サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

Apple Configurator 2.8.1でウイルスを作り、遠隔操作する手口がWi-Fiハイジャック犯の手口の件 Facebook未公開記事

ペイロード、ときいたらウイルスと考えるる。

 

証明書ペイロードはウイルスペイロード

プロファイルペイロードはウイルスペイロード

 

まず、犯人は

Apple Configurator 2.8.1

以降を使ってWi-Fiハイジャックしている、と。

macOSバイスかな? macOSがホストOS。Boot Campかな? ゲストはWindows OS。Windowsの上でヴァーチャルボックス。ヴァーチャルボックスにカリOSインポート。

 

つぎに、macOSに戻って、と。犯人は端末のmacOSApple Configuratorをインストール。

 

ウイルス、つまりペイロードなのだが、カリOSと私のあらゆるAppleバイスペイロードをインストール。いろいろ犯行を犯して端末ハイジャック、それからWi-FiハイジャックにつなげるためにペイロードApple Configuratorあたりで作り、ソレをウイルスとして使う方法を遠隔操作用の、カリOS用の犯罪プロイトのと同時に使うことを思い立った、と。

 

証明書はすべてウイルスである。コイツらが襲ってきた以上は、である。

あらゆるプロファイルもウイルスである。コイツらが・・・だからである。

 

それと、カリOSの犯罪プロイトが作った奴をiOSにインストールできないので、犯罪EXEファイルの諸機能をApple Configuratorのペイロード作成機能で分割して作成したものを不正侵入してインストール、と。コレで通信盗聴が簡単に誰でもできることになり、犯人も同じ手口で通信盗聴されている、と。

 

昨日、大和の佐々木ですけど、から始まる電話の話声が遠隔地から深夜、私の鼓膜に聞こえてきたのだが、ここまで高機能なのだから、フランスかアメリカの軍隊の通信盗聴報復だと思うんだよなあ。

 

女の佐々木。コイツは要石の佐々木と表札が出ている、住んでいる人がコロコロ変わる家の方の佐々木ではなく、ソニーで昔、私と品質保証部の仕事をしたことがあるオンナのようである。先日、大和のヤマナカの方の業務スーパー、ここのそばの交差点、ENEOSがある方の交差点、ここで歩行妨害を仕掛けてきたオンナがソイツ。大和の佐々木ですけど、から始まる電話の主はコイツだと思うね。

 

コイツの電話の相手は誰か? 男であった。私の依頼先の弁護士の長門英悟、という人物の声をかなり低くした声、というとわかる裁判所の関係人はたくさんいるのでは? なんとなく、あの声をひくめたんだから、こういうカンジ? みたいな。

 

たぶん、電話を盗聴されているんだと思うんだよなあ。NSAが合衆国とフランスの共同作戦で、さらになんとなくサウジアラビアと日本も加わった共同作戦で、極東の情報収集では自衛隊はよくやってくれている、というネットの情報を元にして考えると、たぶん、手作業は自衛隊担当、ようは通信盗聴工作担当の作戦参加、と。あとはよくわからん。

 

その電話盗聴の音声が、なぜか遠隔地にバラ撒かれている。どうやら、新しい手口が必要になると、電話で真犯人に相談しているようであったなあ。遠隔地から聞こえる電話の中身はキレギレだったのでよくわからんが。

 

もしもし

大和の佐々木ですけど

 

まあ、そういうわけで、この大和の佐々木がAppleバイスを持っており、WindowsBoot Campでインストールしており、Windowsにヴァーチャルボックスがインストール済みで、かつ、カリOSがインストール済みで、さらに、

Apple Configurator

macOSにインストール済みなのかどうか? コレだと思うね。調べるとしたら。民間人の私やその他が調べるとすると、である。もうNSAの監視下にあるみたいだけどね。大和の佐々木。

 

こういうことなので、iOS版ウイルスが有る、無い、とかバカじゃねーの? と。

 

ここまでわかれば良い。ペイロードかあ、二つの意味で、と。

 

ソニーの品質保証部、品川の。あそこで私が働いていた同時に後から来たオンナ。たくさんいたが、たしか膝を悪くして包帯を巻いていた奴やね。たぶん。名前が佐々木かどうかは私は覚えてないし、旧姓かもだし。どうでも良いが。

 

こういうレベルなら、このようになるのであって、そのようにならざるを得ないのである。