詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

日本の司法のASナンバー、ネットワークをブロックする の件Facebook未公開記事

私を襲うサイバー犯罪者たちは、犯罪量産犯罪、と私が呼ぶ犯行を繰り返している。

 


日本人は遠隔地からの攻撃指示を受ける準備万端の毎日を送っており、私には聞こえないが、犯人には聞こえる遠隔地からの攻撃指示の声が聞こえると、瞬時にターゲットにされた被害者を攻撃するようになる。

 


この区別を私がつけた。そして、このブログに簡単な内容に変えて、しかし必要な内容はそのまま確実に伝わるようにして書いている。

 


すると、攻撃指示だ、と理解した日本人が抵抗運動をただちに参加するようになってきたのである。正体がわかれば、脳を支配されてたまるか、という抵抗を始めるのは当たり前だし、意味がわからなくて遠隔地からの音声攻撃を耐えていた人たちがわけもわけらず、奪われた自由を取り戻すために抵抗していることも当たり前で、さらに、被害者は当たり前のように抵抗してきているのは当然すぎふことで、日本における抵抗運動は今後もより強力になっていく、と私は予想しているのだが、この私の予想は当たるかどうかはわからない。

 


敵が明確に描けていないとつまらなくなる。抵抗運動は創造活動による作品の創造と同じである。

 


つまらなくなると、

抵抗をやめてしまう者もいるだろう。

つまらなくなると、抵抗力弱くなる者といるだろう。

 


自由を電磁凶器かもしれない兵器で奪い、奴隷化する攻撃をする攻撃者がいる、とはっきりわかっていても、である。

 


敵の攻撃があることを口に出さない、出せない理由は、攻撃者に殺されることがわかっているからである。

 


それなら、多数の抵抗活動家が少人数の攻撃者に一斉に襲い掛かったら?

 


必ず抵抗は成功する。当たり前だが、抵抗力が先なのである。抵抗する対象になる攻撃者が判明するだけで、抵抗力は一気に高まる。

 


奪われた自由を力で取り戻し、損害を敵のカネで埋めれば、その力は買った瞬間からさらにさらに強くなる。当たり前だが。

 

 

 

では、攻撃者を特定しよう。横様家庭裁判所が敵である。思考盗聴は仕事だ、と警備員が反論し、攻撃者に一方的に加担する仕事をするのが裁判所だ、とあらゆる機会を逃さず、かつ、正体がバレないようにしながら主張し、抵抗する者を殺しまわる。コレが攻撃者であり、具体的には横浜家庭裁判所である。

 


私の実体験による判定だが、正確な判定であり、だが、これだけではなく、抵抗運動に加担した人たちそれぞれの実体験で判定される他にもいる攻撃者が判明することを予想すると、当然、ほかの裁判所もまったく同じだ、という結論に達するわけで、私は神奈川県に住む抵抗運動参加者は、神奈川県にある特別裁判所とされる横浜家庭裁判所、普通裁判所と分類されたその他のすべての裁判所を攻撃すれば、神奈川県で裁判所に奪われた正義と自由を奪いかえすことになる、とすぐに理解できた。

 


よく似た抵抗運動は、悪に堕ちる前の、アドルフ・ヒットラーをリーダーにしたナチスの抵抗運動である。よく似ている。純粋な正義の力で彼らは餓死させられるドイツ国民を、本当に、事実、救う抵抗運動を展開したのである。調べれば誰でもこのことはわかる。

 


わざと逮捕させて、わざと何をドイツの司法がやったのかを、コレをヒットラーは公開した。当時はインターネットがなかった。本を出版してヒトラーは見事に正義をドイツ国民の心に流れるように変えて、その結果、私がみるかぎりの表現になるが、エロヒム様から流れてくだる正義がドイツに流れ込むように変え、ドイツ国民の心に流し込むことにも成功し、新たな正義をドイツ国民の心にうませ、エロヒム様の軍隊が持つこれまでの正義を新たな正義で更新もし、その結果、エロヒム様の物凄い軍勢の中にドイツ国軍をも含めてポジションを得られるようにも変えた。コレがヒットラーが悪に堕ちる前の正義の抵抗運動による大きな成果である。

 


いつ、ヒトラーが悪に堕ちたのかは、1945年5月ぐらいかな? ベルリンに一番乗りをした旧ソ連軍が徹底的に調査したのだ、と私はみている。焼死体で見つかったヒトラーを、その事実を鵜呑みにせず、何があってヒトラーが悪に堕ちたのかを徹底的に調査したのだ、と私はみている。

 


この悪に堕ちたヒットラーナチスそのまんまなのはなにか?

ディープステートではないか? ケネディアメリカ合衆国大統領暗殺事件の裏にいた巨大な国際犯罪組織の。

このディープステート臆病さや残酷さ、卑怯ぶりは、そのまんま日本人なのである。私がみたかぎりでは。実体験からはっきり書くが。

 


では、日本民族が巨大な国際犯罪組織であるとして考えを進めると、敵さえわかれば一気に目覚める日本人、という構図が隠れており、日本人をマインドコントロールの手口で奴隷化する遠隔地からの攻撃指示を出す攻撃者が恐れて隠すものは、日本人に自分たちが敵だ、殺そうとしている攻撃者だ、とバレることそのものではないか? と考えが進むことになるのである。コレは私だけではないだろう。日本の司法といえば、誰でも関係者はわかる筈だ。思考盗聴してんのかっ! と怒鳴りつけると、私ら仕事で質問しているのですから、と平然と答えるような裁判所なのだから、実体験するとなおさら敵が誰かがハッキリするし、判決が日米安全保障条約に反するものが出るなどわかれば、日本の司法は安全保障体制を破壊する組織だ、とハッキリわかる筈だ。

 


それでもまだ証拠を求める、など裁判所のような日本人がこの記事を読むアンタらであるなら、

 


証拠を求めてみろ、と私は考える。

私は、司法のネットワークをすべてブラックリストに加えることで、次々にサイバー犯罪被害が止まる、とみている。別に大変な作業ではない。日本の司法のネットワークをASナンバーからみてネットワークIPアドレスは誰でもすぐに入手可能だし、コピーペーストさえできれば、そのまま広告ブロックアプリのブラックリストにも簡単に登録できるのである。

 


こうすれば、次は、日本の司法の関係者の持つ通信デバイスをブロックする作業となる。

 


たったこれだけで、サイバー戦争に有利な防御力を持つことになる。実際には、裁判所内のネットワークに属するPCなどから攻撃することはしないだろうから、抵抗運動の参加者の狙いは、日本の司法関係者が持つ個人用の端末だ、ということになるだろう。

 


その時、日本の司法関係者が行う、他人のネットワークに不正アクセスして不正侵入する手口を逆手にとって、ハイジャックし、司法関係のネットワークを遮断するブラックリストを彼らにぷつけながら、フェイクサイトをもブロックしていけば、不正侵入した日本の司法関係者の持つ端末にマルウェアへのURLへ誘導するだけで、彼らは何もできなくなる。パスワードクラック用のサイトをブロックして、そのブラックリストの状態を彼らにぶつけながら、マルウェアへ誘導すれば、何も通信ができなくなる。

 


そのうえ、OSが次々にサイバー戦争に勝利するためのセキュリティテクノロジーを向上させているのである。

 


さらに、日本の周りには、ロシェ連邦軍、韓国軍が軍事的実効支配圏を持っているし、日米安全保障条約の締結以来、日本を押さえ込むアメリカ軍がある。日本の犯罪量産犯罪を繰り返す日本の司法は、コレら圧倒された火力の差に加え、アメリカ合衆国の安全保障上の軍事的同盟組織である日本の内閣と、シビリアンコントロールされ、情報収集活動において優秀、と評価される自衛隊の火力を常に必ず、忘れているのである。

 


攻撃者は、常に必ず1人の攻撃対象の者しか意識しない。1人1殺主義なのである。この主義はテロリストの主義である。そして、このテロリストの主義である1人1殺主義は、左翼思想、狂信的宗教、民族主義者などの、人種差別主義を含む考え方で、民主主義者や社会主義者がコレに当てはまることになっているのは、思想がわからない人でも、世界各地で起こる治安維持活動を調べるだけで、結果的に理解するようになる筈だ。

 


たとえば、香港、と私が書くと思うだろうが、ここではウイグル自治州における治安維持活動の名前を挙げておく。

 


日本の司法関係者がヒットラーを悪に変えたのかもしれない、という観点から、ケネディ元大統領暗殺事件の黒幕でもあるかもしれない、と疑い、さらに、日本の判決をズラズラ並べ、そして、民主主義者と社会主義者は、自由主義とはまったく別で、敵対関係にある、と学べば、国連の世界人権宣言に書かれていないが明確に読み取ることが可能な、

人類は、思想、信条、人種、性別などのあらゆる違いを超えて団結して、人類共通の敵を戦わねばならない、

ということの意味に気がつくことになり、その結果、オカルト戦争になった第二次世界大戦以降のすべてのことが理解できるようになるであろう。

 


そうすると、日本の司法関係者に遠隔地から攻撃指示をされればすぐに攻撃に入る、という日本人は、戦前の、不可解な、日本国民の一斉に同じ意見を持つようにしか見えない行動ぶりをも理解することになるであろう。

 


脳を日本の司法関係者に支配された状態なら、その日本人は人間ではない。単独で行うことができふ能力は無いからである。

 


古い制度しかなく、最新の事件に対応することができない裁判は、一切利用しない。

 


コレは、遠隔地からの音声が聞こえない、と主張する司法関係者では、最新の事件がこの遠隔地からの音声を使って行われている現在、すべての事件に対して対応不可能になっている、ということを意味している。

 


対応不可能な日本の司法のシステムは、犯罪量産犯罪システムだ、とまでわからなくても、彼らに奪い取られた自由は、日本国憲法で認められていない、抵抗権を根拠にすれば使える権利で、国連に日本が加盟しているのかいないのか、国際刑事裁判所条約に日本が加盟しているのかいないのか、などは、調べれば誰でもすぐにわかることであり、それなら、日本が締結した安全保障に関する条約の意味は、生活の安全を保障するという意味であることもわかつてくるし、さらに、日本国憲法日本国憲法に矛盾してはならない、と決められて国会で完成をみた戦後の日本のすべての法律は、人類から奪ってはならない権利である抵抗権を、完全に捨てた法律ばかりになる、とわかることとなり、ファイルレスマルウェアなど次々にサイバー犯罪の手口が変わる、スピードが速く、変化が激しいITセキュリティの分野には、すぐに対応不可能になる、とまでわかることとなる、と。

 


ここまでわかると、日本人がなぜここまで人類に嫌われるのか? ということを実体験で得たくなる筈である。本当に日本人は憎まれているのかどうか? 知りたくなる筈である。そして、この日本人の疑いをとっくに知っている海外では、意味がわかればわかる表現で、のみ、答えることが可能な言語文明を持つだけに、日本人には国際感覚が必要だ、という結論の意味がわかればわかるようにしか答えることができない、ということをしることか始まる筈だ。

 


行動をみていれば、誰でも愛すべき人に達しているのかどうか? はすぐにわかるのである。ダメだ、と審判されたら、日本人の↑疑いは、日本人自身が解け、ということになるのは当たり前なのである。

 


わざわざメモリアルデーの前に、インディー500で日本人が初優勝。このレーサーはバカだ、と私は考えたので、Facebookにフライ記者のことを書く投稿をして、優勝しやがった日本人レーサーを集団ストーカーとみなしてバカにしたのである。タイミングを合わせてハラスメントをするパターンそのまんまなのだから。

 


コレからは横様家庭裁判所の仕業だ、と常に必ず強調する投降をすることになるだろう。仕事で思考盗聴している、という横浜家庭裁判所をバカにすることも。

 


いまの時代、誰が代わりに復習するのかわからない。

 


日本の司法関係者が、ナイジェリア419国際詐欺組織を操っているんだろうなあ、と思いながら、ナイジェリアの黒人好きの、デートサイト登録日本オンナが覚醒剤の密輸をして、すでにバレた場合は、逮捕させて証拠隠滅かあ、と思いながら、でもある。