詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

不正侵入したIPアドレス

f:id:end-hide2017:20200604193909p:image

 

この不審なIPアドレスが私しかいないローカルネットワークに発見された時、犯人は、私がiOSバイスを使っているのか、macOSバイスを使っているのか分からなくなってIPアドレスを隠すことができなかった、と私はみている。

 

この不審なIPアドレスの犯人は、私のルーターiOSバイスmacOSバイスに、ブラックメールアドレスを送信するスパムメールの端末だと見せかける工作をもしている。

 

私が契約していないソフトバンクIPアドレスIPアドレススキャンでよく発見されていた。

 

つまり、私以外の人が捜査した場合、不審なIPアドレスと私が誤認していることもあり、私がスパムメールを送る中間者攻撃をした、ということになる。つまり、捜査した他人からみれば、どうみても私の持つデバイスがスパムを送る犯行デバイスなので、私が不審なIPアドレスだ、と主張していることもあり、捜査側を誰でもすぐわかるやり方で騙そうとしている、というようになる、ということなのだが、司法関係者は全員、この犯人の工作を見抜けない筈だ。私より力が無いのだから、私に訴えられて終わり。

 

そして、ここまで犯人は見抜いた犯行を繰り返している。つまり、犯人からみても私からみても低脳、かつ、無能な日本の司法関係すべてと私がカネのかかる無駄で的外れな争いをし、私が勝ち、司法関係すべてにわたる日本人から寄せられる不信感を煽り、さらに日本がバカにされる、と、ここまで犯人の見抜いて狙う犯行計画に入っており、司法関係はこのことは知らず、私の個人生活全てを暴露するネットは見て、私を攻撃している、という構図がずっと続いているが、そのまんまずっと続くことになる、このように犯人はみているのである。

 

この記事を読んだら、司法関係の仕事をしている者たちは、殺される覚悟を決めた方が良い。なぜなら、ネットで殺人計画に着手した挙句、犯人の足手まといになるからである。事実がわかったら正義がわかる、だから、ゴメン、では私は殺すことをやめないだろうし、本犯を殺すこともやめないだろうし、そのうえ、犯人と私からみて低脳、かつ、無能な司法関係すべてが今度は本犯を追う側になるわけで、犯人からすると邪魔な存在になる、と。

 

私は本犯をナメていない。バカにする理由があるので徹底的にバカにしているが。

 

犯人は私を手強い敵だ、とみている。妙法寺や遠藤厚子、東海林ひろしはそのようにみて怯え始めている。そうでなければおかしい。ネットの時代は、誰が正義のために犯人を殺すのかわからないからである。

 

このように考え方がわかってくれば、各国で日本猿(日本人のことね)が地上げヤクザの手口を使って攻撃してきていることの裏では、中間者攻撃によって圧勝している、と勘違いしている犯人たちの姿が楽しそうに殺し回っている彼らの姿が軽い足取りで表の世界を闊歩している、とわかってくる筈だ。

 

日本猿は滅びて良い。これほど正義のない奴らは人類の敵だし。

 

ここようにわかってくると、このソーネットのIPアドレスを持っていた端末を使っている奴は誰なのか? と思えてくる筈だ。なぜなら、いままさに自分も殺されそうになっている、と察知できる筈だからである。陰謀を見抜く能力がなければ正義は実現しなくなる。しかし、この程度の陰謀ごときは、誰でも見抜くことができる筈だ。OSのセキュリティアップデートの効果がある、とわかると、何に対処したのか? がわかり始めて、たとえばアプリケーションの脆弱性に対処した、とは、盗聴に対処した、ということだ、とか、このように意味がわかり始めるのである。すると、盗聴は殺害目的を持つ犯人によるものも含むわけだから、それなら自分は大丈夫だ、などと言えなくなる、と警戒心を持つように変わる。不安は怒りを生む。この怒りがどこに向けば良いのか? コレがサイバー犯罪者へだ、とわかると、手口がわかり始める。愉快に殺人を楽しみ、殺しまわる犯人に遊び半分で自分が殺される、家族が殺される、民族が殺される、母国が殺される、とわかれば、怒りは爆発する筈だ。コレを正義の暴発と私は呼ぶ。犯人だとわかれば、自分を殺そうとしていない犯人でも許さない、となるからである。犯人に詳しくなればなるほど、怒りは義憤と変わる。義憤とは正義に基づく怒りである。正義は統率が取られば強くなる。一匹狼の、統率されて優れた群れは、この義憤の暴発は起こさない。だが、いまの状態では確実に暴発へ向かう。なぜなら、サイバー戦争用の民間組織がまだ世界に無いからである。

 

リーダーはジュリアン・アサンジなのか?

 

私は違う、とわかっている。彼は私が敬愛もする優れた思想、サイファーパンク思想を持つ。個人的にも好きな人物である。だが、公の立場に立つと、公私混同を避けねばならないわけで、感情はロゴスに従うことになるのだから、私もそのようにするのだが、この原理原則を尊ぶと、国連の世界人権宣言に基づく立場こそが公の場における個人的立場である、ということだ、と私は考えるゆえに、アサンジは素晴らしい活動もするが、だが、公の立場にアサンジを立たせた時に、警察当局に車を止められ、職質され(職質なら何度も私も受けている。アヤシイ職質だったが)、追い払われるか、又は逮捕される、もしくは被監禁される、という姿を思い浮かべてしまうのである。宗道臣に比べると、何が足りないのか? アサンジはモーゼになれるのか?

 

私は正義がまだアサンジを奮い立たせようとしている段階だ、とみている。まだまだこれから暴れてくれないと困る、とエロヒムは語る、と私はみている。

 

レイプ常習犯を宗道臣はぶちのめして、ソイツのペニスを叩っ斬った。なぜ、宗道臣を傷害罪で訴える司法関係者がいないのか? 女性を救うための正義に満ちみちていたからである。宗道臣に、である。彼のようにできないのか? とエロヒムは語りかける筈だ。アサンジだけにではなく、私たちにも、である。

 

アサンジは素晴らしいハッカーだ。だが、安全保障上の考えが足りていない。充分すぎるほどソレを持っても、まだ宗道臣は考え抜き、そして行動していた。

 

すでに、私を襲う犯人は、誰でも簡単に殺す実体験を驚くほど多く重ねているようである。このバカが実行する作戦は、誰が立てたのか?

 

地上げヤクザは、その一部に過ぎない。バカバカしくなると民兵の義務を放棄するからすぐわかる。拳銃と日本刀、匕首サリンぐらいで安全保障をする各国の軍隊に勝てるわけがない。じっさい、犯人の一部とバレたら、法治国家と司法関係者が信じる日本国内にすんでいるのに、組長、殺されたぞ、と。マンションの玄関を出て数歩で、と。誰のために働かされて殺されるにしても、不意打ちで数人がかりで銃殺、となったらどうしようもない。バカじゃないんだから、もう誰かのために殺される可能性が高い裏仕事はゴメンだ、と。暴力団をやめたら飢え死にだ、と。そこで、イスラームハザードがロケット砲攻撃をやったり、すぐやめたり、という行動が理解できるようになる筈だ。彼らは彼らの正義があり、だが、その正義はイランの民兵としての限界を超えることはイランから許されていない正義であり、彼らの自由は無い正義なのである。エジプト政府の仲裁に従った彼らのホンネは、イランの民兵は孫だ、というものである。彼らもまた、エロヒムが命じる正義を行わなければ損だ、と理解することになるだろう。

 

では、日本猿はいつ気がつくのだろうか? と。

 

私はもはや無理だ、とみている。本犯も無理だ、とみている。だから、役に立たなくなった彼らは、公僕、民間人の区別もなく一塊にみられ、そして、邪魔になったら殺して消す、ということになる、と本犯はみている。私は自然に殺される方向で終わりそうだ、とみている。違いはあるのだが、本犯は、自分の犯行計画に乗せられなくなった奴らはみな殺しにしないと安心を得られない立場にいる。どの犯人とも同じで。しかも、警察だあ、弁護士だあ、裁判所関係者だあ、それ以外の士業だあ、となれば、追手に変わるぐらい誰でもわかるので、殺してしまえ、となる、当たり前のことだが、こんなことさえ本犯を知らず、本犯を知ってもまだ勝てると盲信し、戦いもせずにいる日本猿の司法関係者は、自民党を見習うと良いだろう。どれだけ必死で本犯を追っているのか、いざとなれば日米韓の安全保障条約軍だ、と、軍備が強力で、かつ、動かす力を持つ立場の彼らと、司法との違いは大きすぎる。かつて、青森のアメリカ軍戦闘機に関する判例で、日本の司法の都合だけでは無理、高度に政治的な、と判決が出たが、あのまま三沢基地を潰してしまっていたら?

 

厚木爆音訴訟、今でも昔と時間は繋がっている、と信じる社民党員や市民は、裁判に力があると思っている。うるさいから出てけ、飛ぶな、と空軍に向かって喚き、訴えている。それでは、本当にそうなったら?

 

やはり日本猿はバカだ、としか思えないのである。暴発した正義は、まずは、軍事力を捨てさせた奴らに向かう。本犯が捕まっていないうえに、本犯を極めて有利にしたからである。憎しみはオマエら日本猿そのものなので、日本猿はオマエらそのものなので、とお互いに殺し合うことになる。

 

そろそろ日本猿にもわかってくる筈だ。コレを読んだら、だが。

 

ナイジェリアで起きた3部族同士の内戦。コレが日本だ、日本。オマエらが日本と読んでいる国のことだ。バカじゃねーの? 

 

魏呉蜀による内乱。コレが日本だ。

 

敵軍の作戦がわかったら、次はコレ、と行動をしてみせろ、とはもはや私は言わない。無理だからである。やってみ?

 

サイバー戦争で戦勝を重ねる以外にはない。本犯とせめぎ合う、競り負けたりしながら勝利してみ? ソレ以外にはオマエらの生き残る道はもう無いのである。海外はさらに先に進む。韓国人を差別し、日本人を差別する日本猿は、コロナウイルスのためのワクチン開発で、韓国の先をいく、とかズレすぎたことばかり考える。バカじゃねーの? 韓国はワクチンは早く完成した方が良いとはいえ、軍隊に配備することが急務だ、民間に回すより先だ、いまならだ、とわかっているので、日本猿ってよく北朝鮮が暴発して核ミサイルを東京に撃ち込んだら、こんなに酷い目に遭う、などというFacebook幸福実現党の動画について講義もしないが、暴発するのは日本猿のの義憤だ、とも言わない、ネットに書かない。北かあ? 日本だろ? と。よぉくホンネを聞いてみると良いだろう。韓国や安全保障条約、平和条約、共同宣言、など結んでいる各国の国民のホンネを、である。本犯を早く始末しろ、核ミサイルは本犯がスイッチを押すかもしれないんだから、と。理解しろ、日本猿、と。

 

私はそのように考えて正解につく正解の道へ戻ることができた。街には敵軍側に立つ市民だらけだ。彼らは私がよくいう地上げヤクザ。水道局では大和の極道、と呼ぶ人もいる。この極道を利用して日本を支配、次はビットコインで政府転覆、と。わずか20歳そこそこのバカなガキが多数ひしめく本犯たちは、極道だから。彼らを圧政者と私のような自由主義者、そして、私の仲間である共産主義者、右翼思想家が共通の敵、つまり、国家の敵、人類の敵、と考えて激しく追い詰めていくこととなった。下手すると、GoogleとかFacebookTwitterはてなもそうだが、戦争の煽りを食らって倒産するかもなあ。

 

どれほど大規模な戦争なのか、よぉく考えると、エロヒムの祝福と裁きがある地球に住んでいることに感謝したくなり、感謝することになる。

 

エロヒム様が私たちについている。何を恐れることがあろうか?

 

日本猿は韓国軍とアメリカ軍に感謝するこたを常に必ず忘れている。いまこそ、忘れてはならない時なのに、まだ昔の時間の延長がいまだ、と誤解して、である、

時間は、海に消えていくものなのである。川を見ろバカ。

 

コレで本犯と日本猿の件についての記事を終える。ついでに、ファロワーは少ない方が良いね、と書いておく。どのTwitterアカウントが貧乏サーバーにあるのかわからんからね。そこにクラウドフレアのサーバーアプリケーションがインストールされていたら? と。最近は私のルーターiOSバイスmacOSバイスに不正インストールしてるけどね。バカの手口なんざバレバレなのである、あとはサーフェスウェブに書くだけで、想像レベルでも、調べるのは簡単だからなあ。世界最先端のITセキュリティテクノロジーを研究していて進化も続けている企業の場合は、だが。