サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

280blockerの件

広告ブロック機能が中間者攻撃を考慮していないためにまったくダメ。

 

ダークネットを使えば不要なコンテンツブロック機能となる理由は、Torブラウザとダークネットのパワーによる、ということになる。

 

Torブラウザを搭載して、ダークネットに対応し、クリアネットは使わず、キャリアの回線を使わない暗号化電話が理想的であろう。

 

コレなら280は不要。280blockerなんて忘れていた。時々、機能する程度なので。つまり、とっくにサイバー犯罪者は、280blockerキラー機能を完成させている、と。テクノロジーについていけなくなったアプリは、サイバー犯罪者に遠隔地から悪用されることになる。しばらく様子をみて、削除の要否決定を。その間にドンドン事態が良くなっていくであろうし。

 

ところで、280がオダブツになるのと同じく、日本もオダブツになるらしい。なんとなく、開発力があるんだか無いんだか自信は無いが、開発者としてキャリアを積んでいて良かった、と感じている。280より高機能なフィルターが簡単に作れる程度でいうのもなんだが、もっと高機能なアプリを作るなら作れし。

 

ubuntuかカリかWindowsダーウィンmacOSか。PalmJavaは可能性を感じさせるものだったが、実行環境だけの機能だったような記憶がある。だが、かなり良い。

 

いまの悩みはJavaで犯人を殺せないことか。アイネットアドレスクラスがプロトコル対応の幅を広げりゃ良いだけなのだが、Oracleはクリアネットで終わりそうだしなあ、と。そこでワイン。そしてWindowsのパケット操作アプリ。つまりmacOSアプリなのだが、ubuntuの方かな? カリだとホワイトハッカーの友達が一気に作れそうな気がする。ツールを作る力があるホワイトハッカーは、アノニマスのなかでは人気が出そうなポジションだし。ダークネット対応のvmとかあるかな? あればダークネットJavaができるんだが。

 

それが悩みやね。広告ブロックで快適なキーボード操作を取り戻したので、犯人をバカにするために280はダメぢ、と書いておいた。280無しでこれだけ圧勝だし、と。

 

まあこんな感じやね。要はフィルターだからね。クリアネットって。ダークネットは自由でええね。あらゆる犯罪、あらゆる正義、どっちも揃っている。イラネーscamやスパムが多すぎるようだが、クリアネットと比べれば少ない方なのである。

 

カネをダークネットで使うなら、かなり調査した方がよい。少なくても、中間者攻撃を検知したら、中間者をブロックするぐらいのマーケットでないとね。次々に手口を変えられてもドンドンブロック、と。

 

覚醒剤とか自殺とか虐殺とかいろいろあるが、スパマー対策用のファイヤーウォールDNSサーバーで、罠を仕掛けたら良いかも。覚醒剤取締法違反で、覚醒剤をやったこともないスパマーを牢獄に叩き込む、とか。

 

戦争中だけに、コレぐらいやらないとね。