、わからない低脳のうち、わかりたいと願う人は、野良猫を理解するための自然アートをすると良いだろう。たとえば、ネイティブ・アメリカンが崇拝する土地へ行き、単なる国立公園なのだが、とビジター共々理解していつつ、なおかつ、交流上の礼儀として、神秘にノッたフリをするわけなのだが、そこまでわかれば、失礼にならない態度のままでいることができるばかりか、ネイティブ・アメリカンしか知らない観光の名所の場所を教えてもらえるかもしれない。たとえ、それが、あの山の向こうに勇敢な草原の部族がいるから、そこまで行け、というアドバイスであっても、野良猫の理解のために自然アートをするということは、人生にとって大事なことなのだから、自分にとっても大事なことなのだ、意気込んでノリノリでそこへ向かわねばならない。その部族があそこの部族に受け入れられたら、つまり、殺されなければ、名誉のためにぶち殺されなければ、素晴らしい風景を教えてもらえるだろう、とアドバイスを受けても、ノリノリで行かねばならない。それでも野良猫 

理解したければ、だが。

 

そして、勇気が開くドアの前に立つことになるのだが、そのとき、満身創痍で立つのかどうかは、旅人のうちの野良猫を理解したい旅人によって異なる筈だ。無傷で世界の神秘に近づく動機が野良猫を理解したいから、であってもである。なぜなら、動機がどうであれ世界の神秘に近づく者であることは変わらないからである。

 

こうして、神秘に触れると突然、進化する旅人が地のおもてに出現することになるのである。悟りを開いたフリではなく、本当に悟る人が時々現れる。悟るという意味は、モーセの後ろの列に並ぶ人になった、という意味である。

 

偉人が生まれるまでに、死体が累々と転がる夢のような道が伸びている。コレが進化に忙しい社会に背に向けてどこかに行ってしまうということの真なる意味なのだが、コレに気がつかない旅人は冒険家になると良いだろう。冒険家になって、Appleバイスを駆使してネットに体験記をアップするだけで生活していけるようになれたら? いまなら、アメリカ合衆国軍の対イラン戦における勝率アップのためにやるなら、人類は応援してくれる筈だから、ドネイトボタンひとつあれば資金が入手できるWebページを持つことができるのだが、野良猫にこだわるから道を間違える、とか悪口をいう詐欺師がいても、決してコイツらの言い分を認める必要はない。要は、アメリカ合衆国軍が勝利を収めることが大事なのだ、と分かっていれば良いからである。

 

冒険家はサイバー犯罪に疎い人が多い。それは無理もないのだが、コレを自己責任だ、と批判するキリスト教をはじめとするマヌケがいるが、コレは他人なんか死ね、と言っているに等しいので、無視してOK。あくまで冒険なのである。冒険とは、無謀な行動であり、無謀とは、計画のない、という意味である。計画のない行動に責任なんぞそもそも求められないのだ、ともヒントとして私はここに書いておく。

 

冒険家に最も似合うデジタルデバイスとは何か? この答えはAppleバイス。サイバーリスクについてなーんにもわかっていなくても、なぜかちゃんと使いこなすことができるデバイスだからである。とはいえ、わかって使った方が良いのは本当。

 

こうして、冒険家と冒険家以外に人類はわかれることになるのだが、マヌケに罵られても、そもそも計画にはないことが多数起こる宇宙空間では、正義感に基づく大胆な行動が必要になるわけで、冒険家が先祖にいた、と将来の宇宙植民地時代になってから勇者が自分の勇気について説明することになるんだろうなあ、とはいまから誰でも予想できる話で、そほれさえわかればマヌケにならなくて済む筈だ。

 

こうして、人類は冒険家以外のうちに2種類を見ることになる筈だ。マヌケではない人類とマヌケな人類と、である。大別すると冒険家と冒険家以外、となるのだが。だんだん宗教屋がなぜマヌケなのか? がわかってくる筈だが、マヌケとは正義に乗らず、勇気も無い、という特徴があることがわかればOK。冒険家が素晴らしい人たちだ、とわかればもはや危険広告サイトであるFacebookに近づく必要もなくなるので、なお良い、といえる。

 

そこで、フェイクニュース対策である。意外なのだが、満身創痍で神秘なる風景の前で野良猫を理解する瞑想にふけることができた冒険家、つまり、この道の達人なのだが、この達人は現地の人たちの誠意にサポートされているため、フェイクに騙されても助かり、フェイクに騙されなくても当然に助かり、とにかく先へさきへと進むことができたのだが、冒険家でなく、かつ、マヌケではない人の場合は、フェイクニュースに対して無防備であってはならない。そこで、OSがアンチウイルスOSであるmacOSiOS、・・・iPad OSを私は買ったことがないし私物化できるような体験も無いので断言しないが、確実に同じであろう、と推測する・・・を使え、買え、と、ナチ嫌いである点で私や右翼の仲間である中国共産党の首席のシュウさんがHUAWEIの製品を買え、と言うように私もここで書いておく。ちなみに、HUAWEI製品のセキュリティ機能は2017年当時の製品のレベルのままなら買わない方が良い。殺害しようとしている奴らを喜ばせる可能性が高いからである。アレから3年、新品購入してから3年経って、いまはどうなのか? と考えると、HUAWEIの製品のセキュリティって、グレート・ファイヤーウォールの中で使うと良いのでは? という疑いがありそうだ、と気がつくことになる。疑いがあったら、何かしらヤバさを感じなければならない。いまの時代は、邪魔だからイランを外せバカ、と考えなければならない時代でもある。サイバー犯罪者とせめぎ合い、必死で勝たなければならないほど、敵は強いのである。手口を見抜けばとんでもなく弱いのだが、油断してはならない。我々は必ず勝利する戦争に参戦するからには、97%の勝率を何がなんでも100%の勝率に変えねばならない。3%の負ける確率は、必死で攻めてくる敵軍が広げたい脆弱性が我々一人ひとりに占める割合である。けっして油断してはならない。

 

ちなみに、ハイシエラ以降のバージョンのmacOSからこの勝利が目立って上がってきている。

 

入力妨害がほぼ皆無であることが確認できたのでそろそろこの記事を終わらせることにすると、Macアンチウイルスソフトは必要かどうか? と言うと、過去のウイルスやマルウェアは OSで粉砕、切断などしているので不要だが、未知なるウイルスやマルウェアについてはセキュリティアップデートがあるまで危険なままである。次のセキュリティアップデート、と私が書かない理由は、時間がかかる場合もあるからで、それはウイルスやマルウェアの暗号が難解な場合のことである。

 

Macはハブを目指す、とは、インターネット接続共有機能でWi-Fiにつないで快適なMaciOSバイスiPadApple Watchを接続して使えるようにする、という意味である。

 

それにしてもバッテリーがよく持つなあ。三行書いたら3%減るのはファイルレスマルウェア攻撃とマルウェア攻撃となりすましWi-Fi攻撃とappのバックグラウンド自動アップデート機能などが働くからなのだが、最後者はともかく、前三者が秒殺されている、というであろう。愉快である。愉快に使うことができるデバイスやね。Appleバイスぅて、と。

 

最後までサイバー犯罪者を正しく罵倒することはしておく。死ね、バーカ、とかは書かないが、そのように意味の記事だ、ぐらい、サイバー犯罪者は理解したら死ね。