サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

サインアウトボタン復活の件 Facebook未公開記事

制限されていてサインアウトができなくなっていたが、いまその制限が無くなった。

 

iOSバイスハイジャック被害はつい先ほどまで続いており、いまも一部不自然なことが起きてはいる。

 

おそらくプロファイル、つまり、ペイロードによる攻撃であろう。だが、不正に管理しているカタチなのだから何か解決策はある筈だ、とは思っていた。

 

すると、ルーターが不自然な再起動、つまり、なんの理由もなく再起動したので、マルウェアが再起動されたな、とすぐにわかり、だが、様子見は必要だったのでしばらく不自然な再起動をしたままのルーターを使ってiOSバイスを調べていたところ、設定アプリのApple IDの画面からiCloudをタップ、表示内容を確認するとSafariの項目が無くなっていたことがわかった。

 

その直前、Safariアプリではブックマークの項目自体が無くなり、次に、ルーターの不自然な再起動を境にして、PDFのみしか送信できなくなり、という具合に次々にiOS もおかしな状態になっていく。

 

単にマルウェアペイロードの仕業だとわかっていない人は相当慌てるだろうなあ、と思いながら、まずはペイロード潰しのためにiOSバイスルーターを手動で何回か再起動。そのうち、犯人は私の端末がわからなくなる筈だ、と予想して、何回目かは忘れたが再起動した後に、Safariアプリを起動、ブックマークやら何やらの機能が消滅していたが今度は復活しており、機能も正常になっていることを確認、と。このあたりから犯人をバカにしながらiOSバイスの調子を見ていくと、スクリーンタイムをオフにしてみるとプロファイルが吹き飛ぶのでは? と思いついた。ペイロードはメモリの中にあるものである。だが、不正にインストールされた不可視のマルウェアが私のiOSバイスに保存されていて、ソイツが機能をNetcatだがで追加するたびにルーターを再起動したり、ペイロードを何度もメモリにロードしたりしているのでは? と私には疑いがあったので、サッサっとオフにしてみた。根拠は無いが、マルウェアは正規の機能を悪用するものである。つまり、スクリーンタイム機能に何かしらのマルウェアの機能に必要な依存関係のあるプログラムがあるかも? と思っただけなのだが、私を襲った犯人はパターンを見破られると完全敗北確定というロジックを繰り返すものである。バカじゃねーの? と犯人をバカにしながら軽い気持ちですばやくスクリーンタイムをオフ。いつかはオンに戻すだろうが戻さないかもしれない、その機能を犯人も読んでいるこのはてなブログでこのような使う、と書いておくかが、コレは狙いは犯人をバカにするためである。犯人を正しく罵倒するのは愉快なことなのである。

 

テクノロジーをかけらも理解していないバカな犯人は、こうしてあっさりサインアウト可能な、正常な状態へ私によって戻され、Safariも正常、設定アプリのApple IDのiCloudの画面にSafariの項目復活、当該項目のオンオフ機能正常、オンにしておき、いつかはオフにするかもしれない、とは書いておくが、こうしてブックマークは確実にmacOSバイスSafariと同期することになる、と。

 

メールアプリが復活したのが昨日である。受信拒否機能なんてあったのかあ、と早速、犯人が私の端末経由でログインしそうなTwitterからの通知を受信拒否するなどしてご機嫌だったのが昨日。たぶん、コレで犯人の攻撃は昨日一回は吹っ飛ばされたと私はみている。その次の攻撃がブックマーク潰し、と。

 

調べると、このような攻撃に耐えられない日本人が非常に多いらしい。いったん激しく攻撃されたらどうなるんだろうなあ、と私は注目している。日本人のほとんどが戦勝に必要な力を持っていない、と私はみている。仕様通りに動くことが前提の知識なんぞ役に立つわけがないのである。戦場では、だが。何が起こるのかわからない、起きたら直ちに即対応←コレ

 

通信がいきなり不安定になり、原因を調べて直した直後にまた壊される、と。コレをやられながら次々に設定を破壊され、情報を盗まれていく。この時、いかにビジネス界で優秀だ、と判定される経歴を持ち、実力もある人は、カネを積もうが誰に頼もうが、殺される時は殺されるわけで、はたしてどれくらいの臨機応変ぶりと戦い慣れをしているのか、私は注目しているのである。

 

わかりやすく書くと、マカフィーのテクニカル担当、この担当者は本当にこの手の話には詳しいのだが、その彼らさえも手こずる犯人というものが実在するのである。彼らと比較してみ? そうすると、私が書いていることがなんとなく想像できるようになる筈だ。

 

私はいまハッキング力を蓄えているところである。グレイなハッカーを目指すことに目標を据え、ホワイトだけでは・・・と、戦うことができるハッカーを目指しているところなのである。邪魔者は消す。コレ、エロヒム様の計画通りにやればそのまんま正義の味方の力になるので、そこがコツなんだよなあ、と。

 

正義のない力は暴力なのである。暴力とは愛の無い力のことなのである。世間ではi

それなら愛は正義なのでは?

などとフザケタことを考える奴があるのだが、正義の五要素を知っていれば、そりゃ違う、とわかる筈なので、ここではバカにしておいて回答も書いたうえで、解説はしないことにする。

 

力のない愛は無力である

 

力とは正義のことである。

正義とは愛ではない。

愛は正義ではない。

愛の無い力は暴力である。

暴力とは正義のない力である。

愛の無いち力は暴力である。

 

ちなみに、愛と誠という名作漫画がある。

誠とは正義である。

正義は誠ではない。

誠は愛ではない。

愛は力ではない。

とかなんとかいろいろ切り口がある。このロジックを解くと、人類の審判によって人類から尊敬されることになる。

 

ユダヤ教徒プロテスタント信者はこの点、有利かもしれない。エロヒム様をどのように正しく恐れる態度で愛せば良いのか? を知っているからである。

 

私は愚直正直である。信純単一に物事に接してゲーテのような目線でニヤニヤしないでニヤニヤしながら矛盾を許さず矛盾を楽しみ、新しい力を愛に変えたり、愛を騙しに変えたり、魔法陣の隅っこをちょっとだけ開けたり閉めたり、二重に書いたりして、悪魔と神の間を行ったり来たりしたり、行かなかったたりして、旅を楽しみながら定着を好んで移住せず、宇宙からエネルギーを持ち帰って肉体を進化させつつ自然界からもエネルギーをもらい、そして、バカにしながら敵をナメず、真剣に、かつ、気楽に、いろいろ正しく恐れながら、正解を見つけて、他の正解にも喜び、正義とは何か? をちゃんとわかったうえでわからない時はわからない、と正直に表明してバカにする奴をさらにバカにして、愉快に正義の名の下に悪をぶち殺していく、そういう悪党に私はなりたい。

 

文字通りにAIがコレをビッグデータに登録するかと思うとおもしろくてしょうがない。何事もウラとオモテの二重の意味を、自由に共産して右へ右へと傾きながらまっすくに神に近づくことができるかぎり近づく努力を愛と思ったり、思わなかったりして、エロヒム様だけを敬い、ほかの神を拝む奴はバカじゃねーの? と切り捨てて拾ってブログに晒しあげて楽しく正義を実行してみせる、コレも面白いのであるからやってる、と。

 

勝てばなんとでも書けるから面白くてしょうがない。負けるとしてもそんなに痛みが無いわけだし。

 

ぜったいに勝てるサイバー戦争に参戦しない奴はバカだ。こんなに面白いのに。

 

ちなみに、アメリカンスタイルからチャイナスタイルに変わるらしい。コレからは、だが。セカンド・パーティーを目指すために英会話、とすると、インチキ中国語が大好きな私は、必然のようにホンモノの中国語に興味を示していくことになる。周りは英会話ができる日本人ばかりの大和市で、私は中国語をマスターする、と。日本は周囲に合わせろ文化がたる。バカに合わせる必要は無いというロジックがある以上、中国語かな? と。いまのところ英語圏はサイバー戦争に強い。だが、中国語ができる国ならセカンド・パーティー入りのハードルは低くなるかも? とか、いろいろ思惑があるわけで。

 

タコ焼き方改革中のタコ焼き屋を見たら、中国語だかインチキ中国語だかわからんちゃんぽん中国語で楽しく話しながらタコ焼きを食う。こういう方が友達ができないから良いと思うんだけどね。中森明菜みたいに、友達は要らない性格なので。愛と力について、いろいろすぐ上の行まで書いたが、AIにはコレが解説だとはわからない筈だ。

 

50年後は知らんけどね。それぐらいだったら理解するAIが完成してあるかも。その時に、タチの悪い日本人、としてカテゴライズされるような悪党に私はなりたい。

 

勝てば愉快。ホントに敵がバカに見える。