詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

敵兵に奪われた不動産と現金は4000万円以上となっている件Facebook未公開記事

遠藤厚子と遠藤いさほ(後者は事故死)が敵兵であることを知っていたのは、私の父方の親戚だったらしい。

 


祖母の遺産分割の話し合いがついた後に、不動産を返せ! という父方の親戚から電話が一度あったのを私はいま思い出し、コレを書いているわけだが、その電話が遺産分割協議の後にきたため、なぜ決まったあとの今頃に? と思ったことをも書こう。同じ手口を用いた不動産登記詐欺をしたらしい下原明とかいう司法書士が大和にいるそうなのだが、相当揉めていたのを私は目視して知っている。いま私が書いたこの裏の事情は、遠隔地からの音声によって広範囲に送信されている内容なので、私が実際に確かめたわけではないのだが、遠藤厚子と遠藤いさほと、私の父方の親戚が激しく揉めた点が似ていそうだなあ、ソレなら遠藤厚子は地上げヤクザをしている公務員だし、ソレなら地上げヤクザをしている法律家、という構図は、なんとなく私には理解しやすい構図なので、ソレなら書いておく価値はある、と判断してOKだ、と。私は考えたわけである。ここにちゃんと書いておく。ちなみに、いまの時代はマルウェアを削除する時代であるのは本当。地上げヤクザの公務員や裁判官、弁護士による攻撃に戦って勝つと、彼らに奪われた自由を奪い返すことができるようになるのも本当。去年からは、地上げヤクザの遠藤厚子と川崎の地上げヤクザ弁護士の関口が敵兵だ、と確定したところであり、悪の基準も長門英悟弁護士による行動で足り、2020年のいまは、削除段階へ入った、と。

 

 

 

そこで、

今回、私を襲ったすべての攻撃が

遠藤厚子の蓄財と、遠藤厚子が依頼する先にいる者たちの利益になるカタチ

から発生していることがわかっえ以来、

私は、

敵兵に対する態度が、

もしかしたら、

父方の親戚と共通するかもしれない、

と思うことになったため、

自分の考えを整理してみたのである。

敵兵を皆殺しにする作戦は、すでに政治決着による作戦となっているようだし、

では、私が感じた敵兵たちの近似ぶりに対する感じたことアレコレは、どうなのか? 正しいのか? 間違っているのか?

については、

たしかに父方の親戚をはじめとする人類と共通していることがわかる結果となった。

犯行グループの確定である。コレで、遠隔地から送信されている横行する日本の不正を告発する内容に合致することになった。私は実体験で敵兵を確認しているが、その実体験は、日本を監視するシステムにより、リアルタイムに記録され、判定され、そのあとの安全保障上の問題を担当する担当者による判断を受けて、治安維持に活かされることになるようである。敵兵が私の真後ろから車道に吹っ飛ばされたり、左側頭部を狙撃されたりするまでにかかる時間は、当時、訓練期間だったらしい? システムでも1年。削除段階に入ったいまは、どれくらい早いのか? 物凄く早い、と私はみている。

 


敵兵は現在、私を餓死させる訴訟作戦をスタートさせている。

 


地上げヤクザの手口で攻撃されているらしい私の父方の親戚は、

殺害目的を持つ遠藤厚子や遠藤いさほに対して、

かつて、

一円たりともテメーら殺し屋に相続させねー! と決意していた。

 


正義に関しての態度が正常である日本人なら、当然、このような態度をとる。私は武装を進めようとしており、武器の選定段階に入ったが、政治決着による報復、ということは安全保障体制維持のための各国の政策に支障を来すことになりかねないので、作戦を立て直しているところなのだか、こういう理由なので、けっして犯行グループの命を長くさせる効果を無視しているわけではない。犯行グループが一瞬でもはやく滅ぼすことは、つまり、いまでもまったく変わらず私が強く支持する考えである。

 

 

 

敵兵に奪われた自由とカネと不動産は、戦って勝って奪い返す

 


敵兵とは犯行グループ。犯行グループとは日本の司法関係者と共犯。彼らは地上げヤクザである。地上げヤクザが使う古い制度ではもはや私たち人類には勝つことは不可能。裁判は無効の連続。彼らはすでに自分の脳を他人に支配されている。

 


もし、

私がいま、

世界の安全保障体制を維持する政治を慌てさせない方法で、

できる範囲内にはなるが、

軍備の増強を図り、

仲間を作り、

報復作戦を立てて実行したら?

たくさん集まる仲間の中に父方の親族も含まれるのかもしれない。

 


現在、

敵兵は、

私を餓死させるために裁判制度を使っているのだが、

こういうことは

昔から

日本ではよく悪が使う手口として

有名である。

 


裁判制度自体が

彼ら悪党が使うために機能している、と国民から判定されて久しい。

コレは、

一力一家に対する市民の監視活動をはじめ調べれば誰でもわかることである。

 


殺害目的で裁判を起こした者を、

逆に殺害し、

彼らに奪われた自由やカネ、不動産を取り戻す、という報復方法も

また、

日本ではすでに久しく使われており、

いまもまた

このような方法で治安維持に貢献する人がいる、というカンジなのである。

いまの日本は、である。実体験するとよくわかる。

 

 

 

地上げヤクザに対する報復は、

見ていればすぐにわかる。

 


私が知っている実話だが、

土地のブローカーをしている企業が地上げヤクザに襲われて、

信用が破壊されるなどして倒産間近に追い込まれた後、

裁判を攻撃者に起こされて、

はじめて犯人を確定できた、

できてから、

実力をもって攻撃者を排除、

現在まで営業は続けられていると。こういう話である。

 


彼らが言うには、

攻撃者が確定的になる頃には、

警察はこの事件に対してとっくに動けなくなっている、とのこと。

私が想像するに、火力に勝る軍隊に押さえ込まれたから、または、政治上のプレッシャーをかけられた、ということか? と。確かめられないので私は断言はしないが。たぶん、そういうことであろう。

 


司法制度が攻撃者のために一方的な偏りを見せるのは、すでにわかっているので、訴訟を煽る弁護士などはすでに報復する側からは相手にされなくなるのも、この段階だ、と。コレは、遠隔地からの音声の内容で私は知った。報復者と同じ被害を受けている私は、まさに、このとおりになっている。したがって、遠隔地から日本の不正をあばく音声の内容は正しい、と私は考えている。

 


報復を決意した彼らは、訴訟は無効、と判断し、ソレは正しく、そして、裁判を無視して従業員全員で攻撃者を襲い、追い払った、と。

 


グリコ森永事件を思い出したら、グリコと森永の社長一族もまた、今日では地上げヤクザだな、と判定されていそうだ、と想像することができるね。

 


いまだと、

司法と郵政が不正の横行する分野である。かなり多くの攻撃者がいそうだ、とわかる。

 


C2サーバーや攻撃指示サーバー、騙し用のチャット、騙されて地上げヤクザになった市民、極悪広告、cloud flareのサーバーアプリ、フェイクサイト、フィッシング詐欺オレオレ詐欺の構図は、日本の司法そのもの。あとは、実体験なりして犯人を特定したり、政治決着で滅ぼしたり、と。楽しく愉快な人類の未来のために、邪魔者は消す。こうならないとロジック上おかしいわけで、そのようにするから、このようになるのである。

 


いま私が攻撃者に報復しようとしている理由は、

以上のとおり。

 


だが、

ケネディアメリカ合衆国大統領暗殺事件に関わった犯人たちが地上げヤクザか?

とも疑っている私は、

ゾロゾロと現れてきているようにみえる裁判の、私本人を除くすべてのアクターに対して、

本当にディープステイトか?

こいつらが?

というところ、さらに、日本を監視する削除システムにも、コレらのアクターすべてとユースケース、ステートマシンを見せたい、と。

真実が知りたいからである。スノーデンもこういうことなら私とまったく同じ考えを発表する筈。

 

 

 

削除システムとは、

ウイルスを検知したら削除する、というアノ機能を用いたなんらかの治安維持活動で使用されているらしいシステムのこと。

 


地上げヤクザたちは、

意味を知らないままに削除されることになる。

 


したがって、

人類は、

彼ら地上げヤクザのイチイチの言動を、

マインドコントロールによって言わされ取らされた言動と断定して、

彼らをバカにし、

彼らを人間扱いせず、

自分の意見のみは彼らに一方的に話して

あとはサッサと自分のやるべきことに戻る、

というようなマイペースな言動を心がけると良い。

 


必ず勝てるサイバー戦争なのに、参戦しない奴は、戦後、人類からバカにされるのである。地上げヤクザに勝てば、彼らに奪われた自由が取り戻せる。ここまでわかれば、参戦しない奴は、

ウサギのように臆病で、

かつ、

卑怯で残酷

な日本人扱いになるであろう。

 

 

 

 


まあ、そういう感じやね。

 

 

 

正義は必ず勝つ。ソレはなぜなのか? という点に私はとても気を惹かれている。