サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

var。コレ、素晴らしいのでは?

コンパイラが解釈するらしい。と、すると、staticブロックで使うと犯人をバカにできるなら良い感じやね。

脆弱性を突こうとしてくるサイバー犯罪者は、先頭からアタックするだろうし。

 

結局、16進エディタを開かせることになるわけだ。アプリが動き出す前に、何の型かをサイバー犯罪者に推測させるわけだ・笑。

 

マップとリストばっかり

というスタティックブロック。親が違うからアッチコッチで。だが、アッチコッチのバイトコードを暗号をようやく解読した時には、何のデータだかわからねーって! とサイバー犯罪者を地獄に落とす、と。したがって、マップとリストにしているかどうかさえわからない型推論を志したいところやね。コンパイラが出しちゃうのが残念だが、まあそんなに残念でもない。クラスローダーに読み込まれた直後は、たぶん、この型だろうから、コレ、パスワードだろ? とかほくそ笑むサイバー犯罪者のバカな推測を外すアプリケーション動作スタート後のデータの取り回し、と。あくまで推論なんだよな。コンパイラからみると・笑。 アプリケーションが開始したら、意外な結果になると面白いやね。どうせ、パスワードとIDはコレだろ? と犯人が軽い思考の成果を軽々とした闊歩にも似た動作でクリックしているハッキングアプリの画面に、意外なデータが浮かぶ、と。16進で、解読するまで1週間以上。やっと解読したらぜんぜん違うデータらしきハッシュ値だけ、とか。このオブジェクトのリンク先はどこだあ! とか喚いてクラッキングをするバカな犯人の赤い血に知識なし。ツール頼りのバカのアクティビティがスタートすることになり、すると、リンク先はラッパーばっかりが待ち受けている、とか。またハッシュかよ! とか喚いてクリックしてもハッシュしか出さない上に、ハッシュはラップで、クリエイトはローダーに書いてあるけど、意外な型推論の成果の後なので、なんだかわからない場所に書いてあることになり、こうしてメインメゾットなり、スタートなり、ゲットリクエスト行動なりその時々なりとスタティックブロックの間を往復するしかなくなる、と。ちなみに、ハッキングツールはこんなことをしてないとは思うけどね。たぶん。

 

何をやっているのかは、自分で調べろバーカ

 

推論から導き出される答えを知っているのは、開発に関わった奴ばかりではない。知らない奴がオフィスを出入りして中間者攻撃している日本のどの開発チームのオフィスでは、ソイツが知っている、ということになるからである。

 

とはいえ、知っててもわかりにくいからJavaは良いと思うね。ただし、内部設定より前と後のクラス図なり設計が、人間にわかるような前と、わかりにくいがアルゴリズムなのでわかりやすい後と、このようにちゃんとしていれば、まあまあ良いのでは、と。日本語の文章そのまんまで内部設定やられてもなあ、と。すぐにサイバー犯罪者にバレる画面のイベント処理をコーディングしていたらダメなのである。どこで? がわからなくなる場合はOKだが。たぶん、jsp・笑。どこのクラスでアクション処理をしているのかわならなくなる推論、とか・笑。あぶんここだ! と喚くサイバー犯罪者がかならず推測を外すことになるラッパー、アダプターパターンでも良いのだが、ラッパーばっかり。何がゲットできるのか楽しみだぜ! などと独りごちるサイバー犯罪者が得られるモノは、難解な暗号化ロジックでセキュリティが固められたオブジェクト、と。ハッシュ値をぼんやり眺めるサイバー犯罪者のバカな表情は、なぜか劣化しない、若い時のまんまのバカヅラで・笑。日本猿がバカにしか見えなくなりつつある、というわけなので、たぶん、サイバー犯罪者の肌はツルツルお肌であろう・笑。バカじゃねーの? という肌で固められたバカヅラをしたサイバー犯罪者がぼんやり眺めるハッシュ値。オブジェクトのメモリアドレスだ、だけはわかるが、その先は何もわからないので、ぼんやりと認知症進行攻撃を脳に受けながら犯人はバカを進行させていく、と。この時代に、遠隔地からサイバー犯罪者の脳を攻撃しない安全保障は無いからね・笑

 

そのうち、コイツらは廃猿となる。街角でターゲットの位置情報をスマホで盗聴して確認しながら、このタイミングで! と彼らが決めたタイミングで、ターゲットにされた人がギョっとするようなタイミングで薄笑いを浮かべる寸前のニヤケ顔で角を曲がってくる、と。ソイツに気を取られて脳を撃たれるターゲット。そして、ターゲットの被害が1発分だけ発生したら、ターゲットを狙撃したニヤケ廃猿の共犯で狙撃犯の方の脳に、遠隔地から物凄い一撃が叩き込まれる、と。

 

いま、脅しマップでは、北京あたり? から物凄いサイバー攻撃アメリカ合衆国の真ん中のちょっと南あたりに向かって発射され、APT! という表示がされて、脅しに対する報復がいかに凄い一撃なのか? と思わせるのだが、アメリカ合衆国のその場所からも細々とし、ただし連発気味にサイバー攻撃が北京あたり? に発射されており、そういうのを見ていると、サイバー犯罪者の脳を攻撃する物凄い一撃、とは、サイバー犯罪者の一撃の10倍以上かな? と。私の推測では、だが。

 

マップの中の型推論。地図の中の型推論。キーかもしれない。キーがリストで何が悪いのか、と。リストからキーを出してバリューのリストのキーのインデックスの値と比較させろ、と。合えば、そのリストオブジェクトがその時のキーのバリューになる、と。型推論のうえの確実な処理やね。コレは。

 

Javaがダークウェブでいまでも嫌われる理由は、

犯人側は、わけがわからんから、という理由で、

犯人以外の人たちは、Oracleからトラッカーが来るかもしれないから嫌だ! という理由かと。しつこくないからまあまあ許されるだけだが、ブラウザの指紋を盗みに来やがった、と思われる時代なのだから、あんまり悪質なトラッカーはばら撒かない方が良いのでは? Oracleに向けて言うのだが。