詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

知らんかった。遠隔地からの音声攻撃について Facebook未公開記事

https://www.soumu.go.jp/main_content/000537186.pdf

マイクロ波聴覚効果を用いる兵器等に関する文書等の不開示決定(不存在)に関する件

 

 

コレは私がずっと書いてきた遠隔地からの音声攻撃についての調査の話だ。

 

 

 

 

たしかに、いまでも私に対して遠隔地からの音声攻撃は続いており、止まることはない。とはいえ、一昨日からこの音声は小さくなり続けている。2012年から続いている遠隔地からの音声攻撃は、一昨日前から小さくなっているが、ある特定の場所では消えたこともある。箱根の仙石原のバス定期券を販売する店舗があるが、そこから川沿いへ向かって進むと道祖神の石造があるところへ着く。その石像からさらに先へ進むと、川沿いに青系の外装を持つ3階建てだったと私は記憶しているが、アパートが建っている。このアパートの付近では遠隔地からの音声は消えるのである。

 

 

 

 

また、大和市の扇屋という焼き鳥屋と遠藤歯科の間にある公園では、遠隔地からの音声のうち、何種類かに限定されるものの、消える音声がある。

 

 

 

 

この音声の主を神、幻魔、鬼、などと私は呼ぶが、人為的に起こされた物理的な装置による音声だ、という観点は当然、捨てていない。

 

 

 

 

私以外にも多数の被害者がいる。

 

 

 

 

この音声送信は、自衛隊が持つ装置から出されるのかどうか? LINEではこの遠隔地からの音声送信が自衛隊によるものだ、と考える人たちがいた。私は数日ほどそのグループに招待されて加わった。だが、鬼にしなければ良い、などと言うメンバーがいて、ソレ以外のメンバーの発言が少なすぎるため、私には不適当、と判断して退会した。

 

 

 

 

社会では、創価学会による遠隔地からの音声攻撃、という人も複数人いる。

 

 

 

 

私は、この音声送信が私に起こるすべての犯罪被害と連動しており、サイバー犯罪もまたこの音声送信と連動しており、音声送信をはじめとするすべての犯罪が遠藤厚子の遺産の独り占めを目的として行われている、とわかってきたため、あらゆる人物によるあらゆる攻撃は、遠藤厚子の蓄財のために行われている、と断定した。

 

 

 

 

アナタ(=私)の妹さん、あまりにも酷すぎやしませんか?

 

から始まり、遠藤厚子を激しく非難する市民も多い。私を攻撃する人は多いが、彼らは私以外の市民も多数、攻撃しており、その結果、多数の市民たちがいよいよ武力蜂起する段階へきた、というカンジ・・・ソレが2021年の現状である。

 

 

 

 

彼らが車のヘッドライトを照射する攻撃をするなら、車を破壊することで被害を止める、という流行がコレから始まるようだ。攻撃者は事故や事件な被害者にならないとならない、という全員一致の作戦を採っているのだが、ソレならそのようにやってやろうぜ、という話なのである。

 

 

 

 

攻撃者たちは、たぶん、全員、税務署、裁判所、内閣に知られている。また、自衛隊も知っていそうだ。

 

 

 

 

この質問文書は、明らかに国防に関する問題だ、という観点から始まっている。自衛隊にはこの音声送信装置に関する文書は無かった、となった。ソレなら誰だあ!? という話になる、と。

 

 

 

 

ソレと、平塚児童相談所の所長の次、と言われた児童の人肉喰いのkが、平塚児童相談所の副所長のカワモト、と。すべての攻撃者が一致して持つ霊感商法詐欺の話し方そのまんま。ホントに噂どおりであったので、カワモトについては、神奈川県県庁の児童関連の担当者に、カワモトの異常な在籍確認拒否の理由を伝えた際に、その噂も報告しておいた。必ず、カワモトは犯罪を隠している、とも。

 

 

 

 

このカワモトも市民からひどく嫌われている。まもなく殺されるであろう。

 

 

 

 

すでに、国防関連も調査の対象となり、調査に自衛隊も協力している、と。

この情報を知らない攻撃者たちは多数。関口弁護士はとうとう辞任。私には多くの損害が発生したが、ようは、遺産狙いの殺人事件なので、戸籍から遠藤厚子を追い払う戦いだ、と認識すればカワモトまで居場所がバレることになる、と。いよいよ私は大詰め。だが、ジャムマンさんたちは大丈夫だろうか? テーザーガンは、公安も法律上の取り扱いについては調べないとわからん、と。さらに、県庁も管轄部署自体がないからわからん、と。テーザーガンの輸入代行業者が増えた、と。調べてもダーツのサイズがわからん、と。攻撃者たちは、中国製や韓国製や台湾製のスタンガンを霊感商法の手口で儲けている、と。

 

 

 

 

詐欺師は大規模な犯罪組織のメンバーであろう。コレだけ大人数なのである。だが、被害者たちの方が圧倒的なパワーを発揮し始めている。なんならテーザーインターナショナル社のショットガンの方を買っちゃうか? という人もいておかしくはない。アレは弾丸からして銃刀法違反だが、戦後の日本人たちは、不法行為を犯す者たちを実力で退治してきたのである。たぶん、銃刀法違反とか平気では?  私は私の戦法がこの武器には向いていないので、パルサープラスならイケるかも、と。さっきからダーツの部分を調べれば調べるほど、電気刺股の方が良さそうだ、と思いはじめているところである。サイズと威力は、公安委員会同様、私にもわからん。重さと直径がわからんのでどうにもわからんからである。輸入はOKらしい。よくわからんが。パルサープラスの方は、だが、しかし、弱いよナー とわかってくるからナー。カートリッジが高いしナー とかも。コレなら、公安委員会から

エアガンなら私、わかりますので!

とのとおりで、エアガンでいいかな? と。テーザーガンが弱すぎるような気がしているし、カートリッジは高いし。なんか免許が必要らしいが、狩猟用の免許かね? ソレならイノシシや鹿を静岡県などでトドメを刺す仕事で使われる電気槍 ←コレ

 

槍投げになんなよ

と、槍投げ競技の選手だった吉田という、何かを諦めかけた同輩に先輩が言った一言がオモシロかったので私はその場で笑ってしまったのだが、まあ、言われてみればかなり確かなアドバイスではある。刺すためのだけどね。あの電気槍。グサっと刺す。バッテリーは長保ちする。2キロあるけどね。グサっと。罠にかかったイノシシとシカを流血させずに、すばやく簡単に処分できる、と。

 

 

 

たしか、Facebook動画コーナーで、冬山かな? そこでヒグマかな? 猟銃で撃ち殺してクマが転げ落ちていくのがあった。アレよりかは安い。たしか9万円弱で買える。先っぽの槍部分を外せば、銃刀法に違反しないそうだし。

 

 

 

 

要石の佐々木という表札が出ている一家建てに出入りしている男が、左側頭部を撃ち抜かれたようで、黒い液体のようなモノをボタっ、ボタっと地面に垂らして自転車から転げ落ちた後、謎めいた液体を頭から流し、ニコニコ笑って大和の文化センター・シリアスの女従業員たちに救急車を呼ばれて搬送され、その間もニコニコ笑っている彼女らをみて、アイツ、道交法違反してた警察官だったけど、そうとう憎まれてそうだから、遺産の独り占めとかやってんのかな? とか私はいまはそのように考えている。

 

 

 

 

テーザーガン、まだ調べるけど、数発撃ったらカートリッジの交換だ ではナー。なんか嫌だ。圧縮窒素もカートリッジ交換で、というのは好感が持てるのだが。

 

 

 

 

まあ、そういうわけで、オマエら攻撃者たちは必ず酷い目に遭わされることになった。量子的な世界では、滅ぼされる幻魔、というシナリオで。物理的には、追認となる。あまりにも悪質すぎるからなのだが、殺されなければわからんような霊感商法詐欺師だからナー。

 

 

 

 

死ね!