サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ロロノア・ゾロ。Wikipediaを疑いながら読む。 Facebook未公開記事

通常技


鬼斬り(おにぎり)


ゾロの代名詞といえる技。

両腕を交差した状態から、

突進して

斬り付ける。

 

 

 

 

「東の海編」のカバジとの戦闘で初使用。

両手の刀で

左右の逃げ道を、

口の刀で

上への逃げ道を

封じる。

 

 

 

 

名称の由来は

おにぎり。

 

 

 

 

鬼斬り(やきおにぎり)


刀身が燃えた状態で繰り出す「鬼斬り」。

 

 

 

 

「アラバスタ編」の対Mr.5戦で初使用。

斬撃と同時に

炎を浴びせる事で

威力が格段に増加する。

 

 

 

 

名称の由来は焼きおにぎり。

 

 

 

 


艶美魔夜不眠鬼斬り(えんびまよねずおにぎり)
刀身が揺らめいて見える程の闘気を立ち上らせて繰り出す「鬼斬り」の強化版。「ウォーターセブン編」のエニエス・ロビーの戦闘で初使用。名称の由来はエビマヨネーズおにぎり[31]。
煉獄鬼斬り(れんごくおにぎり)
鬼斬り」の強化版。「魚人島編」の対ヒョウゾウ戦で初使用。
虎狩り(とらがり)
刀を背に構えた状態から、振り降ろす様に斬り付ける。「東の海編」で初使用。極虎狩り(ウルトラがり)
「虎狩り」の強化版。「パンクハザード編」で初使用。
刀狼流し(とうろうながし)
敵の攻撃を受け流しつつ斬り付ける。「東の海編」の対はっちゃん戦で初使用。力技を主体とするゾロには珍しい「柔の剣」。
龍巻き(たつまき)
回転斬りで竜巻を発生し、広範囲を吹き飛ばす。「東の海編」で初使用。攻撃範囲が広く複数相手に有効。刀が使えない場合による素手での戦闘方法「無刀流」でも使用可能。黒縄・大龍巻(こくじょう・おおたつまき)
より鋭さ・威力を増し、攻撃範囲が拡大した「龍巻き」の強化版。巻き起こった斬撃の旋風はしばらく消える事無く進み続ける。鉄の盾が果物の様に切れる程の強力な威力を誇る。「魚人島編」で初使用。劇場版第13作・対ダイス戦では武装色の覇気を纏った両腕による「無刀流」を使用。
牛針(うしばり)
闘牛の牛の様な構えから、突進と同時に突きを連続で繰り出す。「アラバスタ編」の対Mr.1戦で初使用。
蟹獲り(ガザミどり)
三本の刀で敵の首を狙い付け、鋏の様に切り裂く。「アラバスタ編」の対Mr.1戦で初使用。
鴉魔狩り(カラスまがり)
宙に飛び、周囲にある対象物を瞬時に切り裂く。「ウォーターセブン編」の対フランキー一家戦で初使用。鉄の砲弾であっても物ともしない切れ味を誇る。
牛鬼 勇爪(ぎゅうき ゆうづめ)
猛牛の構えから突進し、突きを繰り出して敵を吹き飛ばす。「ウォーターセブン編」で初使用。「牛針」と似ているが、こちらは一撃に特化している。名称の由来はぎゅうぎゅう詰め[31]。
二剛力斬(ニゴリザケ)
「一剛力羅(いちゴリラ)」「二剛力羅(にゴリラ)」の順で両腕に力を込め、振り被っての斬撃を繰り出す。「ウォーターセブン編」の対カク戦で初使用。劇場版第13作・対ダイス戦では二刀流で使用した。
豹琴玉(ヒョウキンダマ)
豹が獲物を狩る様な前傾姿勢から、回転を加えた突進で襲い掛かる。「ウォーターセブン編」の対カク戦で初使用。回転によって生まれた突風にも攻撃力が伴う。
大・仏・斬り(だいブツぎり)
塔のような大きな対象物をぶつ切りにする。「スリラーバーク編」対オーズ戦で初使用。
夜叉鴉(やしゃガラス)
口に咥えた刀の前で残りの二本を交差し、前転しながら突進する。「スリラーバーク編」の対オーズ戦で初使用。通過した跡には鳥の足跡の様な傷が残る。
青龍印 流水(せいりゅういん りゅうすい)
青い龍の気を纏い、突進して斬り付ける。劇場版第12作・対アイン戦で初使用。アインに対しては斬り付ける直前に峰打ちに切り替えた。
奥義
三・千・世・界(さん・ぜん・せ・かい)
両手の刀を風車の様に回転させながら、突進して斬り付ける。「東の海編」で初使用。対ミホーク戦で使用した際はミホークに見切られてしまい失敗に終わったが、対オーズ戦で使用した際は大ダメージを与え、対ピーカ戦では決め技として使用し、撃破した。「ドレスローザ編」で披露された前口上は「九山八海斬れぬ物なし」。一大・三千・大千・世界(いちだい・さんぜん・だいせん・せかい)
覇気を纏い硬化させた刀で大型の敵を一刀両断する「三・千・世・界」の強化版。前口上は「九山八海一世界、千集まって"小千世界"、三乗結んで斬れぬ物なし」。「ドレスローザ編」対ピーカ戦で初使用。
六道の辻(ろくどうのつじ)
一瞬で標的を6つに斬り分ける。「魚人島編」で初使用。
二刀流
刀二本で戦う戦闘方法。ゾロが少年時代に得意としていた。

鷹波(たかなみ)
斬撃によって波状の衝撃波を発生させる。「ウイスキーピーク編」で初使用。攻撃範囲が広く複数相手に有効。アニメでは三刀流でも使用している。
犀回(サイクル)
二本の刀を逆手に持ち、犀の構えからの回転斬りで生み出された衝撃波で敵を吹き飛ばす。「ウォーターセブン編」の対フランキー一家戦で使用。
羅生門(らしょうもん)
両腰に一本ずつ刀を構えた居合の構えから抜刀し、対象を縦に両断する。海列車の車両を一刀両断するほどの威力。「ウォーターセブン編」で初使用。前口上は「荒廃の世の自我(エゴ)、斬り裂けり」。
弐斬り(にぎり)
二本の刀を平行に持つ構え。この構えから以下に挙げるように連続の斬撃を繰り出していく。名称の由来は寿司の握り[32]。登楼(とうろう)
二本の刀を平行に斬り上げる。「エニエス・ロビー編」の対カク戦で初使用。名称の由来はトロ[32]。
応登楼(おうとうろう)
二本の刀を平行に振り下ろす。「エニエス・ロビー編」の対カク戦で初使用。名称の由来は大トロ[32]。
閃(ひらめき)
二本の刀を平行にして横斬りを繰り出す。「エニエス・ロビー編」の対カク戦で初使用。名称の由来はヒラメ[32]。
砂紋(さもん)
二本の刀を平行にして袈裟斬りを繰り出す。「エニエス・ロビー編」の対カク戦で初使用。名称の由来はサーモン[32]。
魔熊(まぐま)
二本の刀を逆手に持って振り下ろす。「スリラーバーク編」の対リューマ戦で初使用。
一刀流
刀一本で戦う戦闘方法。抜刀速度に優れ、「呼吸」を知る事でその太刀は鉄をも両断する。ゾロ自身はシャムとの戦闘の際に「あまり得意じゃない」と語っていた。

獅子歌歌(ししソンソン)
刀一本で行う居合。対象の呼吸を知る事で高威力の斬撃を繰り出す。「アラバスタ編」の対Mr.1(ダズ・ボーネス)戦で初使用。死・獅子歌歌(し・ししそんそん)
口にくわえた刀で相手の体勢を崩し、一刀両断する「獅子歌歌」の強化版。「パンクハザード編」で初使用。
黒刀 死・獅子歌歌(こくとう し・ししそんそん)
武装色の覇気を纏った状態で繰り出す居合。劇場版第13作・対ダイス戦で使用。
飛竜 火焔(ひりゅう かえん)
飛竜の如く上空から敵に飛び掛かり、重心を加えて斬り下ろす。摩擦熱によって切り口から発火する。「スリラーバーク編」の対リューマ戦で初使用。
厄港鳥(ヤッコウドリ)
三日月形の飛ぶ斬撃を放つ。「魚人島編」の対ホーディ戦で初使用。
大辰撼(だいしんかん)
敵に突進し、一刀両断する。放った瞬間、前方に斬撃が走る。「パンクハザード編」の対モネ戦で初使用。
馬鬼(バキ)
迫りくる敵を一刀両断する。「ドレスローザ編」の対ピーカ戦で初使用。
酔い醒まし 喝抜刀(よいざまし かつばっとう)
凄まじい勢いで相手に突っ込み、寸止めする。アニメオリジナル『ハートオブゴールド』の対ナオミ戦で使用。
煩悩鳳(ポンドほう)
常人離れした筋力で繰り出す「飛ぶ斬撃」。名称は「ポンド砲」に由来する[33]。

三十六煩悩鳳(さんじゅうろくポンドほう)
一刀流で放つ「煩悩鳳」。「空島編」で初使用。飛ぶ斬撃の形は線状であったり扇状であったりする。前口上は「眼・耳・鼻・舌・身・意、人の六根に好・悪・平、またおのおのに浄と染、一世三十六煩悩」。三百六十煩悩鳳(さんびゃくろくじゅっポンドほう)
「三十六煩悩鳳」の強化版。「魚人島編」で初使用。
七十二煩悩鳳(ななじゅうにポンドほう)
二刀流で放つ「煩悩鳳」。「エニエス・ロビー編」で初使用。カクの嵐脚「白雷」とほぼ互角の威力を誇る。七百二十煩悩鳳(ななひゃくにじゅうポンドほう)
「七十二煩悩鳳」の強化版。「ワノ国編」で初使用。
百八煩悩鳳(ひゃくはちポンドほう)
三刀流で放つ「煩悩鳳」。「空島編」で初使用。後に大業物の「秋水」を手に入れてからは、放った斬撃が他の二本を巻き込み、一本の巨大な斬撃へと進化した。前口上は「一世三十六煩悩、二世七十二煩悩、三世百八煩悩」。千八十煩悩鳳(せんはちじゅうポンドほう)
「百八煩悩鳳」の強化版。「ドレスローザ編」で初使用。
九刀流 阿修羅
鬼気迫る凄まじい闘気を立ち上がらせ、敵に三面六臂の鬼神・阿修羅(アシュラ)の幻像を見せる戦闘方法。

阿修羅 弌霧銀(アシュラ いちぶぎん
「九刀流」状態で突進し、敵に全ての斬撃を叩き込む。「エニエス・ロビー編」で初使用。カクの最強の嵐脚「周断」の斬撃を一瞬で霧に変える程の強力な威力を誇る。前口上は「苦難上等、好むものなり修羅の道」。
阿修羅 魔九閃(アシュラ まきゅうせん)
「九刀流」状態で激しく回転しながら敵を斬り刻む。「シャボンディ諸島編」の対PX-4戦で初使用。
阿修羅 穿威(アシュラ うぐい)
「九刀流」状態で突進し、敵を擦れ違いざまに斬り付ける。劇場版第10作・対インディゴ戦で初使用。
連携技
ゴムゴムの龍肩肉巻きムチシュート(ゴムゴムのたつエポールまきムチシュート)
モンキー・D・ルフィ#ゴムゴムの龍肩肉巻きムチシュート」を参照
ゴムゴムの三百煩悩攻城砲(さんびゃくポンドキャノン)
モンキー・D・ルフィ#ゴムゴムの三百煩悩攻城砲」を参照
6億B・JACK POT(ろくおくベル・ジャックポット
モンキー・D・ルフィ#6億B・JACK POT」を参照
パイレーツドッキング6
「フランキー (ONE PIECE)#パイレーツドッキング6」を参照
大撃剣(だいげっけん)
対オーズ戦で使用。サンジに「空軍パワーシュート」をしてもらい、フランキーの「ヘビーヌンチャク」の片端に刀を刺して敵に攻撃する。
ニー・クラッシュ
対オーズ戦で使用。ゾロ・フランキーが同時に膝の裏に攻撃する。いわゆる膝カックン。
ジェンガ
「サンジ#ジェンガ砲」を参照
ゴムゴムの悪魔風羊肉JET六百煩悩攻城砲(ゴムゴムのディアブルムートンジェットろっぴゃくポンドキャノン)
モンキー・D・ルフィ#ゴムゴムの悪魔風羊肉JET六百煩悩攻城砲」を参照

 

 

 

 

途中で飽きた。必殺シリーズの方でいいや。