詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

冷泉天皇又は花山天皇→清仁親王→冷泉源氏→・・・

冷泉天皇の実子扱いになった花山天皇の実子が清仁親王

 

冷泉源氏なんて本当にあるのかわからん。誰が冷泉源氏なのかがまったくわかっていないからである。

 

私の家の家系図(今は盗まれたのかどうか、無いんだコレ)を一回だけ見たが、清という文字が名前に含まれている人につながり、ルートが天皇だったから信用できない、と私は断定してサッサっと閉じた。見たことがバレると父親から何をやられるかわからん、そう思ったからである。

 

私を蹴った者は、この父親と三橋ゆう子というオンナである。後者ははじめての恋愛の相手であった。

 

前者は不審死を遂げ、後者は筋ジストロフィーにかかった(本人が曰く、だが)。

 

私をぶん殴った者は、異様な顔に変わったようだ。1人は目次確認した。他は知らん。死んだ、又は家を失った、かな? よくわからん。死ね! とだけ書いてコイツ向けのロジックを通しておく。

 

冷泉源氏のもとになったのは冷泉天皇。つまり、私ン家の家系図のルート。じゃあ俺じゃネーの? と思うのだがよくわからん。52年生きて冷泉源氏なんかあったのかあ、とわかったぐらいで。しかも、Wikipediaだしなあ、よくわからん。

 

冷泉天皇は奇行をした、とある。たぶん、遠隔地からの音声攻撃を受けたか何かではないか? 祟りについての記録もあるし。よくわからんが。

 

祟りは鬼斬りの結果、不自由世界に起こる出来事である。不運と不幸。なんとなく、平安時代には特定して祟る方法があったのかなあ? ぐらいやね。面白そうな話としては、だが。

 

他に奇行者がいないなか、祟りだ、と書く者が宮中にいた。コレが本当だとしてみて考えを進めてみると、

自由人が自由世界で鬼斬りをした、となる。クタばった鬼が不自由世界で冷泉天皇に祟った。奇行で難をしのぎ、だが仕事は無理だ、と判断し、サッサっと天皇を辞めた、と。ココからは謎の冷泉源氏かね? 冷泉天皇の子供として清仁親王の登場。清仁親王から冷泉源氏誕生、かな?

 

一切がとにかく謎の源氏が実在した! のかもしれない。わからん。

 

あったとすると、いまはオレじゃん、となる。

 

冷泉天皇が祟りだ、との主張を聞いて納得をし、自由世界と不自由世界の実在を見抜いた、とする。清仁親王がソレをオヤジの花山天皇に話した、とする。軍事的活用ができれば無敵な天皇家が完成するうえに蝦夷相手のコストが減る。ソレなら養子にいけ、と花山天皇が計算したとする。ソレで冷泉天皇の実子の立場になった、とする。その後、冷泉天皇が鬼を見た! アレ、見えねーの? アレだってアレだってえーーー! と奇行をした、とする。そこで清仁親王が源氏の娘と結婚することにした、とする。ソコから謎の源氏が誕生、オレに至る、とする。

 

たぶん、自由世界に入ったのは清仁親王の子供で冷泉源氏の祖、というか1番目の源姓の清仁親王の子。源氏の血は繋がってる・・・。

 

たぶん、自由世界を冷泉天皇から教わったやり方で入っていったのでは? 清仁親王の子が。その子は不自由世界に戻れなくなって、何かしらのメッセージを送る方法を編み出して清仁親王に近況を教えることに成功し始めたのではないか?

 

たぶん、このメッセージを清仁親王は楽しみにして人生を送った。

 

たぶん、このことを清仁親王の配偶者のオヤジ(源氏のうちの有名な)に話し、そういう話なら花山天皇が悩んでいる、と分析し、花山天皇に話し、花山天皇がやっと実現? などと考え、軍事コスト削減と天下統一の計画を練り、次の天皇に渡され、次の天皇にもこの計画と問題が渡され、冷泉天皇が死亡したのち、なんだかわからんのだが、勝ったので捕虜として連れて来られたアイヌ人が来て、蝦夷研究がすすみ、そのうち、冷泉源氏の話やソレにまつまるソリューションが忘れられてしまった、と。

 

たぶん、徳川家康はコレを知っており、徳川光圀が吉原プロジェクトを実行することになった、と。

 

そして、冷泉源氏は日本にすでになく、海外で祟りを起こしては鎮魂し、の連続で、イギリス王家などに注目される自由人になっていた、と。

 

スペインのポルトガルはイギリスより先で、かつ、遅れたために大海戦でイギリスに敗北し、イギリスが世界の海を支配する勢いと実力を増加させた、と。たぶん、だが。

 

オランダのオレンジ公あたりはかなりの実力を持っていたが、冷泉源氏はイギリスで、と。海賊とかやってそうだ。よくわからんが。冷泉源氏って。

 

こうして、イースター島の発見など経て、日本に到達したのはリンカーンアメリカ合衆国大統領が新しい労働力のかくほのためにペリー提督を日本に派遣した頃で、和親条約を日米間で結んでから山口県がイギリスと戦争を起こし、奇兵隊が暴れていたが鎧が足りネであったため、欧州列藩同盟の方が強かった、と。大砲があったから勝ったのだが。

 

江戸城無血開城など、あの見識しかない下級武士がやれるわけネー

 

冷泉源氏が暗躍したのでは? 祟りと鎮魂で。源氏の子孫もたくさんいるわけで、協力させて、と。

 

そして、明治時代スタート。下級武士はんざ冷泉源氏はバカにしていた筈だ。なんでイギリスと戦争してんだテメーら、と。

 

明治天皇冷泉源氏。祟りと鎮魂。さらにこの時代までくれば冷泉源氏はイギリス流の経済発展術を身につけていたので、海に目を向けていた、とか。わからんが。

 

そこで、イギリスに戻るまえにバカな中国人を窃盗団と断定して国ごと滅亡させようとしたり、日露戦争前にはユダヤ人の銀行家を騙して国債を買わせてロシア帝国滅亡工作を仕掛けるなどする前に日英同盟を実現されるなどしていた、と。わからんが。

 

こうして、着々と日米英が連携してバカどもを滅ぼす方向で帝国主義時代がすぎていった、と。1930年あたりではアメリカにいたのでは? 見逃した2.26。あんなもんアル・カイーダのテロみたいなもんだ。アメリカ合衆国でドイツとイタリアを滅ぼすための工作をする前にチャーチルのために工作をしていた、かな? わからんが。ついにアメリカ合衆国、参戦決定。この後、イギリスに戻って祟りをドイツとイタリアに叩き込み、ヒットラーバチカンと手を結び、このあたりでナチスのジェット戦闘機を見つけて、難しい話だあ、と驚き呆れてある間にナチスソ連軍に侵攻されて滅亡、と。イタリアは冷泉源氏の工作によって敗北、ムッソリーニ公開処刑された、と。わからんが。

 

なんかコレぐらいはやってそうな気がするけどね。わからんが。

 

鬼を斬りまくって1000年。そういう家系なんじゃ? 私のは。祟りと鎮魂で。ブラックマンデーの時は別問題に関わっていて痛恨の見逃し、かな?

 

こうして、原爆が落ちて現在に至った、と。わからんが。

 

鬼と鬼の共犯を自由世界と不自由世界で発見するたびにバカにしながら斬り殺して鎮魂。

 

鎮魂といえば、少林寺拳法のがあったな。忘れてた。覚えてはいるが。アレでいいや。