詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

マルウェアについて Facebook未公開記事

クラス分け

様→極悪=犯人のファームウェアまで破壊する

 

さん→悪=犯人の通信を遮断する

 

 

ロジックポム=極悪→ロジックボム

 

ロジックボムで防御力と攻撃力をアップすると良い。

アンチウィルスソフトウェアで対策済みなら、ちょいロジックボム系を探す。亜流ならいくらでもありそうは有名なマルウェア様は極悪なのである。

 

正しいマルウェア様の使い方、用法

自分のネットワークを攻撃するために使う。DNSハイジャック推奨。

他人、組織の端末やネットワークは攻撃しない。不正アクセスしてくるサイバー犯罪者だけを滅ぼすためである。

 

自分はちゃんとブロックすること。

防御に使う、ということ。

 

ここまでやると、同じIPアドレスを使ってくる不正アクセス者だけがマルウェア防御網に引っかかることになる。

 

防御網に引っかかるサイバー犯罪者は、引っかかった瞬間に、自動的に迎撃されることになる。マルウェアに飛ばされるからである。

 

サイバー犯罪者の間で流行っている最新のマルウェアを防御網に使うと良い。

マカフィーのセキュリティブログ=推奨。

Ciscoのタロスブログ=推奨。

 

マルウェアだけでなく、ランサムウェアやウィルスにも情報収集用のレーダーは貼っておくこと。調査のために、である。

 

現在、人類は、愛されるマルウェアを決定する人類の審判を続けている。そのうち、Amazonマルウェアがランキングに入ってくる筈だ。ウィルスでもランサムウェアでも良いのだが。

 

Newton OSは個人向けのOSとして未だに最強。インターネット対応済みのバージョンならまだ使用可能。ただし、Newton OSに対応した数少なく、もはや古くでどこにも売っていなさそうなWi-FiカードとWi-Fiドライバが必要。Newton OSのアプレットを集めたサイトがある。そこで調べると見つかる筈だ。

 

もし、Wi-FiでNewton OSデバイスからインターネットに接続する場合は、同時にiOSバイスで防御。ネットワークごと防御。Newton OS用のマルウェアはなかなか無いので、Newton OSは壊されないのはわかっているのだが、不正アクセスしてきた犯人を滅ぼさなければならないため、iOSバイスも使って防御網を張り巡らすのである。

 

しょうじき、Newton OS対応アプレットでもう他は要らないのでは? iOSで金も儲けられる相手と通信できていれば、だが。企業社会とは無縁で金儲けすりゃ良いだけなのだし。

 

個人の力をアップする OSはNewton OSだけ。他のは高度なセキュリティシステムがなければ使うことは不可能。高度なセキュリティシステムとは、IBM社が構築しているIBM社専用のシステムのこと。

 

Newton OSは企業向けにApple社が開発した OSである。98年に製造打ち切り。

 

Newton OSはアプレット次第で個人の生活を豊かにする。だから、今でも支持されている。高度なセキュリティシステムは不要。防御はiOSバイスを使えば完璧。

 

古いMac OSマシンを持っていればもっと完璧。Newtonで作ったデータを利用可能なデバイスにPCも含まれるようになるからである。