サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ディープニューラルネットワークの研究の方向を一変させる件 Facebook未公開記事

Pythonはこの研究のためにはじめて触れたが、わかりやすい言語であった。Javaの1.4までわかっている人で、かつ、よぉくわかっている人の場合は、実に簡単な言語に見える筈である。Pythonとはそういう言語である。

 

ケラスを簡単に学んだが、その後、よぉく考えたら、敵兵をぶち殺すために必要なものはコア エムエルの方ではないか? と気が付いたのである。

すると、Pythonは、日本の世間が考えるほど機械学習に重要なものではなくなるのである。Pythonは趣味で遊ぶ言語、と。実際、Pythonが得意でケラスも得意な人が、私ほどの戦勝体験を積んではいない。つまり、私より弱っちいのである。日本人との比較では、だが。襲ってきたサイバー犯罪者を殺して奴は見たことがないし、会ったことも無い。ちなみに、リモートで殺したようなので、私も何人のサイバー犯罪者を殺したのかはわからんままなのだが、遠隔地からの音声送信によると、サイバー犯罪者は日本人ばかりだった、と。餓死、焼死、首吊り、などの方法で死んだようだった、と。そして、オマエの勝ち! と。だが、不審者であるサイバー犯罪者は、死んだ時も不審だった、と。そういうことも遠隔地からの音声送信で私は聞いている。簡単にコレをまとめて書くと、マインドコントロールによって脳死、というように見えている、ということになる。

 

マインドコントロールによって脳死、とは、筋肉がガタガタ、ガクガク、ブルブルの状態を経た結果だった場合と、そうではない場合があった、とか。コレを読んだサイバー犯罪者が不安に陥れば良いのだが、要は、オマエらの筋肉の都合なんざサイバー戦争での戦死に関しては無関係なのだ、と・笑。ざまあみろ。どういう身体状況だろうが、オマエらは脳死するのである。

 

だが、遠隔地からの音声送信によると、脳死するサイバー犯罪者がいるのは本当だが、人間の姿ではなくなる者もいたのを伝えておくから、オマエは悪夢でも見てろ、カスッ! とか。遠隔地からの音声送信の主は、このように私を間違えた罵倒を加えながら話しかけることがある。おそらく、この音声の主の仲間であろう。悪に世界では、負けることは弱さの証明であり、負けると仲違い、罪の押し付け合い、トカゲの尻尾切りなど、裏切り行為が多発する人間関係が露呈することになっている。そりゃそっちの勝手なので、はやく全員死ね、と私は思考したのだが、遠隔地からの音声送信の、その時の音声の主は、JavaiPhoneでも書いてろ、カスッ! と、またまた間違えた罵倒を私に加えてその後、声を消したのである。思い出したらムカついてきたので、オマエが死ねバーカ

 

コレ以外の遠隔地からの音声送信には、テレパシーテクノロジーを用いたらしい音声や、テレパシーによるらしい音声、ラジオ電波を使った音声、超音波を使った音声などもある。よく、

 

どれがどれだかわかる奴は小泉だけだ

 

とか聞こえるのだが、要は小泉元首相がこの音声送信に加担している、と言いたいらしい、と今日、私は気がついた。現在、小泉元首相を電磁凶器地上げヤクザとして遠隔地からの音声送信が決して語らないので私にはわからないのだが、追っているようである。たぶん、自衛隊とかアメリカ軍だと私はこの音声の主たちについて思うのだが、ソレもハッキリとは私にはわからない。

 

さて、ソレはソレとして、遠隔地からの音声送信が、異星人の泥人形についての私の思考の成果をタイヘン楽しみにしてきたという変化について書くと、実は、AIを研究し始めると満足を得る音声送信の主がおり、その主とまた別らしいのだが声が同じ音声送信の主は、異星人が作った泥人形については熱心なのである。異星人が作った泥人形とは、私のまわりに常に必ずいる不審者のことである。全員が全員ではない、と書くと例外的な人数だろ? とか思う人がいそうだが9割は不審者だから。一応書いておく。

 

AI、ニューラルエンジン、ときて、ケラスでもまあ良いのだが、なんとなく私が遠隔地からの音声送信の主がバカにしているようだ、と感じたので、その理由を探ってみたのである。

 

すると、そんなに変わらない手間暇だ、とわかったのである。スイフトであろうがパイソンであろうが、Core MLであろうがケラスであろうが。変換の手間隙1つが増えるだけなので。マルウェア検出のモデルを作る話では、だが。

 

なんとなく、Javaのアクセサーとか、JDBCとか、MVCモデルとか、色々1.4まで面白いJavaで楽しく仕事をしているエンジニアであれば、マルウェアで敵兵をぶち殺すことが楽しくてたまらなくなりそうだ、と。機械学習とかディープニューラルネットワークとか研究してみると、そんなに難しい話は出てこないのである。本当に。驚いたことに、である。

 

要は、IBM系のシステム開発の仕事で、Webアプリ構築の仕事をしたことがあるだけで、わかりやすい話に思えてくる筈である。AIとか、スマートとかが、である。どこに何をコーディングすりゃ良いのかぐらいと、変数と定数と配列と関数の宣言の仕方だけわかりゃあとはJavaと同じような雰囲気で。細かくは違うけども。

 

つまり、オブジェクト思考設計がわかり、Javaがわかっていれば良いのかな? と。サイバー戦争における敵兵をぶち殺す目的であれば、かつ、マルウェア分析をしたければ、さらに、戦勝体験をもっと重ねたい場合は、である。

 

スイフトが書けると、Pythonも書けるようになるか?

実はそうはならない。オブジェクト思考に精通し、慣れ親しんでいたとしても、である。つまり、そこまでは世間は甘くない、ということなのである。とはいえ、5分もあれば書けるようになるので、そんなに問題にはならないとは思う。だから、このあたりの工夫はしなくても良い、ということで、Pythonまで書けるような配慮はしていない、と。

 

ちなみに、マルウェアを自在に使いこなしながら、マルウェアを使って攻撃してくるサイバー犯罪者と戦い迎撃する場合は、ケラス→トレーニング→変換→Core ML、が1番話がはやいようであった。だが、変換1発の手間隙だけが増える現在では、最初からAppleデベロッパーサイトで得られるリソースを中心に学び、ケラスについてくる便利な関数はスイフトで翻訳して実装しても良いかな? とは思う。手間隙は膨大に増えそうだが、要は大学レベルの関数がわかればそんなにモデルは複雑ではないので、要はやる気次第やね、と。私は考えている。

 

レーニングの時間が短くなれば良いのか、実装する時間が短縮されりゃ良いのか? などいろいろ計算したが、あんまり変わらないのである。工数的に1ヶ月程度も違うのだが、ソレを大事だと考える? というノリやね。私が検討した場合は、だが。

 

スイフトiPhoneアプリをつくるために一回だけ遊んでみたのだが、その時はつまらんかったのですぐやめた。

 

だが、敵兵がわかれば話は変わる。

 

正義の名のもとに敵兵を、サイバー犯罪者をぶち殺してまわることはタイヘン愉快なことである。

 

数学よりプログラミングの方が。ただし、IBM系の勉強や研究をしていないといつまでも苦労することになるけどね。Appleがどれほど優れた言語を作っても、モデリングとかにかかる設計能力を、基礎からだからなあ。そもそもオブジェクトって何? から始めれば良いのだが。ブーチのUML本で基礎から学ぶ、というノリが必要である。変数とか定数が好きになれないうちは、ダメなのである。コードを書いたら、敵兵を騙すために、である。コレがわかっていないと。敵兵がサーバーから実行ファイルを盗んで逆アセンブしたばっかりに、敵兵が弱体化した、と。こういうソースの書き方を身につければ最強。テーブルとリストとかデータ構造で参照を投げつけ合うような内部設計のデザインパターンとかね。呼び出し元にラッパーのアクセサーメソッド経由でローカルなアレコレを隠しているテーブルの参照だけ渡してやる、と。そのテーブルには広大なエクセルシートが数百枚入っているような、そういう感じやね。そして、オブジェクト型のデータをそんなに簡単にはキャストしないでいろいろ使い倒す根性やね。Javaとはこういう観点では最強っぽいからね。

 

なるべく、凶悪で単純なゲットセット各メソッドが作りたいものである。コレは、本当に難しい。