詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

大和市 冷気 冷気の元 冷気を斬る この力は何? Facebook未公開記事

天皇家専用の神道は自由世界での戦いを含む宗教、と私は考えを進めた。

 

私の血筋は中臣鎌足以来の血筋のようなので、天皇家の祖父になった先祖がいる、ということ。

 

遠藤陸朗はタイヘン素敵な人だ。その弟の遠藤 誠もタイヘン素敵な人だ。仙台藩藩医からフォトジャーナリストへ・・・。幕末から明治時代の初期の革命の時代にグローバルに、勇猛果敢に、英語を学び写真を学び、危険な火山の写真を撮影して自力で出版、最先端の写真テクノロジーがあるアメリカに学ぶ、台湾で店を持つ、優れた後輩を輩出する、など、遠藤兄弟は非常に素敵な人たちであった。この人たちが自分の先祖にいたら良いのだが・・・。代官ではなかった。

 

 

 

 

私の血筋は家系図を見た時の記憶でいえば、源氏。さらに中臣鎌足まで通じる天皇家に通じている。

 

 

 

 

鬼を斬った渡辺 綱は源氏。渡辺の地には渡辺党の前から遠藤家が藤原式家出身の力を持って先に進出してその後は政局を間違えがちな渡辺党とは別に繁栄していく。文覚は鬼の手下であり藤原南家の出身、源 頼朝を唆し、結果として鎌倉幕府が生まれることになる。この文覚も遠藤家の血筋にいる。私は文覚は大嫌いである。鬼の手下、ということは地上げヤクザと同じだ。この血筋は私の妹や私の母親にまで祟って鬼を作った。私は父親の血筋を強く受けて不思議な力を持って生まれた。この遠藤家の血筋は、兵庫県の渡辺の地から宮城県に移住することになって以来、伊達藩、仙台藩、を経て大和市に移ることになった血筋で、どうやら陰陽師の血筋のようである。

 

 

 

 

では陰陽師とは何か、 と考えを進めることにする。

 

陰陽師とは、鬼退治の技を持ち、鬼退治の力を持ち、鬼を退治する実績を上げる人のことである。阿部晴明は有名な陰陽師だが、彼がする技が陰陽師の技を知るためには参考になる。だが、古すぎる技なので、遠藤陸朗や遠藤 誠らの兄弟のように最先端のテクノロジーで阿部晴明の陰陽師の技を進化させる参考にする必要がある。なぜなら、鬼も古すぎる技を最先端のテクノロジーを用いて攻撃してくるからで、ソレに対応しなければ陰陽師として鬼と戦うことができないからである。

 

 

 

 

この戦いのことを、第二次世界大戦以来続くオカルト戦争と考えると、最先端の国際的安全保障体制が理解できるようになる。

 

 

 

 

実体験から書くが、現在はオカルト戦争中である。

 

 

 

 

自由世界と不自由世界、つまり、霊の世界と霊の世界ではない世界、前者の世界の戦いが霊の世界ではない世界の戦いとなっている、という考え。コレが陰陽師に必要な考え方である。

 

 

 

 

今朝、起きてすぐに遠隔地からの音声について考えてみた。ミヒャエル・エンデが少年だった頃、エンデの家庭では会話をし合う妖精の存在が知られており、家の中では常に妖精の声が聞こえていたので、日常的に

また話してるが、アイツら(妖精たち)は悪いことはしないから

というような話が出ていたのである。エンデも妖精がいる毎日を当たり前のこと、と考える毎日だった、と。

 

 

 

 

ルドルフ・シュタイナーは妖精を森の中でよく見る体験をしている。コレはあまりにも有名な話である。

 

 

 

 

コレらはドイツでの妖精の話。私は日本にいるので日本の妖精の話、となる。よくわかっていなかった私は、昨日までは遠隔地からの音声については、正義の神々の声、邪悪な神々の声、と考えていたり、さらに考えを進めたらノベトシステムズのスピーカーから出る声、と考えを進めたりしてきたが、まだパラドックスではないか? という疑いが晴れていなかったのである。

 

 

 

 

矛盾とは、遠隔地からの音声が私の護身のために作用することがあるからである。しかも、ノベトシステムズのスピーカーでは不可能なほどの広範囲にわたる声の聞こえる範囲・・・ノベトシステムズのスピーカーはせいぜいそのスピーカーがある範囲内、車の中や部屋の中やビルの前、というような・・・なので、コレに自由世界だ、という観点を加えるとエンデやシュタイナーや阿部晴明がよく知る妖精の声ではないか? と考えた方が良さそうだ、となるのである。人畜無害の声とは妖精の声で、自由世界には鬼が実在しているのだから、私にとって役に立つ声は妖精の声、私を攻撃してくる声や人は鬼又は鬼の共犯、と。このように大別して考えるとかなり正確性を増した考えだ、となる・・・私はそのように考えたのである。今朝、起きた直後から、である。

 

 

 

 

妖精の声、とは、つまり陰陽道でいうところの式神のことである。陰陽道については私はまったく知らんので、式神に人類側と悪党側があるのかはわからんが、鬼は悪党、と考えて天皇家の儀式が存在することは昨日、知った。

 

 

 

 

そこで、神、人類、正義の側が式神、悪党側は鬼、と考えてみよう、ということになるのであった。私の場合は、だが。

 

 

 

 

遠藤家を天皇家中心に考えると、白川白王家という皇室神道を専門にする血筋も視野に入る。コレに藤原氏平氏、源氏、も視野に入れて考える。そして、文覚や日蓮のような、どちらかというと鬼の手下のように思えてならない連中も視野に入れてみる。

 

 

 

 

マインドマップやマンダラートの真ん中を遠藤家、そして、天皇家がすぐ近くにあり、その天皇家を中心に正義と悪の自由世界の勢力をそれぞれ血筋の名前や個人名で整理される図ができる。

 

 

 

 

この図をUMLで解析すると、陰陽道というメソッドがインスタンス変数として多く見られる図となるのである。このインスタンス変数は、阿部晴明、とか遠藤家の先祖の名前を冠する変数で、クラスのうちには遠藤家の先祖の名前を冠するインスタンス変数を持つクラスを見るようになる、と。

 

 

 

 

この遠藤家の先祖の名前の他に、同じような定義のインスタンス変数もある。白川白王家の先祖の名前を冠するインスタンス変数。

 

 

 

 

遠藤家のインスタンス変数も白川白王家のインスタンス変数もオブジェクト型の変数で表す。なぜなら、技があるからである。遠藤家のインスタンス変数には振舞いがあり、ソレらのメソッドは技の力が増す性格を継承関係の中で表すことになる。事実、そうなのだから、事実の世界を表すようにUMLで解析する場合は、そのようにしなければ正確に表現できないことになる。だから、遠藤家も白川白王家もインスタンス変数、かつ、ベースモジュール外にある独自のクラス、とならざるを得なくなる。ストリング型とかスキャンでもなんでも良いが、ベースモジュールは不自由世界を表すことまでで終わり、という言語設計があるからで、コレはJavaでもなんでもどの言語でも同じこと。

 

 

 

 

独自のクラスである遠藤家、当然、親子関係を持つクラス構造でなければ子供と親のメソッドの違いを表すことができないのだから、そうなる。

 

 

 

 

親のメソッドをスーパーでオーバーライド、そして、サブクラスではその後に独自の処理が記載される、というよくあるカタチである。サブクラス独自の処理が進化した陰陽師の力を表す、と。

 

 

 

 

こうして、私を表すクラスが登場。呼び出し側のクラスでは中臣鎌足、又は藤原不比等、というインスタンス変数の型でOK。呼び出す処理の条件文を正確に書けば呼び出し側は良いわけで。こうして、呼び出し側が持つ技を表すインスタンス変数の遠藤家インスタンス変数はちゃんとどの世代の遠藤家のインスタンスが代入されることになる、と。

 

 

 

つまり、各世代の遠藤家の先祖の力ごとによくメソッドを調査して必要な世代を正しく呼び出するようにするだけで、各世代の遠藤家のインスタンスが生成できて代入できる、と。コレは遠藤家の私のクラスのインスタンス変数でもあるので、私自身も私の先祖のインスタンスを生成して代入できることを意味する。

 

 

 

 

この遠藤家のインスタンスを、ビジターパターンで呼び出すような設計にする、又は、遠藤家自体がビジターパターンで呼び出すようにする、若しくは、クリーンアーキテクチャの設計方針を最初から持ち、再利用可能なコンポーネント設計をし、さらに、フレームワークとして陰陽、そのフレームワークのうち、ビジネスロジックのdivideをするビジネスロジック振り分けレイヤーを陰陽道、のようにする、このようにして、陰陽とは何か? 陰陽道とは何か? をフレームワークに叩き込んでイチイチ書き直す必要が無いようにしてから、再利用可能なクリーンアーキテクチャを用いて陰陽師クラスを作り、私や天皇家アメリカ軍や自衛隊やイギリス軍などの西側諸国のクラスのなかに持つ陰陽師を呼び出す処理のなかで、ビジターパターンでフォイルシステムを調べて最適な陰陽師を常に必ず呼び出せるようにし、そのビジターパターンたほとんど同じビジターパターンの処理を持つ遠藤家や白川白王家のインスタンスは技をファイルシステムを常に必ず調べて正しく技のセットを選ぶようにし、その技のセットはフレームワークに記載された陰陽レイヤーのクラスでビジターパターンで常に必ず最適な技を調べて返すようにしてあり、技のクラスはビジターパターンで陰陽レイヤーのリソース関連の性質を常に必ず最適なソレらを呼び出すようにしておく、コレで良いのでは? と。

 

 

 

ビジターパターンの処理はアッチコッチに書くのはあまりにも低脳すぎだ。だから、ビジターパターンの調査機能クラスを一個作っておいてどこからも呼び出せるようにしておけば良い。もしかすると、エンティティクラス、大雑把にいうとモデルから呼び出す、さらに、シングルスレッドでないと困る、という場合とマルチスレッドでなければ困る、というケースを想定して、シングルトンでスタティックガチガチにしたビジターパターン処理担当クラスと、コンクリートで、かつ、ダイナミック性を活かしたビジターパターン処理担当クラスの2つを作る必要があるかもしれない。

 

 

 

つまり、陰陽師を呼び出す側が日米英、さらにNATO軍などのような大規模な呼び出し側である場合は、マルチスレッドモデルで、私が自分を守るために陰陽師を呼び出す場合はシングルスレッドで、と。あくまでビジターパターンの処理だけの責務を持つクラスの話だが。

 

 

 

 

このように、各世代の陰陽師が自由に呼び出せることを、タイムトリップ、などと呼ぶのである。タイターを陰陽師だ、と考えると良いだろう。呼び出し側は優れていなければならない。だが、呼び出されたタイターの方はそんなに優れてすごいわけでなくても良い。だから、神は陰陽師を神扱いする奴らは滅ぼす! と言うわけである。文覚や日蓮をみりゃ鬼と結託しているうえに聖人君子・・・、いまどきは科学の時代なのに・・・、バカ検出関数のテストをしたいのに・・・、このように神は激怒しているのである。聖人君子だ、とわかったらソイツらはカソリックだ! 悪党だ! 鬼だ! 東側だ! といいかげんに理解せよ! という具合である。

 

 

 

 

陰陽師を呼び出すコンピュータプログラムのことを陰陽師召喚プログラム、鬼を呼び出すコンピュータプログラムのことを2ちゃんねるで昔、悪魔召喚プログラム、と。

 

 

 

呼び出し側のコンピュータプログラムで呼び出す陰陽師と、呼び出し側のコンピュータプログラムで呼び出す鬼。どちらのCPUが速いのか? ←コレ

 

 

 

 

コレ↑が重要。仮想CPUの仮想マシンの、となりそうなのでCPUパワーは必要。8ビット戦闘機より32ビット戦闘機、もしかすると宇宙戦争対応済みの日米英の戦闘機は64ビットCPUかも。と、すると、同時に処理できるファイル数、扱うことができるファイルシステムの差は大きいので、西側の勝利確定のためには、速いCPU。こういうことになる、と。システムを考える前にファイルシステムやね。インストールできないアプリケーションや保存できないファイル、コピーペーストができないOS、コレでは・・・。もはや勝負はついたも同然。高速戦闘プログラムの性能の違いで戦闘機の強さが決まるわけで。ターゲットオンにするまでに2秒の西側、30秒かかる東側、という差やね。ようは。

 

 

 

 

このように、陰陽、陰陽道陰陽師の技をすばやく簡単に正確にメモリにロードして、記憶したとおりの性能で実行すると良い。

 

 

 

 

陰陽師とは、式神を用いてもう1人のハロプロのアイドルを呼び出して愛欲や食欲、睡眠欲のエクスタシーを自由に楽しく愉快に過ごすこともできそうだ。式神とは植物魂。ここまで今朝からわかった、と。私の場合は、だが。

 

 

 

そこで、大和の冷気を調べるかあ、となったと。ちなみに、昨日はジュースを買いに行かなかった、までも書いておく。ここだけはステキな笑顔で書いた。ざまあみろ。