サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

次の殺害目的の地上げ屋を発見 殺害目的の地上げ屋の名前は藤井

私が実体験してきた殺害目的の地上げ屋とまったく同じパターンだったために正体が私に判明したのは、厚木市にあるセイノー情報サービスという企業で働いていた藤井、という奴である。

 

コイツか2011年頃に大和の相鉄ローゼンで私を襲ってきた地上げ屋

 

 

遠隔地からの音声によれば、

コイツは痴漢の常習犯、窃盗の常習犯、サイバー犯罪の常習犯、とのこと。藤井の目が人間の目になっていないことを確認した安全保障体制を維持する担当部署は、藤井を完全に特定、藤井の考えることか犯罪に関するモノばかりであることから、凶悪犯として数多くの?レイヤーに藤井の思考を記録していた、らしい。

この数多くのレイヤーが、誰の思考なのか? を特定する作業は昨日行われているらしい。私はその作業の現場にいるわけもない立場なので、遠隔地からの安全保障に関する音声を聞き、やっと何が起こるのか? を知る程度である。

 

弁護士一家皆殺し事件や世田谷区一家皆殺し事件は、藤井のようにサイボーグを支配する主犯格のために安全保障上の理由で削除されたことを示すらしい。私はその場にいなかったので、わからないのだが。

 

日本の司法関係者やマスコミが正義を破壊する日本は、コレから本当に犯人が削除される時間が加速する筈だ。もはや、日本人の思考は完全にシステムに捕捉されているらしい。国松もまた安全保障の体制を維持するための軍によって狙撃されたらしい。私にはわからんが。

 

厚木のセイノー情報サービスという企業で働く藤井は、厚木市座間市大和市にサイボーグをばら撒いているらしい。遠藤厚子という私の妹にあたる地上げ屋が私をずっと襲い続けているが、コイツはコイツで、藤井とは無関係の犯人のようだ、と私はみている。

 

長門英悟という上大岡の弁護士は目玉が黒いので、サイボーグを支配する藤井とは異なり、人間らしい。私にはそのあたりはまったくわからんが、殺害目的の地上げ屋だ、とはわかる。

 

目玉がガラスのように薄く黒く、透明度が高い奴は人間ではないことか誰でもわかる、と遠隔地からレーザー銃2発を昨日の厚木市上空の雲の上、またはその裏から撃ったらしい軍の誰かが話していることも遠隔地からの音声の中で指摘されている。

 

サイボーグを支配する藤井は、安全保障体制を維持する担当部署内では、支配者、と呼ばれているらしい。

 

日本の司法関係者は、すでに人類の敵とみなされているため、コレから削除が進むのだろうが、藤井は倉庫業者に勤務しているサラリーマンである。裏は殺害目的を隠す地上げ屋である。

 

藤井が記録された凶悪犯で、小泉元首相の脳をコントロールした犯人、とみられているらしい。天皇気取りのチンチクリン、とは、藤井らしい。

 

藤井までわかれば、あとは遠藤厚子が次の地上げ屋となる。

 

 

圧倒的な火力を持つ人類側の安全保障体制は、地上げ屋たちより遥かに強力である。しかも、私の場合は、訓練段階を経て、今は検証段階の次の削除段階になったシステムによって守られていることになるので、藤井はバカだ、とバカにされている。

 

路上で敵兵を見つけたら、戦闘態勢に入れば良い。コイツら地上げ屋を殺して逮捕されても無罪になるようになっているので。

 

その地上げ屋に攻撃指示を出しているのは弁護士や警察官、検察、などだ、と。

攻撃指示を出すコイツらに攻撃を命じているのは裁判所だ、と。

 

 

 

セイノー情報サービスは、過去、私と同様の被害を受けた企業らしい。そこに藤井が勤務している理由は、被害者のフリをするため。このように遠隔地からの音声が聞こえてきている。

 

この遠隔地からの音声は何種類もあるらしい。私はそのようにみている。

 

その遠隔地からの音声は、上空から照射されたり、散布されたり、さまざまな方法でばら撒かれる大気を音声の伝達経路にする効果がある何かをばら撒かれると聞こえるようになる、らしい。私はばら撒いているその場にいない立場なのでわからんが。

 

正体不明のヘリが人工衛星や星のフリをして常に必ず攻撃を仕掛けている、とは私も同じ考えである。コレが日本の司法の攻撃機であろう。

そして、時々、見えない軍用ヘリが飛ぶことがある。おそらく、撃墜に向かっているのかな? と私は想像しているが、わからん。

 

 

ちなみに、

歩行妨害や納税妨害などする奴らは、キッティング業務に専門的に関わる派遣社員らしいぞ。彼らの行動をみる機会があれば誰でもわかる筈。

 

説明会などで、説明をしている人がそのフロアを移動して、今までいた場所から離れた場所に移動して説明を続けたとする。たとえば、だが。

 

歩行妨害や納税妨害、急スピードですれ違う自転車走行車、まっすぐに突進してきて急に方向を変えるスキミングの犯人・・・銀行のキャッシュカードのICカードなどから情報を盗んだり、スマートキーの情報を盗み、車上荒らしをするなど・・・の不審な行動、コレ、見る機会に恵まれれば誰でもわかるのだが、キッティングを専門に派遣社員なとでやっている奴の行動そのまんまなのである。目の前をすれ違う、などの迷惑行為は、キッティング時の行動。常識が無いことから、PC以外に友達がいない、又は、社会生活を送る能力が無い、という連鎖する思考の成果を得られれば、納得できるようになる筈だ。

 

このキッティング作業に長く従事する派遣社員は、チンピラ、弁護士とまったく同じ思考パターンを持っている。コミュニケーション能力が無い、と私も弁護士に指摘したが、他人を騙して殺害しようとしているのだがら、会話が成立するわけがないのである。つまり、人類の敵とは、いまは、だが、こういう奴ららしい。したがって、裁判官も同じく能力が無く、警察官もまた同じく能力が無く、暴力団員もまた同じく能力が無い、となる。なぜ、日本人が海外の各国から嫌われているのか? は散々、私はFacebookのニュースフィールドやはてなブログのこのアカウントのブログ記事に書いてきたが、さらに理解を深めたというカンジやね。

 

 

日本人は、憲法からはじめてすべての国内法がホロコースト法になっている。そのため、海外からは、今では、だが、軍事侵攻を受けるようになっている。正義が無い日本では、このようにして正義が維持されるようになっている、と簡単に説明したければ、そこあたりの道路で頭部を狙撃されて黒い機械オイルをその負傷箇所からボトッ、ボトッ、と二滴程度垂らすサイボーグを紹介先に紹介すると良さそうだ。

 

まあ。こんなカンジやね。

数千万円を奪われた私は、コレから奪った奴らを追い始めることになる。報告は随時行うので、正義が成立する日は近い、とみている。

 

抵抗権を使うと良い。日本は、抵抗されると弱くなる奴ばっかりである。なぜか? そりゃ安全保障体制を維持する軍の火力が圧倒的だからである。誰でもこのことはわかる筈。竹島や択捉をみていれば、である。