サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

名前不明。殺害目的を持つ地上げをやる奴をまた発見。

名前は不明。派遣社員の中井? とかいう男、という。遠隔地からの音声送信によれば、だが。

 

この音声によると、中井? は覚醒剤中毒らしい。窃盗を常習的にやる悪質な男でシステム内では有名、とのこと。私は明日この男の名前を確認してみる予定である。

 

フジシロ→中井? という犯人の構図なのかもしれない。

中井? という男は、作業妨害をあからさまに行うらしい。たとえば、作業者が棚に置き、作業を続けようとすると、その置いた物を移動させる。すぐに振り向くと移動させた様子が妨害された作業者に丸わかり。コレを二度繰り返したのち、その妨害は終わった。

 

前から私を襲ってくる犯人の手口とまったく同じなので、間違いない筈だ。あとは、待ち望んでいる人たちへの報告を、コイツの名前を明記してする、と。それだけはやらないと。海老名市の上今泉六丁目周辺の住人をは襲ったのはフジシロ、中井? かもしれない。

 

なんとなく、コイツらどいつもこいつも警察官ではないか? という気がするね。裁判所から窃盗命令が出たのかもしれない。

 

コイツらぜんぶ猿芝居らしい。裁判所がやらせている? らしい猿芝居をしている?

 

私の妹から相続財産すべてと、私の妹の財産すべてを私が奪われた自由やカネ、不動産のために奪い返す、コレが確定しているらしいのだが、この確定した未来に至るまでを長引かせ、私を餓死に追い込むための猿芝居、と。私はこの見方に大きな賛意を持っている。なぜなら、弁護士や不動産屋、私の妹の遠藤厚子、詐欺坊主の脈は妙法寺横浜家庭裁判所、警察らはそのまんまの行動をしてからである。

 

中井? とかいう男は、他人の持ち物をジーっと見つめる癖がある。窃盗又はスリだと丸わかりである。

 

まあ、こういうカンジやね。中井? という男は、情報セキュリティの仕事をしているらしい。コレが裁判所の命令による犯罪の性格をそのまんま表すことだ、と私はみている。情報セキュリティを窃盗常習犯の警察官が禁止された副業でやる←コレ

 

コレ、日本の司法の性格そのまんま。

 

また、裁判所は、私のマネをしろ、という命令を出しているらしい。昔の私がしなかったことばっかりやっているのだが、真逆に、悪質な言動に変えると、まあ、似ているといえば似ているので。

 

中井? とかいう奴は派遣契約らしいから、もう切った方が良いような気がするね。何でも盗むらしい。人の机を勝手に開けて、その時、コイツが必要になったモノがその他人の机の中に見つかると、すぐ盗む。中井? がガクガク震えている理由は、覚醒剤をやっているからであろう。覚醒剤が切れてくるまで一週間? ぐらいらしい。コレで中井? を尾行すると覚醒剤取引の現場にでくわす、という遠隔地からの音声送信が昔から何度かばらまいている音声の内容に合致、と。

 

厚木市、海老名市、綾瀬市大和市座間市を荒らしまわっている窃盗団がいるのは知っている。警察官や裁判官、弁護士などの士業の連中、その他、から構成されており、コイツらをディープステイトのメンバー、と考えると良さそうな気がしてならない。

 

遠くから、遠隔地から、音声がバカ笑いをしながら中井? を尾行して新しい窃盗をやらせようとしているのが聞こえるのだが、バカ笑いの理由は、中井? をバカにしているからである。

 

また、アイツ(中井?)、ひっくり返すぞ

 

とか、イヌと虫、とかいろいろ聞こえてくる。中井? という奴は、窃盗指令や攻撃指令だけを信じるらしい。嫌味なことを言うし、仕事は妨害目的以外には何もしない、と。コレほど司法が酷いなら、自衛隊は高速船のほかに、中井? を狙撃するべきだ、と力説している音声まで聞こえる。ペンを返せ!フジシロ! とかも。

 

コレに長門英悟も新しく発見された詐欺師、でまた遠隔地からの音声送信で、バカ笑いがばらまかれている。今日は、バカ笑いする遠隔地からの音声送信が非常に多い。賞金首にしろ、裁判所! とか、オマエだオマエ、という裁判官宛のバカ笑いも聞こえてくる。隠しても無駄だ! とか。なんとなく、私にもわかる内容だけに、コレ、トランプ大統領にまでレポートされることているんだよなあ、とかまで思うと、やっぱり、中井? とかは、バカじゃねーの? と私は言うより他に言葉が無くなるのであった。

 

今のところ、厚木飛行場のまわりは、窃盗団を特定して削除するための情報収集が盛んに行われているらしい。

 

とすると、

私が厚木飛行場のまわりにいるだけで、人類は勝つね。間違いなく。

 

 

そういうカンジやね。