サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

なんかヘン

量子的に予測できるのは、光が無い場合なのに。

 

波動を見て鬼を避けて精神の量子場を計測することは可能なのに。

 

なんかヘンだ。今や未来は確率の話で誰も決められないし予測できないから、決定論でいうところの運命はすでに決まっているというのは間違いだ、はヘンだ。

 

 

 

すでに未来は決まっている、というのはバカどもが計画を神扱いして変えないから起こるバカ現象である。

 

いつでも状況に対応して変える計画、という話で、かつ、何が起こるかわからない、という戦いの場であれば、光さえ無いとありがたい、といえる。量子的に計測できる波動が実体から出てるからである。光は物質を、量子はエネルギーを。

 

 

 

つまり、未来は必ず準備動作から始まるので、光さえ無ければOK。予測して避けて反撃なり希望なりなんなり当てる、と。こういう意味で計測できるけど、光が邪魔だから我々の運命はもう決まっている、とバカが主張した場合に、光があり、かつ、バカが支配しているうちは、バカ計画が神扱いされるだろうから、まあ決まってるっちゃー決まってる、と。

 

自由意志の完全勝利確定のいまどきは、光が無い夜があるから決まってはいないけど、わかるから、決められる、または変えられる、またはなーにもしない、または誰かにやってもらうからなーんにもしない、と。

 

 

 

こういう意味から、自分を光扱いすることはロジック上は可能。私は光だ! と光合成する宗教家はバカなので、このあたりの観点から、次のバカは誰だろう? と昼間っからニヤニヤしながら世間を観察しているゲーテ気取りがたくさんいる、と書いておく。羨ましい身分だぞ。