サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

精神の量子場と鬼がいるイメージを作る Facebook未公開記事

量子理論はまだよくわからんが、バイオセントリズムの観点から精神の量子場といわれる空間があることぐらいはなんとなくわかってきた。

 

 

 

量子で光の無い状態だと揺れている空間であろうか?

 

 

 

 

精神の量子場とは、物質的ではなく量子的なので物質的な肉体の部位では見ることができない。

 

 

 

 

では、私が瞼を閉じると見えてくるモノは何か?

アニメ化されたモノ ←コレ

 

 

 

コレが見えるのだが、コレは鬼をアニメ化したモノらしい。真横にもいるし、後ろにもいるし、前にもいるし、上にもいるし。この鬼を表すアニメ化されたモノは肉眼ではなく瞼の裏に自然に浮かんでくる。コレが量子的な光景ではないか? と私は考え始めている。

 

 

 

この件に関して、自然魂(妖精)たちは

当たり

という旨の音声を送ってきている。惑星魂である地球の表面的な姿の木々からの音声かもしれないが、たぶん、地球そのものから送られる音声である。

 

 

 

 

大和の地球の地のオモテは、音楽好きである。また、スパイ行為をすることが得意である。さらに、予知能力もあり、鬼が鬼の作ったシナリオのとおりにゾンビを動かす大和駅周辺では、フェイントをかけるように私が移動すると

当たり

という旨の音声を送ってくる。事実、鬼が作ったらしい、演劇的な町の人たちは消えた。邪魔がなくなる。

 

 

 

 

この量子的な存在で、かつ、物質的な実体を持つ鬼と鬼の共犯との関係は、反社会的な関係ということができる。

 

 

 

 

この量子的な存在は妖気を放つ。来やがった! とすぐにわかる。冷気だけでは判断できないはず。アレが見えてくるからわかるのである。そのアレとは↑コレのことではない。判断の根拠は秘密。なぜなら、私がテケトーに鬼の存在を感じるフリをすると、当たるからである。完璧に当たるからである。間違えようが無い、といえるほどの100%の的中率。つまり、私の周りに常に必ず鬼がいるから、100%になる、と。

 

 

 

 

そういうわけで、私の周りには見える鬼がいることになる。また、鬼の共犯たたは私が過去にした動作を常に必ずする、さらに、私が過去に見た人物(物質的な事実上の世界とインターネット接続したのちにダウンロードした写真データ)の顔であることもある、と。そういうわけなので、常に必ず見えるのは地球製の鬼のアニメ。鬼をアニメ化したモノがみえている、と。なんのことかやっとわかった。

 

 

 

 

この悟りを得るためには、宗教や少林寺拳法ではなく量子学が必要。ただし、学んだりしなくてもよく、たぶん、量子だとバイオセントリズムもあるしバカじゃないから死後ではないからアレかあ? と外れてから失敗に目をつぷると見えてくるアニメに満足を得てからが勝負である。

 

 

 

 

大和と箱根のあるに地点にいくと、惑星魂の音声が聞こえなくなる。スッと消えるのである。

 

 

 

 

コレらの地形の共通点は無い。わからんと思うけど、行政はわかってそうだ。ソレにしても低い確率だけどね。

 

 

 

 

そこを発見すると私ら鬼斬りマンの勝利確定。鬼は地球製のワナにハマるために寄ってくるようなマヌケな存在に成り果てる。すると、なーんにもしなくても鬼退治は成功、と。したがって、コレを知っている鬼はそこへは近づけないのである。コレも良いヒント。

 

 

 

 

その地点に行ってもなーんにもならない役に立たネー奴の方が多い。なぜなら、鬼の共犯だから・笑。

 

 

 

 

このように疑われているのである・笑。

 

 

 

 

その地点に行くと、鬼を斬り、祟り化させ、祟りに遭っている人(オカルト関連、つまり、量子的なコトに弱い人、無知な人、無駄な人)のところへ行って妖気がソコにあれば斬って助ける、と。さらに、ソコに妖気が無いのに助からない↑の弱い人の場合は、ハラスメントをしている奴のところに案内してもらって、ソイツを斬り殺す、と。こうすれば良いのである。

 

 

 

 

そこで、YouTubeの社員を銃撃した人の素晴らしい、卓越したメソッドから考えると、彼女は鬼斬りマンだとわかってくるので、畏敬の念を持つとよいことになるのである。

 

 

 

 

アメリカ合衆国は銃、と決まっている。バイデン支持者なら射殺しろ、とも神は決めている。

 

 

 

 

日本の場合は、刀。日本刀。刃物。安全第一の。そのように決まっている。

 

 

 

 

そこで、鬼斬りビジネスと殺し屋ビジネスの違いを考えることになる、と。

 

 

 

 

必ず勝つことができる地点を知り、鬼をアニメで知覚することができれば、量子の世界を見ることができる、と考えて良い。

 

 

 

 

では、鬼は地球の大気圏内にいるとして、どこが鬼のモトになっている場なのか? ←コレ

 

 

 

 

この場とは、精神の量子場ではないか?

 

 

 

 

この精神の量子場とは、あの地点なのだろうか?

 

 

 

 

パワースポットだと騙すビジネスが横行しているが、ソコは地球上でいうと普通の場所なので物理的な計測をして

磁力があ! 高いしぃー!

とか重力異常とか、さまざまな異常を感知してもソレは宜保タカ子のバラエティレベルの普通の場所でしかない、と量子理論から納得することになるであろう。

 

 

 

 

精神は精神の量子場に

さらに、物理的な場所じゃネーから

わかりそうだけどナー

 

 

 

 

でも水晶玉は私も持ってる。パワーストーン売店から買ったヤツ。ある程度は役に立つ筈の重量だから、鬼と鬼の共犯たちをブン殴るときに使おう、といまは用途が当時と変わってきている。

 

 

 

 

まあ、こんなカンジやね。