サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

大和駅でスリ被害発生 の件 Facebook未公開記事

小銭入れを買わせようとする遠隔地からの音声は一切信用しない方が良い。

私は被害に遭ったが、小銭入れなどは持たないことにしている。

 

スリ被害は小銭入れを持っていれば必ず大被害に通じる被害、と考えると良い。最悪の場合は殺されることになるからである。

 

私の周囲には常に必ず殺害目的を持つ地上げをやるバカどもが歩きまわり、車で轢き殺そうとしているのだが、スリは彼らによる犯行であろう。

 

彼らは日本の司法関係者から命令を受けてスリを今日、行ったらしい。

 

日本の司法は北朝鮮に逃げ込んだ高速船に乗っていた犯人であろう。このはてなブログで公開した殺害目的を持つ地上げをやる者たちは、日本の司法の命令で動いている、と私は考えている。

 

サイボーグはすでに死んだ者たちばかりである。コレははじめて書くが、コレは本当である。

 

スリ被害に遭う条件は厚木市で働いたり、遊びに行くと発生する。日立オートモーティブ 相模工場は厚木市ではなく綾瀬市にあるのだが、厚木市からスリがやって来ている、と考えれば良い。厚木市から人口が流出している理由の1つは、犯罪を司法が命じて起こすからであろう。

 

スリ被害額は500円。更衣室で110円。少しずつ盗み手口は、セイノー情報サービスの藤井の手口の特徴。遠藤厚子は数千万円単位で盗む手口が特徴である。

 

厚木市から治安の悪い大和市川崎市に移動する者は、必ずスリ被害などを経験している。警察は被害届を出させない念書を被害者に書かせる。裁判官は、加害者のスリの側の判決を出す、警察から裁判所の警備員のフリをしたスリが裁判所の警備員をやっている、と。

 

今日、私は、大和駅ですぐ背後に立つスリに盗まれた、と考えている。横浜家庭裁判所の警備員で、かつ、上大岡の警察署に勤務している警察官が、かつて大和駅の近くでこの手口で私のすぐ背後に立ってスリを行おうとして、私に勘付かれ、逃げていった。コレは遠藤厚子の悪の利権のために行われたらしい。今日の被害も、警察官によるスリだと私はみている。

 

私に勘付かれ、遠藤厚子が少林寺拳法で鍛えているなら脳を支配しろ、と言ったらしい。スリを見破ってから遠隔地からの音声送信が始まり、スリ側に有利な攻撃を常に必ず行うようになったのだが、当時、愛知のどこかの警察署から日本人に対してレーザー銃で攻撃していることがネットに公開されていたのだが、私が書く遠隔地からの音声送信は、犯罪量産犯罪システムである日本の司法によるものもあり、ソレは、すでに窃盗犯として有名な藤井や遠藤厚子、長門英悟などを相手にした時に、殺さざるを得ないような音声を送信して、殺人事件を起こさせようとしている、と書くと長くなる内容をまとめて書くことが私にはできる。

 

彼らの正体がディープステイトだとすれば、まもなく政治的に解決することになる事件となるだろう。私のことは、ネットを介して世界中に知られている。私が殺人事件を起こせば、世界中から日本への強い圧力が加わることになるらしい。高度に政治的な話になるので、私にはコレを断言することはできない。だが、日本への経済的制裁にあたる鉄、アルミニウムのアメリカ合衆国への輸入に際してかかる関税を上げる、などということから今日に至るまでの日本を取り巻く現状を考え、さらに、マスクを贈られた中国からソレを断られるなどのことをも考え、町から安い缶コーラなどが無くなるなどの今日の状況を見ていると、日本への圧力が強くなっていくことを知ることになるので、断言しないが、おそらく↑のようになる筈だ。韓国軍の軍事侵攻は日本本土に及んでいるようであるし。

 

藤井、遠藤厚子、長門英悟は、私と会うときには死を覚悟した方が良い。私は遠隔地からの音声送信による殺害教唆ごときに騙されはしない。安全保障体制の維持こそ大事だからである。必ず正義はオマエたちに勝つ、と私はわかっているからでもある。だが、オマエたちは、遠隔地からの音声送信をしている者からは、すでに犯行がバレるので邪魔だ、という扱いを受けている。そのため、死を覚悟しなければならない理由は、私を助けるような意味合いを持つ、遠隔地からのレーザー銃による暗殺などが確実に行われるから、ということになる。

 

私の目の前で起こる暗殺事件だけに、世界中がすぐに日本に圧力をかけて来れない。私が生きているうえに、私を殺害目的を持ちながら時間稼ぎなどして騙した、という意味合いを持つ行動をし、そして、暗殺後、私が入手できる財産などもあれば、狙撃犯に直接的な報復をする海外からの圧力は強くはならない筈だ。高度に政治的な判断がなされる筈なので、もしかすると準戦争は起こるかもしれないけれども。すでに、トランプ大統領はディープステイトについて把握している、とFacebookの動画でメディアが伝えていたが、おそらくこのニュースは正しい筈だ。的確な正義の鉄槌が連続しているアメリカ合衆国を見れば、トランプ大統領が的確な正義の鉄槌を下ろしていることがわかるからである。

 

私に死んだ物からカネや不動産が渡されることになるのは、相続制度によるもの、という意味だが、コレを犯人たちはどのように利用するのか? コレを私は注目している。藤井なり長門なり遠藤なりは、簡単に殺せることがわかつているから、先を心配する余裕が私にはあるのである。具体的に書くと、私が身体の部位である素手の状態の腕を振り下ろしただけで、目の前にいる者は、動くことができなくなるのである。私が腕を振り上げ、振り下ろした瞬間に、脳を支配されるのだ、と理解すれば良いだろう。支配する者は、おそらくディープステイトのメンバーである。したがって、日本の司法関係者の誰かである、となり、愛知県警察なりを疑うと良いのかな? と私は助言しておこう。私の都合ではなく、悲劇を量産する者たちの都合で、簡単に殺される立場にいることが、はたしていまの日本に住む彼ら3人に理解できるかどうか? すでに、私を騙して殺害目的を持ちながら、までは世間に知られたこととなった。外形的には、殺されて当然、という現状もある。私は世界でも稀に見る酷い犯罪被害の渦中にいながら、同じ被害者を助けるために身を犠牲にしてきている。どのように人類から審判されるのか? は、現在のところ、残念だが、犯罪量産犯罪システムにいる者たちの都合によって確定することになってしまっている。

 

私を助ければ、必ず儲かる、という話を実行した日本人や外国人は多数いる。逆に、私を犯罪者と断定して襲ってきた者たちは、常に必ず厳しい審判を受けている。狙撃された国松あたりや、私の住む家の隣の佐々木、という表札が出ている家に出入りしていた道交法違反を私に目撃された警察官が左側頭部を狙撃されたが、このように始末されたら? 私はスリの被害を今日受けた。500円玉一枚をポケットから盗まれた。その結果、500円玉一枚分のなにかの名目で、カネが振り込まれることになる。帳尻を付けなければ、犯行がバレるからであり、上大岡の警察官で、横浜家庭裁判所の警備員をやりにきた男がスリだとしたら、彼のために暗殺され、彼が捕まらないようにするために私に500円分のカネがなにかの名目で振り込まれることになるのである。

 

このような立場にいることが理解できない、と私は遠藤、藤井、長門らを評価している。この人物評価には自信がある。そもそも、わかる筈がないのである。遠隔地からの音声が聞こえても聞こえなくても、わかる筈がないからである。私の場合は、殺害を教唆する遠隔地からの音声以外に、私の経済的発展と安全保障を向上する声も聞こえているのだが、まったく同じ声音で聞こえるために、どちらがどちらなのか判断して考えるヒントにするなどはできない筈だ。私は、この遠隔地からの音声を、スリも聞いていることを今日、知った。私が有利になるらようなことをしにいくとスリ被害や暴走車に跳ねさせようとするわけだが、裁判官からあらゆる日本人もこの敵兵、と私が呼ぶ者たちの側に立っているので、なおのこと、いまから正義の立場に立とうとすること自体が、無理だ、と私にはみえているのである。

 

スリ被害や家屋破壊など、まだまだ犯人からカネを奪い返す分はたくさん残っている。このことは、私が書かなくても世界中が知り、確認を急ぎつつある状態である。

 

私を助ける作戦の意味は、小泉元首相の脳を支配して戦争で儲けようとする奴らが日本にいるから見つける契機となる可能性が高い、という意味である。

 

思考盗聴犯は、私が年金について考えていたら早速、架空請求の年金支払い書をポストに投げ込んできた。いまポストを確認して、手口は司法関係者だ、とすぐにわかったので引き破いて捨てた。何にもしなくても、年金がわりに警察から散々、損害賠償金に相当する金額を得られるようになっているからである。この予定調和的なことを、遠隔地からの音声の1つは、猿芝居、と呼んでいる。時間稼ぎの目的は、私が日本の司法に勝つことが確定したため、結果が出る日を遅らせるためであり、スリ被害をはじめとする窃盗は、彼らが真剣に報復していることになるのだが、実は、すでに時間稼ぎのための猿芝居に参加した猿役者、という位置づけになっているのが、犯人側の都合で、私に被害が出るたびにその被害を起こした者から有無を言わさず損害額相当分だけのカネをむしり取って私に渡す、というカタチになっている。

 

ここまで私が考えに考え抜いた結果を書いているわけだが、調べる人たちは世界の安全保障体制の維持のために働く担当部署である。日本の司法関係者にはわからないだろうが、ナイジェリア419も発見するし、アル・カイーダの逃亡、潜伏先も突き止められる捜査能力があるのである。情報だけ知れば勝った、と思い込むバカな日本の司法関係者は、本当に突き止められ、戦争裁判にかけられ、妻の重さが確定した直後にこのことの意味を知ることになる筈だ。エロヒム様からは、詳しく知りたければ裁かれれば足りる、という扱いを受けている筈だから、私はそのようにこのブログに書くが、じっさい、そのとおりであることは日本の司法関係者自身が知っている筈だ。

 

 

まあ、こんなカンジである。

 

必ず、正義は勝つ。