詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

予測できないらしい。

確率でしか表せない

量子理論の基本原理

 

知らんかった。じゃあ無理だ。

 

 

 

 

疑似乱数

仕組みがバレると当たる数字が推定可能になる。

 

古典物理

くじを発行する側がバイアスを指定可能なので、みずほ銀行は規則性を設定可能なので、みずほ銀行だけはくじに当たる確率が上昇する。他の人も当たることは当たるが、みずほ銀行より当たる確率は下がる。当たる回数=当たる確率、と言える。したがって、当たる回数はみずほ銀行が一番多くなり、他の人はそれより少ない当たる回数になる。

 

 

つまり、ナンバーズには当たる方法がある、という考えは、

ナンバーズは疑似乱数だ、と主張していることになる。

 

では、その証拠は?

 

 

 

 

疑似乱数を発生させるプログラムを作るとしたら、条件文次第でゾロ目や次の回でも同じ数、とか調整可能になる。つまり、この条件文を知っているのかいないのか? コレやね。当たる方法がある、と主張する人に聞くことは。つまり、証拠は。

 

 

 

 

古典物理、とは関数であろう。マルウェアなのかビナインウェアなのか? を決める関数の重みとバイアスは、くじを出す側が決めることになる。つまり、くじの売り上げを調整することができるやり方である。

 

 

 

 

このやり方をみずほ銀行がしている場合は、矢が当たるまでの距離の意味を考えねばならなくなる。つまり、何を乱数の根拠にしようが、物理的に風車に矢を当てる間にあらゆる条件が無条件に変わるからである。したがって、当たる方法がある、という主張は間違いかもしれないし正しいかもしれないが、どうでも良いことにする、という意味が風車に矢を当てる、という意味になる。

 

 

 

 

つまり、ぜったいに推測不可能にする量子理論から考えると、矢を当てる構図であれば、無意味な理論、ということになる。推測不可能な乱数発生、だが、そもそも矢が当たる数字を発生させることはできないから、量子理論とかの問題ではないっ、と。

 

 

 

 

こういうことにことらしい。知らんかった。

 

 

 

 

と、すると、

私が考えたとおりにアレをコレすると良いことになる。アレとは数字が決定した未来、コレとはイメージである。

 

 

 

この私の方法ですぐれて当たる場合は、みずほ銀行による100回の攻撃のうちの1回だけみずほ銀行が反撃を許す攻撃、つまり、当たになる数字をすぐれて当てることになる、と。

 

 

 

 

つまり、精神の量子場にアクセスするためにバイオセントリズムを中心にしたナンバーズ必勝ロジックを編み出し、意識の科学の進歩に寄与するようにすれば良いかな? と。

 

 

 

 

だが、バイオセントリズムは量子論であることはかわらない。つまり、生命中心に宇宙を考える理論では、くじは当たらない。したがって、ナンバーズも当たらない、と。

 

 

 

 

そこで、予知能力と量子論、となる。すると、精神の量子場に未来があるのか無いのか? となる。考えを進めるとしたら、だが。

 

 

 

 

すると、アメリカでは解決不可能なほど証拠が無い事件に対して、ズバズバ事件の内容を当てる超能力者や霊能者が実在していることを思い出す。

 

 

 

 

超能力は科学である。そして、物質的である。したがって、くじは当たらないことになる。

 

 

 

 

霊とは精神の量子場に関連する話である。ソレなら量子論は霊についての学問かどうか?

 

 

 

 

霊とは宇宙である。コレをダーマと呼ぶのは少林寺拳法である。霊とは何か? ソレは精神の量子場のことではないか?

 

 

 

精神の量子場は大気圏内にあるのか?

あるとしたら電離層か? どこか?

 

 

 

実は大気圏外である。ソレでアメリカ合衆国は宇宙について最も優れたテクノロジーを持っていることを思い出すわけである。

 

 

 

つまり、精神の量子場にアクセスする科学があるのではないか? という話になり、ピーター・ラッセルの話が理解できるようになる、と❤️

 

 

 

 

私は優れた量子関連の学者のうち、すぐにピーター・ラッセルを選んだ❤️❤️

 

 

 

ブルハを思い出させるチャプター1。

 

 

 

私は勝つように生まれる前から決まってる。中臣鎌足に通じる血筋だからである。

 

 

 

つまり、ピーター・ラッセルのサイトだけ読んでいればナンバーズに当たる力である、予知能力を意識を変えて得ることができる、と❤️❤️❤️

 

 

 

 

ナンバーズを当てるため、ということなら量子文明は認めることができる。量子コンピュータの未来も、である。つまり、予測不可能な乱数を出す量子理論を実現するOSを開発したら、予知機能を実装することになる、と。

 

 

 

 

量子コンピュータの世界では、IBMが世界一の研究レベルで世界一の速度で世界一の成果を上げ続けている。暗号がどうのこうの、という本からして正義がある。

 

 

 

と、すると、

予知機能の実装を量子理論で実現しているのではないか? ぐらいはすぐに思いつく。

 

 

 

で、あれば、

いまIBMに投資する人は、予知機能の実装について投資している筈だ。マーケットはそのように動いている筈だ。

 

 

 

そして、この投資をウォール街のバイデン支持者の裕福な投資家がすでにやっている筈だ。だから、攻撃の対象になったわけだ。そして、酸素だ。

 

 

 

 

正義はこのようになっている。

 

 

 

 

と、すると、

予知機能だ。JavaのRandomクラスだっけ? あったなたしか。コレかあ。このクラスが量子理論で作られたクラスだったら、予知機能。じぶん銀行の為替予測機能ではダメなのだ。何度もくりかえし外れたからである。私が、だが。

 

 

 

と、すると、

いまは64bitしかないわけだから、Javaでは無理だ。

 

 

 

 

と、すると、

量子が見える私は。単にこうだったら良いのになあ、ではなく、こうかもしれない、と思いつく少年の詩の方の少年ではなく、ヒロトの方の少年の方で量子だ。

 

 

 

 

テケトーに予想したらジャイアンツが必ずそのとおりに勝った少年時代を思い出してきた。

 

 

 

と、すると、

みずほ銀行は世界トップレベルのメガバンクではなく、世界一のメガバンクでなければダメだ。世界一と日本一を比べる考え方はもっとハードルが高いことはすでに私は書いてある。一級禅師もとっくに話している。町内一とかはそうとうタイヘンだと思うね。関市の刃物メーカーや刀鍛冶を見ればわかる。ゾーリンゲンもそうだろ?

 

 

 

 

そこで、とっくなみずほ銀行はかつての中日ドラゴンズ、とわかっているので、予測は難しい・・・になるのかな? コレだなあ。