詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

突進して立ち去る奴の狙い の件 Facebook未公開記事

スマートキー、ICカード狙いの窃盗が突進して立ち去る奴の正体である。

したがって、

このように歩いてくる者がいたら、スマートキーやICカードから個人情報を盗み、車上荒らしや家宅侵入しての窃盗だ、とわかれば良い。私のみるかぎりでは、コレらの窃盗たちは殺されていくようである。車を潰されると、コレら窃盗犯はイヌを連れた散歩などのして、表題の窃盗に着手、その後、他人の敷地内に侵入して中間者攻撃などを外壁ルータを使う手口で行うようになり、その後、私たちには見えないドローンに搭載されたカメラによって犯行現場を撮影されて処刑されることになる、と。

 


私はコレら窃盗行為が組織的に行われていそうだ、とワンパターンな手口をみて確信し、その組織とは日本の裁判所だ、とみて調査しているところである。警察による攻撃が多数あるので、まず間違いない、とみているのだが、さらに、サイバー犯罪の手口にある、攻撃、指示サーバーやC2サーバー、scamチャット、不正広告、フィッシング詐欺などみていると、この犯行の構図が日本の司法そのものであるので、より確信は深まる一方、実体験した殺人目的の調停なども私は持ったため、この確信はいまでは揺るぎない確信へと進歩している。まあ、そんなカンジやね。

 


命令とかちゃんちゃんらおかしいので、裁判所と司法警察と役所は拒否すると良いのでは?私の場合も、だが。拒否することで私は生き延びられるようであるし。もしかしたら、あんたらの場合も、であろう。やってみればわかる。窃盗グループは、犯行がバレているので反論できなくなるようだ。私の場合は、だが。

 


そこで、

迷惑フィルターの機能を思い出すと、Twitterって日本の司法が作った攻撃用SNSだろ? という疑惑を持つことになるのである。Twitterはぜったいにブロック、ブロックしたくない人は自由にアクセスできる、という扱いをTwitterが受けているのだが、その理由は何か? 私には実際のところはわからないのだが、Twitterを拒否することは自由が保障されることかもしれない、と考えるに足るさまざまな情報を持ったので、ブロックして良さそうだ、と考えることにした。Twitterの広告アプリケーションを使った誰かのサーバーだけをブロックしてもしょうがない。Twitterごと否定。コレかな? と。大事なことは、だが。

 


Twitterを否定して久しい私は、その後、コンビニなどのフリーWi-Fiから始まり、フェイクサイトわ通って、攻撃してくるバカを潰してきたのだが、当然、フェイクサイトもTwitterをブロックすることと同じ意味でブロックしていることは、すでにこのはてなブログのこのアカウントの記事に書いてある。

 


敵の進撃路の各アジトであるフェイクサイトは、広告システムを通じて隠され、私の端末を攻撃してきた。そして、いまは私に血祭りにあげられているわけだが、敵軍にとって重要なフェイクサイトは占領してこっちの陣地にし、敵軍を攻撃する拠点の1つとして使うことは最高。だが、コストの問題もあるので、私は陣地に攻撃してきたバカを血祭りにあげる作戦に変えている。非常に簡単にバカを迎撃できるので私はこの作戦に切り替えて成功だった、と考えている。

 


この敵の進撃路からフィッシング詐欺などの機能が呼び出されているので、どんなにブロックしてもしつこく攻撃してくる場合は、フェイクサイトをブロック。

 


こういうTwitterをブロックするノリでさまざまなサイトをブロックしていると、日本の司法のネットワークが犯人として浮かんできた。

 


不正が横行する日本の司法のネットワークをブロックするとどうなるのか? は、コレから試す。そのうち、日本の司法関係者の個人使用されている通信端末をブロックすることになるであろうから、作戦を考えなければできない実現しないことだ、と私は考えている。つまり、手始めに日本の司法のネットワークだけブロック、と。

 

 

 

 


まあ、こんなカンジである。突進してくるバカがすぐ近くて方向を変えて立ち去る、などしたら、スマートキーとICカードから個人情報を盗み、車上荒らしや泥棒を働こうとしている、と断定して良い、と。犯行グループに勝ち続けると、どうせ日本の裁判官を攻撃することになるので、そのつもりで陣地を運用すると良いだろう。