詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

武装蜂起するならヒントは害獣駆除。 Facebook未公開記事

テーザーガンに関するレポートを読み、納得を得ながらさらに調べると、Wikipediaのスタンガン関連の記事がデタラメであることと、銃刀法に関するWikipediaの記事もデタラメであることに気がついた。

 

 

 

 

ソレはソレとして、テーザーガンの電極針、アレ、刺さることは刺さるかもしれないが、一週間だけ痛いだけ、さらに襲撃してくる堕天使による抵抗を防ぐことが市販品のテーザーガンではできなさそうだ、とわかるとじゃあどうすれば良いのか? と考えは進むことになる、と。

 

 

 

 

そこで、これまでに知ったアレコレをまとめて再考する機会を私は設けたのである。すると、害獣駆除が素晴らしい、とわかったのであった。

 

 

 

 

クマやヒグマ、クーガーやイノシシ、野犬など、アメリカ合衆国カリフォルニア州のケダモノと日本のケダモノは、世界中のケダモノと似たようなもんなのである。人を食うし。ワニもそうだしサメもそうだが、肉食で人喰いのケダモノであれば似たようなもんなのである。

 

 

 

 

その場合は、ケダモノは人間より強いから人間を食うのだ、と考えると正解であろうから、ケダモノを駆除する仕事は素晴らしい仕事だ、ということになる。人間の方がケダモノより上だ、という意味を後世にわかって伝える実力がある人を害獣駆除人、と私は呼ぶことにした。事実上の世界を見ればそのように呼ぶしかないからである。

 

 

 

そういう観点から、市役所の害獣駆除対策の担当者やその他の関係各位も害獣駆除人、といえる、実力があるからである。

 

 

 

そして、猟銃が武器である以上は、猟銃を撃つ資格を持つ人が害獣駆除戦士、ということになるのである。軍隊は人類ののなかからうまれるので、人が戦士になるのである。

 

 

 

 

害獣駆除戦士が使う猟銃、私はいまはこの武器でケダモノに勝つことができる、と、確信している、そして、私のような確信を得た人は多い筈だ。

 

 

 

 

ケダモノ、というと量子の精神場では人間も含むし、異星人も人間なので異星人も含む。量子の精神場とはおおきな塊。意識がたくさん集まって宇宙に影響を与えている、と最新のバイオセントリズムでは考えられている。私の実体験からいうとそのとおりである。いつか物理的な学問による証明もされる筈だ。見えれば、だが。

 

 

 

 

量子の精神場では、ケダモノとは倫理がない人のことをいう。ケダモノは人げ話のカタチをしている場合もある。そして、そのまんま物理的な世界であるこの点と線の延長線である事実上の世界にも影響を与えるから現れることがある。そのまんまの姿で、である。もしかすると、小野田建築設計事務所に入っていった男は、空間から突然、姿を表したように私には見えたのだが、ケダモノかもしない。

 

 

 

 

ケダモノとは幻魔、と私はいまは呼ぶ。幻魔とはケダモノのことであり、幻魔大戦20巻シリーズの方の小説のなかでは異星人であった。幻魔は人を喰い殺して喰い殺した人の生皮を被り、その人になりすます。小説ではこのような描写であった。

 

 

 

 

コレを量子的な諸学問で解釈すると、多数の人たちが事実だ、と支持する場合は、量子の精神場にそのような世界が生まれ、未来に変わり、現実の物理的な世界に影響を与えて、その世界を構成するアクター(幻魔など)が現実化し、つまり、物理学的に証明可能な実在物として現出することになる、と。こう考えることになるのである。そのまんま、私が実体験で確認したさまざまな不自然な現象がコレなのであるから、いうか物理学的な諸学問によって証明されることになるだろう。物理学関連の諸学問は常に必ず量子学関連の諸学問が発見した事象が正しい事象だ、と証明し続けてきた、まあそうなるかな? と。

 

 

 

 

そういう高度な観点から私は噂を聞いているのである。平塚の児童の人肉喰いのk、とか噂があれば、本当かあ? とパラドックスを疑いながら真実がわかるまですぐれて覚えておくのである。毎日、この確認する基準は更新されているので、毎日、基準はあがり続けて向上している、と。そういうことなのである。

 

 

 

 

武装蜂起すると、高度な解決策であるところの

敵をドミノ倒し式

または

敵をドミノ倒れ式

に一挙に殲滅することとは別の解決へのアプローチとなり、天誅を自力で行うカタチとなりそうだ。そこで、法律の運用、官民共同作戦、と。つまり、法律以外のルールである条例や政令、規則などの国会で制定されたルールである法律以外のルールでも敵兵を

ドミノ倒し式に

ドミノ倒れ式に

押し込む ←コレ

 

 

 

 

このコレで考えると、武装蜂起とは害獣駆除ではないか? という結論に至るのである。量子の諸学問から考ければ、だが。ケダモノを退治する人を害獣駆除戦士、と私は呼ぶが、敵兵を具体的に思えばなんとなく正しい、とこの呼び方がわかる筈だ。

 

 

 

 

こうして、害獣駆除に関する共通のイメージを持つ人が私以外にもたくさん現れるようになると、正義は勝つことになるのである。倫理がアップするからである。もっとも残酷でもっとも野蛮な観点から常に必ず私は高度に話題を考えてきたが、まあそういうことなので、と。

 

 

 

 

と、すると、

害獣駆除戦士のファッションとか武器とかアイデアとか罠のカタチとかいろいろ気になるようになる筈だ。カッコ良いファッション、とか考えるようになる筈だ。こうして世界が更新されていくのだが、正義があれば確実に実現するのである。

 

 

 

 

空飛ぶ害獣駆除戦士、とか。なんとなく機動戦士=害獣駆除戦士かな? とか思う筈だ。ドローンに乗って飛ぶでも良いし。ドダイに乗ってるグフ、とか見ればなんとなく未来がイメージできるのでは?

 

 

 

 

未来とは量子の世界。未来は現在の影である。過去は現在である。事実である、と書いた方が良いか・・・。現在は過去の現在である。つまり、歴史である。

 

 

 

 

こういうことになっているので、害獣駆除を参考にみんなに、護身に努とめられたく私は思うし、どうせやるなら高度にやることを私は推奨するし、ソレなら敵兵をドミノ倒し式に、ドミノ倒れ式に自動で滅ぶような思想の成果物を持つべき。共有すべき、と私は推奨したい。なざなら、いまどきはいろいろ理由があるだけに、そう言わざるを得ないのであるからである。