詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

バイオセントリズムとウェポンについて Facebook未公開記事

日本は安全第一、アメリカ合衆国アメリカ ファースト。

 

この意味は、日本は日本刀、アメリカ合衆国は銃、という意味である。

コレがわからないとバイオセントリズムの観点からバカにされる。つまり、人類からバカにされる。

 

 

 

 

バイオセントリズムはなんのための学問なのか? 鬼を斬り、撃ち、殺したあとに鎮魂をし、その後に祟りを斬り、祟りを撃ち、滅ぼすためにある。神の観点から言えば、バイオセントリズムは意識中心主義であろうがなんであろうが、そもそも鬼退治のためでなければならない、ということになる。

 

 

 

 

そこで、バイオセントリズムと関市、三条市三木市を考えると、たしかに、妖気は斬れる! いまは実体を持つ鬼そのものを斬る練習をしているのだが、確実に斬れる切れ味がたしかにある刃物ばっかりである。

 

 

 

 

バイオセントリズム

刃物

ヘルスビジネス

または

別のビジネス

 

 

 

コレで日本の正義は必ず勝つ!

次は、新潟、岐阜、兵庫から首相が生まれるかもしれない。アメリカ合衆国はサッサとトランプ前大統領を大統領にするための準備をバイオセントリズムの観点からも進めよ。物理学とバイオセントリズムでアメリカ合衆国は自力だけでも救われるし、日本からもサポートするし、NATO加盟国だってアメリカ合衆国の正義をサポートをする。必ずアメリカ合衆国は救われる。

 

 

 

いまどきは正義で儲かる時代なのである。引き剥がしの法則の時代なのである。統合ではなく分断の時代であり、クラウドテクノロジーよりスタンドアロンテクノロジーの時代なのである。

つまり、

正義

バイオセントリズム

 

で。すると、必然的に儲かるので

バイオセントリズム

武器

カネ儲け

 

 

となる。

 

おそらく、日本は日本刀からビームサーベルへ、アメリカ合衆国ビームライフルへ武器が進化する筈だ。

 

 

イギリスは、世界最強の陸軍を持つ、とも噂されている強い国である。

 

イギリスは、ゴーストだらけの首都をちゃんと持っている。ロンドンにはゴーストがたくさんいる、と噂されている。モンスターを斬るのか、撃つのか? どちらであろうか? イギリスの場合は、どちらもOKと思うことができる歴史を持っているだけに、ビームサーベルライフルのような新しい武器のジャンルを確立するのでないか? と私は考えてある。つまり、ビーム銃剣ではないか? と。

 

 

 

しかし、軍事については私よりイギリスの軍人の方がイギリスの兵装については詳しいし、戦争についても詳しいので新しいジャンルであるビーム兵器については楽しみにすることとし、さらに、ゴーストやモンスターを斬って撃つビーム兵器の登場をも楽しみにすることにしている。イギリスは世界初のモノを発見して一大ジャンルに変えるぐらいの知恵と勇気を勇猛果敢に取り組み成功させる実力がある国である。

 

 

 

したがって、日米英はバイオセントリズムの観点から発展が楽しみな国々、となり、ナイジェリアやケニアも楽しみだ、似てるから、となる。

 

 

 

すべては武器から始まる。

邪悪な鬼を退治するための時代だからである。