“Don’t warry.” “What about?”

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログです。

身体ガクブル→脳死 ソレならコロナ様による裁きでクタばる悪党は誰なのか? の件 Facebook未公開記事

コロナウイルスに感染して死亡する者たちのうちには悪党以外に弱者もいる。前々から区別ができなかったので悪党を滅ぼすコロナウイルス、というイメージが最適な表現を生むのでその表現を使ってきたのだが、たいがいの場合、コロナ様による裁き、という表現以外にできないのでそのような表現のみしか私はしてこなかったが、まあまあ正しい表現であったので満足はしている。

 

この表現を使用するうちに、除菌できないウイルスとは何か? など調べることにもなったのだが、当初から疑問となっていた、コロナウイルスに感染して死亡した者のうちには、弱者も含まれるのでは? について調べることにもなったのである。コレについてははじめて書くことである。殺害目的を持つ地上げをやる各種の職業に就いている悪党を炙り出すには最適な作戦、ソレはインターネット上にすべてを書かないこと、であるのだか、1995年当時から使われてきたこの作戦にいまだに引っかかるコレら悪党ばかりいるので、私はタイヘン愉快になる。

 

言いましたよね!

書きましたよね!

 

というチンピラロジックでは、私を殺すことはできない。なぜなら、安全保障体制を維持する神の物凄い軍勢が日本の治安を維持しているからで、私の場合は、治安維持のための報復を受けた悪党に起こる、身体ガクブル現象とよく似た不自然な現象を受けてきたのだが、悪党は次第に弱体化し、死に至るのに対して、私は健康を増進することが大きな違いとなっている。

 

いま、日本中で、ゴミ屋敷の中に埋もれて餓死する者が発見されている。いずれ、私を餓死させようとしている悪党の連中も、このようになるのだが、その前に、身体ガクブル現象や、脳死現象が起こるらしいので、この観点を最近になって得た私は、この観点から悪党を判別することができるのではないか? と考え始めているのである。

 

悪党を区別したい、だが、被害を実体験しなくても区別できるのであればそのようにしたい、コレが悪党を区別したい私の持つ理由である。

 

わかりやすい例でいえば、コロナウイルスに感染して死ぬ悪党の例である。わかりやすいところから理解を進めると、わかりにくい、難解な問題も解けるようになる、というロジックがちゃんとこの世の中には存在するわけで、そうならそうで、わかりやすい悪党を探すと良さそうだ、ということになるのである。

 

身体ガクブルの現象は、私が会得した少林寺拳法をベースにした身体健康法である、立禅を元に発展し、誰でもできるわけではないが、立禅ができる身体を持ったことがあるなら誰でもできる、という健康法で、日常生活や仕事をしながら行うことが可能なヨガ、と言い換えることができる健康法である。

 

身体がガクブルしている奴は悪党なのか? それとも私と同じ被害者なのか? この区別がてきる日本人はいない。なぜなら、高度に政治的で、かつ、国際的な安全保障上の軍事的機密に属する情報に触れることができる日本人はいないからである。

 

悪党は、仕事をサボる。中村のように、遠藤厚子のように、長門英悟のように、末富のように、である。

 

仕事をサボる奴は悪党だ、とわかる。

 

では、コレら悪党の連中がほかにさまざまな犯罪を犯していることはともかくとする。悪党であるかどうか? を彼らからの攻撃を受けなくても見抜ければ良いわけだからである。

 

身体がガクブルしている、ガクブルが止まると脳が停止する、と。

 

彼らにブログなど書かせてWOTの評価を見る、という手もあるにはある。だが、コイツらは、このような狙いを持つ私のような者の言うことを聞くはずがない。私もコイツらの言うことなんざどうでも良い、審判にかければ良いからなのだか、すでにコイツらをバカにしきっているので、どうでも良いのである。やらないならやらざるを得なくさせれば良いからである。

 

と、すると、

身体ガクブル→身体ガクブル停止→脳死

コレを、仕事の態度を見ればわかる、と考えれは良い、と。

 

 

現在、函数を使って悪党の分布をニアピン賞から始める分析にかけて自動で判別できるようにできないか? と調査中である。悪党出現の予想はすでに私にはできるこもなのだか、どこのどいつが悪党なのか? を自動で判別、この地域、この職種、この業界には悪党がたくさんいそうだ、と正確に予想して分布図にしたいのである。要は、マルウェア検出器を作るように悪党検出器を作れないかなあ? ということなのである。

 

警察官、裁判官、弁護士その他の法律系マルウェアの分布を調べると、コロナ様がワクチン研究を進める速度が加速することになるらしい。

 

私は神の子の系統なのて、立場上、ウイルスに強く、動物の子の系統の強者が弱者になるほどの強さを持つことになった。つまり、ウイルスのキャリアになると死ぬのが普通? 死なない? とかいうマヌケで低レベルなテーマが存在し得ないのが私のレベルなのである。キャリアになったら、そのまんま悪党に向かって咳をするだけて良いのである。神の子の軍勢はこのように素晴らしい戦闘力を持つ。私の例だけなので真実だ、とはいわない。真実だ、私の場合は、だが、なとと言うに留めておく。そうせざるを得まい。神の子の分布図が無いのだからしょうがないわけで。わかる筈がない。

 

 

いまのところ、線型までは余裕。Pythonの基礎あたりも余裕。同時代入、ステキな機能やね。Java型推論の方がPythonよりセキュリティ性能は高いけども、Pythonには良い機能があるので私は嬉しくなった。オブジェクトからリードCSV、とかまあいろいろ高度な内容はわかっているのだが、基礎が無いから戦闘力のアップに繋がらない。そういうわけで、中学生の数学からざっと大学生の数学まで見直し、ついでに、Pythonの高度なソースの読み書きはともかく、基礎からざっと見ているところとなったのである。目標は悪党検出器を作ること。

 

Facebookが世に放つディープニューラルネットワークフレームワークを読んでみたが、なんか、すでに嫌気が差してきた。Core MLでいいじゃねーか、と私は考えていたからである。フレームワークが不要だとは思わないが、無くてもiOSがあれば、と。

 

 

まあ、こんなカンジやね。