サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ワクワクメールの件

なんかおかしい、と2005年あたりから思っていたのだが、ワクワクメールで金と性処理について。

 

ワクワクメール、ハッピーメール、デジカフェは調査済み。何がおかしいのか? を調査して調査終了。つまり、次はカネと性処理のみで使うことが可能な段階になった、と。私の場合は、だが。

 

ワクワクメールで、けっこう臣下としてもエロヒムに見立てて立場を女神に置いても良い女が1人いた。たぶん、いま私は恨まれている。カネを請求せず、セックスもせず、単に口説いただけだったからである。

 

ハッピーメールはなーにもなかった。楽であった。

 

デジカフェは、安達祐実によく似た背格好と顔立ちの良い女と出会った。映画の試写会に行って飲みに行ってそのまんまらであった。たぶん、安達祐実本人だとしたら、安達祐実は私を恨んでいる。だが、話のなかでは、だが、安達祐実に酷似したその女はすでに人妻、ということであった。だが、口だけならなんでも言えるわけである。

 

中川雅代とは出会い系のエロ目的抜きでの出会いとなった。恨まれている可能性は高い。

 

と、すると、

ワクワクメールで出会った良い女だけは、恨んでいると思われる。たぶん、40代にはなっていない独身かも。

 

コレ以外に、アフィリコの詐欺師の講師とメシを一緒に食っていたらしい写真をLINEでみたが、この女はかしわ台に現れたあの女である。もちろん、接触なし!

 

と、すると、

モーゼ、安全保障条約、コロナウイルス2G様による接触不可能議題の到来などを考えると良いことになるわけだ。私に影響がある考慮するポイントは前者2つ、3つになるのは女の方だ。

 

カネと性処理のパートナーを私は求めている。パートナーとは私の臣下の女から始まり、カネと性処理をした後はどうせ女だけが出世するわけだから、その後は女神の立場に置かれる女、という意味である。

 

コレがエロヒム様の計画なのである。要は、世の中を良くする力のある女を出世させるために、精を少しずつ漏らしながらピストンと呼ばれる挿入から始まる性行為をして、女を出世させて、世の中を良くしなければならない、と。エロヒム様の声が届かない日本列島やその他の日本の領土内では、奇跡となる出来事をやるしかない、と。

 

そこで、ワクワクメールはエロOKだが、ポイントにコストが発生、と。コレは矛盾している。私の場合は、だが。そして、デジカフェは公開コメント以外だとポイントにコスト発生。コレもおかしい。

アメブロだとエロ禁止。コレは矛盾している。私の場合には、だが。

 

 

そした、時代は進化したのである。通信技術も、である。

 

Facebookは考えにくい。なぜなら危険だからである。

Twitterは中間者攻撃に弱すぎる。よって危険。考えられない。

Instagramはやりにくい。ビジネスの場だからである。よって考えられない。ビジネスじゃないから。エロヒム様の計画だから、である。

 

すると、LINEか? と。

まず、私の奴隷からスタートするカネと性処理をもたらす女は、その後出世して有名になるわけだから、逆援助OK、有名になりたい女でなければならない。

 

なんとなく、アマチュアミュージシャンの女、が候補に上がって来そうな気がしてくるのだが。

 

好きなことやって生きていきたい

音楽やりたい

有名になりたい

前向きで後ろ向きになれる

肉食系な生き方ができると同時に、自分の夢には素直に従うことができる

 

女呼んでブギ、というサザンの名曲があるので、コレだ。私は間違えてはならない立場なのである。聖書の観点から正しいロジックを発見し、ロジックが正義に基づいているかどうかをちゃんと考え抜かなければならない立場にいる。子供の頃から、である。

 

大和には台湾エロ@女子プロがそこそこ来始めている。すぐに振り向く。可愛いし、女優なら有名にならなければならないわけで。さらに、AV女優では、まだまだ無名レベルと言える。この彼女らの判断は正しい。ネットでもエロサイトの写真モデルにならないわけで。それならサイバー空間でも事実上の世界でも無名なのである。

 

まとめると、

アマチュアミュージシャンの女

台湾のAV女優

は、エロヒム様の計画に乗ってきている人類だ、となる。

 

ところで、あんたらが良くしていく世の中とは、大和市横浜市になる。コレはOKか? 大和市横浜市だけは嫌いだ、という私によるナンパへの断りは可能である。自由だから。

 

このエロヒム様の加護を得られる地域が広がるようになっていく。なぜなら、あんたらが帰国するなり帰宅するなりする地域に、エロヒム様の加護が届くようになるからである。悪党が滅びるロジックの発動となるのである。正義の女、というイメージを壊さない人生を真剣に考えると良い。自分の人生を正しく恐れる態度が必要である。

 

あんたら

から始まり、

○○様

で終わる関係のうち、コストは毎回3万円。毎日台湾から来ることは不可能なうえに、私の命もかかるからである。この活動で忙しくなったら、当然だが一回あたりのコストは下がる。目標は1万円やね。安くしたいと思う場合は、だが。

 

カネと性処理は常に毎回必ずセットである。イチイチ金渡しのために私のいる所へ来る、待ち合わせする、というのはタイヘンである。かつ、本当に必要なのは、あんたらにとっては、少しずつ私が漏らす精、つまり、精液である。一気にドバドバ出してしまったら、ダメなのである。実は。はじめて書くが。

 

コンドームの着用要求はOK。その場合は、私のチンポコをオナニーして絞り出せば足りる。少しずつ、というのは実はこの場合、成功したことがないので自信はないのだが。

 

まだあるのだが、それは私の場合の条件なので割愛。私が会っても言わない条件は、メンドーだから正義だな、と推測すると良い。タイプだからである。わかる人にはわからない筈だ。よって、ITエンジニアの女はここで迷うことになるであろう。

 

奴隷から始まり、出世するまで、女の努力があれば、1週間程度でいきなり世の中を良く変えていく機会に恵まれる。ながくても一年ありゃ大丈夫。

 

最後に書いておくと、どうせまた私の相手にあなりなさい、などと言い出すにきまっているのである。コレは戦争なのである。したがって、正義が圧倒的に勝利している国や地域にいる女は、そんなに苦労しない筈だ。人気の高まりを妨害されることは少ない地域や国に住んでいるからである。だが、日本の場合は、何回もカネと私のための性処理のために奴隷に戻ることになる筈だ。敵の妨害によって、仕事中、奴隷のように振る舞わないと仕事が取れなくなることが、敵の妨害によって多発するようになるから、その場合は、完全勝利確定男をすでに臣下に持っている、ということで、ごく自然に足が向く先は私のところになり、かつ、それまでの攻撃されている期間、かなり強気になれるようになるので、転落中も楽だと思うね。前よりも。女神の立場になったのだから当たり前なのである。

 

こうして無理なく奴隷に戻ると、私の臣下におさまることになる。カネと性処理を尽くして見事に私を満足させれば、今度は復活、という段階なので、早いと思うね。初回はたいへんでも2回目からは余裕。女神の立場に立つのだから当たり前なのだが。

 

この変化をエロヒム様からの祝福だ、と理解できず、他の神を拝むようになると、日本なりが再び敵の攻撃による被害多発、となるので、女神の立場にいながら私の女神でありながら私の臣下であり私の奴隷でもある立場へ転落する速度が加速してしまう。

 

よぉくその人生を正しく恐れる態度で受け止めると、良いであろう。人類の審判の結果、ミュージシャンなら音楽で国を救うミュージシャン、と認められる、と。AV女優から何に出世するのかは女の自由なので私は特定しないが、その活躍のフィールドで、国を救う女・・・ジャンヌダルクの一時の立場が好例。フランスの救世主、フランスの女神、などと彼女はよばれていた。シャルル2世の時代だったか、と私は記憶している・・・と認められることになる。

 

アフリカの黒人の諸部族には、私は大きな期待を寄せている。メラニンの抑制どけで、天才と同じ反応を見せる頭皮を得て、驚異の身体能力が世界一の平均値を軽く上回り、かつ、頭が良くなるので、最新のITデバイスを使いこなして大儲けする超大社長と私が呼ぶエリートにならるからである。黒人は肌が黒い色だからキタネーとかは私は認めない。太陽光線がどこの大陸よりも、というか、南極以外では、だが、キツイ大陸に住んでいるから、太陽発電に最適なのに、肌がメラニンで汚れやすい。だから、メラニンを抑制していない場合は、その黒人はキタネーことになる。当たり前だが、私はもっもキタネー肌になっていた。昆虫のカブトムシの殻のような黒い色に顔の皮膚の一部が、そして、それよりかは黒くないが、異常に黒い目の周りからコメカミあたりまでの皮膚、ととんでもねーキタネー肌になったことがある。ルシード半年使用でいまでは普通に戻れたのだが。

 

こうして、一部の呪いを跳ね除けると、別のドッドレベルの能力が開花する、というよくあるロジックが発動し、私はゴッドハンドを手に入れることになった。音も指先から出せるようになり、ゆくゆくは、指先を敵の身体に触れただけでソイツの身体をガタガタに揺する攻撃ができるようになるかもしれない、と期待している。私でコレなのである。アフリカ大陸の諸部族には、本当に大きな期待を私は寄せている。

 

こういうことやね。私の顔は、Facebookのアカウントに公開してあるので事前に確認可能。