詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

コロナ様頑張れ。日本のバカをぶち殺す政治が応援中 の件 Facebook未公開記事

日本におけるコロナ様の大活躍を世界中が望んでいる。なぜなら日本人が地上げヤクザだからである。

 


日本人はカネだけ出せ

迷惑だからコッチに来んな

 


そして、神との契約によって現地人が得た土地を日本人が地上げし、現地人の殺害を実行している。この殺害を含む地上げは、日本の裁判所の攻撃指示によって行われている、と私はみている。実体験からこう書くが。

 


さて、コイツらバカどもをぶち殺す政策は、レーガンアメリカ合衆国大統領の時代から行われているようだ、と私は考えているのだが、安全保障に関するアレコレを調べていくと、このように、日本人への報復が行われる理由が安全保障に関する観点から行われている、とわかってくる。たとえば、レーガン政権時代、日本の自動車メーカーがビジネスによってアメリカの自動車工場労働者たちを殺害しようとしていた。アメリカ合衆国の自動車工場の労働者は、政治による決着を望んだ。その結果、日本人への迫害をちゃんと政治が行うようになった、と。

 


では、2020年の現在ではどうなっているのか? 安全保障とは? と考えてみることになるのだが、

コロナウイルスが見事な活躍を海外の悪党を対象として見せるようになった、と私にはみえている。アメリカ合衆国においては、テキサス州の刑務所に叩き込まれた有罪人たちの間でコロナ様が大活躍し、さらに、同合衆国における大統領選挙で不正行為を働こうとしている郵便関連の職員の間でもコロナ様が大活躍を始めている。見事な神の裁きである、と私はみている。

 


さて、私は立場上、ウイルスには強い。エロヒム様から加護を頂くことができるまでに鍛えたからであろうが、免疫力が非常に高く、いつも身体は暖かい。暑いぐらいである。ウイルスを叩きのめすため、私の体内では常にそのような免疫的熱が発生しているのである。

 


こういう強さを私は持つようになったため、ウイルスは常に私の体内にあることは、ほかの日本人と同じでも、元気になるのは私、死ぬのは日本人、という点で違いがあり、私はこの自分に与えられた祝福的特徴について、タイヘン愉快に思っているのである。安全保障に反する奴らを見つけたら、単に咳き込めば良いのであるわけで。コレで敵兵は滅びることになるわけで。正義の名のもとに敵兵ヲぶち殺してまわることは、タイヘン愉快なこと。私は敵兵を見つけ次第、報復を必ずするようにしている。その結果、さらにエロヒム様からの祝福を与えられる毎日となっているのだが、地上げ屋はコレを理解することはできない筈だ。朝からたいあたりなどして攻撃してきた大和の文化センター、シリウスの職員が、19:30になるまでに数回にわたり、マスクを着用しろ、と迫害をしてきたので、明日からコイツらを殺害するための作戦に取り掛かることに決めた。すると、タイヘン素晴らしいことに仲間らしき声が集まり出したようなのである。遠隔地からの音声によれば、

誰がみたって、大和のシリウスの5階の職員、地上げ屋じゃねーか、

と始まり、

スキミングやってんじゃねーのか、そばに来たぞ!

と続き、

殺せ!

となり、さらに、そういうことなら明日から侵略開始、と鶴間方面から仲間の声が高まっている、と。まあ、そんなカンジやね。

 


大和のシリウスの5階にいた女従業員が、体当たりをし、マスク着用をしつこく何回も言いに来て邪魔をする

 


ちゃんとインターネットに公開して、人類の審判を受けることにした。ソレ以前に、戦争裁判システムがリアルタイムに監視しているわけで、もう裁きの段階に入ってるのでは? と私は思うが。

 

 

 

彼ら地上げ屋スキミング目当ての攻撃をして、その結果、どういう裁きを受けるのか、タイヘン楽しみである。内閣もアメリカ合衆国も、当然、裁きに参加するので、彼らは誰を敵にまわして戦争を仕掛けたのか、だんだんハッキリしてくるのではないか? 彼らはどうせサイボーグだし、黒い血が脳に流れている存在だし、何日かかるのかわからんが、注目していた方が良いだろう。

 


さらに、彼ら地上げ屋側の奴らがシリウスの客として多数見つかっているので、咳き込み続けてみるかあ、と。

 

 

 

コレ、ぜんぶ、遠藤厚子の蓄財と、遠藤厚子の依頼先の蓄財のための攻撃に対する裁きなんだよなあ。

 

 

 

ところで、

インフラ系の機能を、そのまんまビジネスに採りこんで失敗している社長が多すぎるらしいことがわかった。ビジネス上での失敗を多数集めて抽象化し、そのアブストラクトな機能を共通系の機能に変える、と。ここまでは達人が世の中に示したことで、バカな社長がそのまんまやるから、失敗する、と。

 


一般化、というと、たぶん、インフラ系、またはフレームワーク系だろう。普通に考えると。たとえば、フィルター機能が失敗の中から一般化されて、どのWebシステムでもフィルター機能はこうあるべき、というようになったとする。tomcatとかWeb logicとかで。そのうえに、ビジネスロジック、と。こうやれば成功する、と。

 


それなのに、ビジネスやってんじゃねーの? と言われてしまうほどのミスを社長がやらかしているこもが多いらしい、と知って、私は新たにバカにすることができる日本人を見つけた、とわかることになった、と。

 


フィルタークラスの機能をビジネス層でやる。こんなバカな客の追い出しは、さすがにバカすぎる。

 


たとえば、マスクをしないと入場お断り、と、大和のシリウスがやり、

大和駅の近くにあるソフトバンクのショップでは、検温して37.5度以上の体温だと入店お断り、とかやっているのだが、バカじゃねーの? と私はみているのだが、ソレは、インフラ系の機能をピシネスでやるから、バカじゃねーの、なのである。失敗していることにきがつけないなら、社長に私の方から報告しておこうか? バカな社員とバカな社長の組み合わせなのかどうかを、私は知りたいからだが。

 


マスクを着用しろ、は、政府が国民に言うならわかる。オマエら民間人が言う話ではないのだが。コレでもわからなそうだから、バカと断定して私が言い換えてやるが、こういうことだバーカ。

 

 

 

いまの日本はこんな感じやね。殺害目的で裁判やる奴らに便乗して分前を貰おうとしている、と見られていることに気がつく能力さえない。なぜこんなにバカなのか? 日本の司法が作ったサイボーグだからであろう。

 


敵兵はサイボーグだ、とはいきなり私が書き始めたので、アレ? と思うこのブログのこの記事を読んだ人がいるかもしれないので、一応書いておくと、ついこの前からわたしにもわかってきたし、重要なことでもあるので、唐突感はあるものの、そうならそうで、一応説明を書くことにすれば良いや、と決断、この記事から書くことにしたわけである。

 


この私の考えは、海外とも共有していく予定である。ケネディ元大統領を暗殺した奴らだ、と私はみている、といえば、わかるかもしれない。共有したいなあ、と私が思う人たちが誰なのか? が。ちなみに、人類共通の敵敵兵をぶち殺すためなら、人類共通の敵を持つ者で、かつ、正義の方の人たちとなら、私は自由に協力していくことにしている。

 

 

 

 


まあ、こんなカンジやね。