詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

xmlファイルを再調査した件

xmlファイルとは先日書いたとおりの中身。

FacebookGoogleGmailTwitter、Linkedinが書いてある。

 

今回の調査で、コレらは犯人のファイヤーウォールの対象になっている可能性が浮上した。

 

したがって、xmlファイルは、

犯人が

1.通信妨害用のファイヤーウォールのため

2.フェイクサイトの対象にするため

で、パスワードとIDを盗むためのxmlファイルと考えられる。

 

犯人はファイルレスマルウェアを使用し、私のローカルネットワークに不正侵入した後、私のルーターiOSバイスからxmlファイルをWi-Fi接続のタイミングでインストールしている、と思われる。

このxmlファイルは、私のiOSバイス内で犯人に使用されている、と思われる。

私のiOSバイスからフェイクサイトを作り出し、

私のルーターに通勤妨害用のファイヤーウォール設定を不正設定している、と思われる。

同時に、私に送信されるメールは中間者攻撃によって盗聴していると思われる。

また、cloud flareなどのサーバーアプリケーションを使っているウェブサイトに犯人は不正侵入していると思われる。

 

コレらは不十分ながらログファイルに記載されて明らかになっていくものである。ただし、法律上、通信テクノロジー上は、私が犯人となるようになっているため、判決は警察がもみ消すことになっている、と思われる。

 

犯人らはダークネットで詐欺師と断定されて追われているらしい。

 

Google端末確認通話詐欺もこの犯人によるもの。

 

思考盗聴も行う犯人、という特徴もすでに知られた事実となっているらしい。

 

電磁凶器を用いている可能性が高い点を私は指摘しているが、この可能性は誰にも否定されたことはない。

 

誰でも聞こえる音声攻撃により、多数の死傷者が出ている可能性がある、と私は指摘しているが、誰にもこの可能性を否定されたことはない。

 

日本人に犯人扱いされている私は、海外からは情報を公開し続けている被害者、とみられているらしい。

 

このため、私の周囲にいる日本人は、少なくても便乗犯とみられているらしい。

 

この犯人らは、大和の水道局では大和の極道、と呼ばれているのだが、海外からは地上げヤクザの日本人、と呼ばれている。

 

現在、私の依頼先の弁護士の行動が犯人そのまんま、という点が知られ始めている。どこから監視しているのかは私にはわからない。

 

また、遠藤厚子と妙法寺、東海林ひろしは、昔から監視されているらしい。誰が監視しているのか? 私は知らない。

 

警察が裁判判決をもみ消すと、有罪判決を受けた者が、記者会見を開く展開を

日本人の地上げヤクザ公開ショー

と呼び、バカにする人たちが多くなっているらしい。この点については私は未確認。

 

彼らは、詐欺師同士の潰し合い、とショーと呼ぶ一連の流れの外観をまとめてそう考えており、目的は陽動とみているらしい。この点は私は未確認。

 

いまの時代に裁判でレイプ被害の有無を争っているのだからおかしい、と私も考えているのだが、犯行計画とおりゆえに、表現が古すぎる原告と被告は、Twitterアフィリエイトとか、さまざまな詐欺的ネットビジネスについて勘ぐられることを避けるために、故意にネットでは当たり前の用語を使わないようにしている、とみられているのでは? とも私は考えている。

 

ハッシュタグはコレ、FacebookではこのID、LINEならこのID、などという話がまったくない。記者会見なんざ時間の無駄。言いたいことがあれば、ネットに公開しろ、という基本がカケラもない。

Facebookでは原告を応援するグループができている。支援者用なので、原告支援者以外には無用のグループ、という位置づけになる。

 

犯行計画はサイバー犯罪と同期するような内容であろう。犯行計画は80年代の地上げヤクザの地上げがベースになり、そこにさまざまな盗聴や犯罪を追加してできている、と私は被害の実体験から断定している。この点も誰にも否定されたことはない。

 

彼らの犯行計画は、犯人側に寝返ったと見せかけて犯人を騙して知った人たちによって徐々に明らかにされている。

 

世界各地のアメリカ軍を襲撃した犯人による犯行計画に乗ったかどうか? が私の依頼先の弁護士に向けられた監視の意味。

 

ホテルジャパン 箱根がどんどん壊されていくのだが、壊された、とわからないように壊しているわけで、日本人の民間レベルではまず真相はわからないはず。私には関連性が見えるので、ホテルジャパン箱根は間違いなく、思考送信犯の泊まるホテルだ、とわかるのだが、この思考送信ホテル、という呼び方は、数年前から時折、遠隔地でベラベラ話まわる連中の声によって私にはお馴染みレベル。ここだったのかあ、ぐらいやね。

 

次は裁判所。次は弁護士事務所。司法法人の。つまり、私の依頼先。大規模な犯人組織に対して、もっと大規模な監視組織が報復に出ている。コレがサイバー戦争で、そのさなかに有名な原告と被告、つまり、伊藤と山口が騒ぎ出す、までも有名な話。監視している人たちにも。たぶん。

 

ユダヤ教の重要性に気が付き、Java開発の再開、次はJavaアプリ開発で稼ぐ、とつづくのだが、そうならそうで必ず犯人が来るから、なるべくIBM系が良いだろう、と言われているらしい。IBMのパートナー企業でも犯人はゾロゾロ現れているので、安心だから、という意味ではない。犯人組織を壊滅するためには正義があるIBMなら、話が早いから、と。そういうことらしい。日本人はそのように、犯行組織に属するメンバー、という見方やね。私はその組織の被害者なので、私の周りは高度な監視だらけ、となる、と。

 

そこで、伊藤だの山口だののレイプ茶番騒ぎは無視すると良いらしい。この騒ぎの真相より、サイバー戦争に勝利することが重要だからである。

 

つまり、監視組織とは、NSAとCIAでは? と。

 

これだけ正確、これだけ正義、これだけ合衆国からみて利敵行為を含む犯罪に対する徹底的な報復。

このように安全保障の面を考えてから実体験を振り返ると、コレ以外に考えるのは難しくなる。目の前で急に消える奴らは散々みた。おそらく、スパマーだったからであろう。私を騙そうとしている態度は毎度繰り返されるパターンなのですぐバレるのである。

 

なぜ、すぐに姿を消すのか?

映画のマネだがマインドコントロール、とか以前は私も考えていたが、物質転送が量子テクノロジーを用いると実現済み、と知れば、最新のテクノロジーによって超能力の行使は実現する、となり、まあ、そういうことやね、と納得することができるのだが、なんのことか日本人にはわからない筈だ。だから、猿扱いされるんだなあ、と。私以外の日本人が、だが。

 

先程、攻撃的サイバーセキュリティ、というレッスンが実在することを知った。だが、量子コンピュータクラスの処理が実現しているアメリカ軍に対して、攻撃的サイバーセキュリティ、という名目でハッキングを仕掛けても、そのあたりで盗聴している探偵を後ろから車で跳ね飛ばすぐらい簡単なレベルでアメリカ軍に報復されるのでは? と。

 

サイバー犯罪者が暗殺されるシーンは一度だけみた、と考えることにする。

 

現在、クリアネットでは、私の依頼先の弁護士についてだけはアクセスされるので、Twitterから来てるのか? と思ったら、Googleの検索からであった。

 

アクセス数が増える、といってもクリアネットでのアクセスだけに。

 

ダークネットではタップも不可能にされる。カラシニコフが欲しいのだが。

それならカラシニコフを販売している人とメッセージでやりとり、と。日本人の民間レベルでは、未だにカラシニコフだから我ながらガッカリなのである。レーザー銃が欲しい。本当は。166万円の。中国の。敵軍の不動産を燃やし尽くすレーザービームとか、敵兵の頭を炭焼きにできるレーザービーム。欲しいのだが、販売されていないのは残念である。

 

エロヒムの名前をみだりに唱えてはならない。コレはエロヒムから下った命令である。聖書にはそのように書いてある。

 

なぜそういう命令になったのか?

 

神の命令の理由を考えないから未だにバカが多すぎるのかもしれない。私は、戦争を有利に運ぶために、神の名前をみだりに言うな、という禁止令になった、とみている。たぶん、イスラエルの民たちは、声が届く筈だから、と簡単に考えて、神の名前をよく呼ぶ習慣を持ってしまったのでは? 神は、神を忘れて仕事を6日間やり、1日は、神のことを忘れて休め、と命令しているのである。神のことばっかり考えている奴は神がぶち殺す、という決意があるからこそ、なのであろう。私はそう考えている。神は神で愉快にやってる。それなら、イスラエルの民たちも、愉快にやれ、と。神への祈りとかは何にもしなくても神が助けるから、と。旧約に至るまでにいろいろさはのように決まったので、このようになっている。つまり、正義をやれ、という意味以外にないぞ、と。そういうことなのである。

 

ここで、プロテスタントのある一派による、ものみの塔からの脱会サポートを考えてみると良いかもしれない。神の名前をみだりに唱えてないから。脱会させる時には、である。神がどうのこうの、ごときはみんな知っているから今更議論しても無駄だ、と。脱会するとダークネットが面白くなる、とかそういう話をして、その理由を話せば、脱会するだろう、ぐらいは誰にでもわかる。なぜなら、正義もダークネットには多数転がって愉快なだからである。犯罪サイトは焼飯。チャーハンは正義のサイト。そういうことなのである。