詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

いくつかの勘違いを理解する Tor Projectのヘルプページ風に・・・

いい加減に理解しないといけない勘違いはHttpProxyについてだけではない。

 

コロナ2G様の大活躍により800人を超える悪い奴らが裁かれた。武漢でもこのようになっているのだから、そのようになる。このように現実化することを私は願っている。ハンナのように神の加護を得られるような国に生まれれば良かった・・・などとイスラエルに憧れることは、イタリアのネオナチが日本に憧れるのと同じようなもので、神を正しく恐れる態度でエロヒム以外の神を拝まないようにし、処刑されるまでの人生を正しく生きなければ・・・とは、海外の人には言いたいことで、日本人には言っても無駄。神からの祝福は海外の人たちと循環できれば私は嬉しい。

 

このように、勘違いを正すためには神を正しく恐れる態度と同じ態度を、さまざまな人生の荒波に対して向けると、いろいろわかってくる。

 

焦点を絞るためにマイクロソフトの翻訳で

新しいアドオンは、プライバシーとセキュリティを侵害する可能性があるため、Tor Browser に新しいアドオンをインストールすることはお勧めしません。

新しいアドオンをインストールすると、Tor Browserに予期せぬ影響を与え、Tor Browserの指紋を一意にする可能性があります。Tor Browserのコピーに一意の指紋がある場合、Tor Browserを使用している場合でも、ブラウジング活動を匿名化して追跡することができます。

基本的に、各ブラウザの設定と機能は、「ブラウザフィンガープリント」と呼ばれるものを作成します。ほとんどのブラウザは、インターネット上で追跡できる各ユーザーに対して、誤って一意の指紋を作成します。Tor Browserは、ユーザー全体でほぼ同じ(完璧ではありません)指紋を持つよう特別に設計されています。つまり、各 Tor Browser ユーザーは他のすべての Tor Browser ユーザーと同じように見えるので、個々のユーザーを追跡することが困難になります。

新しいアドオンがTorブラウザの攻撃面を増加させる可能性も高いです。これにより、機密データが漏洩したり、攻撃者が Tor Browser に感染したりする可能性があります。アドオン自体は、悪意を持ってあなたをスパイするように設計されている可能性があります。

Torブラウザはすでに2つのアドオン(HTTPS Every whereとNoScript)を搭載してインストールされており、他のものを追加すると匿名性を取り下げることができました。

ブラウザーのフィンガープリントの詳細を知りたいですか?ここでは、それについてのTorブログの記事です。

 

と、翻訳していた。指紋を取れ、という遠隔地からの音声攻撃に従う神奈川県の大和署の警察官は、私の指紋を騙して奪い取って帰ったが、

要は、ブラウザを特定されないためには? という部分の意味さえわからなかった、と。そういうことなのである。遠隔地からの音声攻撃を、遠隔地からの音声攻撃をして殺害しようとしている被害者の私の指紋を取れ、と理解したあたり、銃殺リストに入れておかねばならないことになる。ここまでわかるから、ちゃんと最新のセキュリティテクノロジーをちゃんと学ぶと、事実上の世界での正しい行動が自然に決まってくるのである。

 

ぜんぶ妙法寺と遠藤厚子の蓄財とテロの軍資金を蓄財するためなのかもしれない。かもしれない、というのはテロの軍資金、というくだりがまだはっきりしていないから断言しない、ということ。ブラウザの指紋がみんな同じ、ということは、チョコの箱の中に自分がもらったチョコを入れるケースを想像し、みんなおなじチョコだったらぜったい自分のチョコは盗まれないし、盗まれてもおなじチョコが残っているから損害ゼロ、という保険まで計算に入れてチョコを盗まれる被害をセキュリティの知恵で未然におさえる・・・と、こういうわけなので、Torのブラウザを使うと良い、ということになる。

 

そうすると、指紋が人類全員が同じなので、妙法寺と遠藤厚子、その共犯たちによる殺人から身を守ることができるようになる、と。私の場合は、だが、これを被害者各自の立場が私と同じである以上、そのまま流用可能なパターンとなるので、置き換えてみると良い。

 

ジャムマン、というFacebookのアカウントのユーザーが、犯人を監視する動画データをFacebookにアップしていたが、ブラウザはTorを使っていそうだ。なぜなら、犯人の自宅を割り出せたばかりか(これは私にもできた)、自宅の中で何をやっているのか? まで録画している(これは私はしていない。銃で狙撃して殺す方が正しい、と思うからである。それぐらい日本の司法を私はバカにしている。彼らが無法者だからである)。

 

と、すると、

これからサイバー戦争に参戦し、勝利の戦績を増やし、さらに愉快に楽しく最新のITてクロノジーを楽しむために量子コンピュータの登場を待望の気分で待ちに待ち、販売されたら購入し、さらにスピードアップしパワーアップした螺旋とねじれの量子の世界をPCのカタチで自由に使いこなして、さらに幸せになるためには、いま、Tor Browserをインストールして使うと良い。

 

セキュリティソフトを見ると、macOSについてはかなりセキュリティの機能が削除されていることがわかる。なぜなら、当該OSのセキュリティ機能がセキュリティソフトウェア並みに優れているからであろう、と私はみている。

 

と、すると、

残りのセキュリティ機能をみれば、macOSがサイバー犯罪者に負ける点がはっきりみえてこないだろうか? と考えると良いことになる。

 

マルウェア系に弱そうだな

 

と別れば、ファイルレスマルウェアとかファイル有りマルウェアとかマルウェアとか、いろいろ手口を揃えているらしいが、要はcloudflareをブロックする機能を、なりすまし防御機能をiOSに追加した時のノリで追加すると、良いのでは? と。

 

ルーターMacの間の通信を盗聴しながらcloudflareを使って、ウェブサーバーからも盗聴し、思考盗聴もしている犯人には銃殺で応えるとして、セキュリティ機能としては、cloudflareブロック機能が必要かと。こればっかりは、Torテクノロジーがブロックしていないらしいので、OSでブロックするしかないのである。いまのところは、だが。もしかすると、Torがcloudflareをブロックするかもしれないけれども。

 

まあ、こんな感じやね。いまも攻撃が散発的に起きて、Wi-Fi切断、Wake on Run を遠隔地からやられるなどの被害が発生したのを確認。

 

それぐらいかな? ルーターで一括設定ボタンをタップするだけで犯人の犯行計画が崩れるように私にはみえた。つまり、私の操作のタイミングと機能実行の順番に応じて攻撃マクロを書いていることが伺える。

 

ざまあみろ

バレバレなのだ

 

こういうことなので、一括設定中の処理の時間を計算に入れて始めるはずだから、一括設定の次に再起動、などとやってみるのは面白いかもしれない。3分、4分、と経過するうちに、犯人への海外警察による捜査が迫っていくはずだ。いったりきたりしているヤツはスパマーだ、とわかっているだけに、解決にかかる速度を加速させる助けになるような行動を被害者がすすんで採ると良いだろう。