サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

倫理とは職業倫理のことか? →不正解 Facebook未公開記事

幻魔は、職業倫理を求める人が必ずハラスメントを起こすことを知っている。

したがって、職業倫理は倫理の中には入らない。幻魔が人間を殺すために使うロジックだからである。わからない法学部以外の学部を出たり、大学にも行かない人には倫理審査会で審判されて態度を改善させられることで理解することになるだろう。その場合は、地位の降格、リストラなどの罰が付随する可能性がある学びとなる。

 

 

 

 

職業倫理は法律や条例などでは、幻魔のロジックにならないように決められている。つまり、人権を侵害してはならない倫理として職業倫理を定義し、職業倫理を遵守する働き方を求められ、守れない場合は罰則を受けることになる。たとえば、社会正義を実現するための司法関係者たちの職業倫理は明確にされている。

また、セキュリティロールやコンプライアンスによって人権侵害にならない職業倫理を求められるようになった。コレを守れない人は、立場がどうであれ罰則を受けることになる。罰則、という言葉より法律上、または条例や政令内閣府令や規則など種類がわかれているルール上の処罰を受けることになる。

 

フロイが求める倫理こそ倫理である。

この倫理は

悪と戦うためという目的を持つ倫理である。

 

コレらはあらゆる倫理の基本である。わかりやすく学びやすい倫理は、少林寺拳法の道訓にまとめられている。

 

 

 

 

高い職業倫理のレベルの好例は、裁判官や弁護士、検事や政治家のソレである。以降、順次、その求められる倫理のレベルによって給料や報酬が決まる。

 

 

 

 

たいがいは、高額な給料や報酬を与えられる仕事は職業倫理のレベルが高く、少しのミスが倫理に違反すると、すぐに職業倫理に違反したことに通じるという厳しい審判を受けるので高校生なら年収比較などすればだいたい正確に職業判断ができる筈だ。

 

 

 

 

いま、バイデンアメリカ合衆国大統領が職業倫理を問われる方向へ堕ちている最中である。倫理が高いと誇り高い、と考える人たちに対して、不正を働く人たちが実在しており、今回はアメリカ合衆国大統領職の職業倫理が問われるケースが現実になっているので参考にすると良い。

 

 

 

 

たとえば、メキシコとの国境に設けられた壁は不法移民による不正からアメリカ合衆国を救うのだが、コレはトランプ前大統領のわ提案によって実現された壁である。

この壁を壊せ、と言ったのがバイデン大統領である。

 

 

 

 

さらに、銃による争いは銃によって争いの当事者以外の者が止めなければ争いは止まらないのだが、銃を規制して欲しい、と依頼したのはバイデン大統領で、銃の規制を求めるデモを起こした民主党支持者の大学生たちによるデモを跳ね除けたのはトランプ前大統領である。

 

 

 

 

バイデン大統領は、不正のために生まれた大統領であることは、世界中が知ることである。このあと、バイデン大統領はどうなるのか?

 

 

 

 

コレと同じ観点で市民は倫理が無い、足りない、そのような人たちを見ているのである。当然、審判の機会があればソコで、審判の機会がなせればその機会を作り審判する、という仕組みで幻魔の目論見・・・量子の精神場から現実化した悪・・・を滅ぼすことにし、進化をやめない、このようになるのである。

 

 

 

 

この審判が倫理審査会で行われるようになると、国に準じた地方自治体、と言われるようになる立場とは、地方公務員である。罰則を設けなければ指示があっても十分に国民に尽くすことは不可能、と地方公務員は断定されている職業であるので、罰則規定をどこまで設けるのか? が市民の関心が寄るところとなる。いまどきは、バイデン大統領が在職する時代なので、かえって悪を成敗しやすくなっている。より厳しい罰則が設けられる筈だ。幻魔の目論見を一掃する、とまできている時代だからである。トランプ前大統領時代の日本の地方自治体なら、まだ猶予は認められたであろう。誇りある未来への期待ができる時代だったからである。だが、もはや遅いのである。

 

 

 

 

この時代にまだ遠藤厚子は不正のかぎりを尽くしている、というカタチなので、市民が期待する正義とは何か? ぐらいは私にもちゃんとわかる。いま、弁護士なら長門英吾弁護士のような、かつ、長門弁護士が勧めた大和で探してください、というアドバイスにしたがって探すことになるであろうが、いまいろいろフロイからの意志を確認する段階にきているので、いますぐ今日中に探し始めるとまではいけない。仕事にも就かねばなら無いからである。

 

 

 

 

職業倫理は審判で問わせるカタチ、となれば訴訟、審判が視野に入る。地方公務員たちは恐るべき将来へ向かう。地方公務員は民間の諸氏とは異なり、仲間内のルールではなく、条例などと直面し、さらに、訴訟で訴えられる立場に直面する立場であるからである。地方自治体の組織の外側にいる市民が彼ら地方公務員の運命を決める権限を持つので、地方公務員による損害が大きいいまどきで、かつ、アメリカ合衆国の大統領職が不正に加担しており、さらに、不正を助長しているいまは、市民は情け容赦ない報復を日米で行う時代になった、と考えて実行に移そうとする段階に突入した段階なのである。バイデン民主党大統領候補者が大統領に就任したことの意味がやっとわかる地方公務員は、いよいよ自殺なりをする将来へ追いやられて、倫理がある地方公務員はより楽に、より楽しく、より愉快な公務員人の人生に変わる、と。

 

 

 

 

倫理とは、悪と戦うための倫理である。倫理とは道を歩くための訓えである。だから、少林寺拳法は道訓と呼ぶことにしたのである。そのまんまの名前で。この道訓に反する場合は、知らなかった、わからなかった、ということは通じないのである。知らなかったら処罰、わからなかったら処罰、となっている。この点は、瞬間たりとも道から出るな、あぶねーから、といちゃんと道訓に書いてある。離れると私がフロイと呼び、少林寺拳法ではダーマと呼ぶところの精神の量子場から伝えられる力が制裁に変わるからである。その制裁は善人を救い、悪党を滅ぼすための制裁である。その道があるのに、バイデンかあ、と。

 

 

 

 

道を離れない人は、倫理のない、又は倫理が不足した地方公務員と戦う人民である。このあたりは得をする人生を追求する人なら、ぜったいに外さない大切なポイントである。こういう社会のオトナたちを見て大学生は学ぶべきであろう。いちばんわかりやすい例は、トランプ前大統領の大統領職での仕事であった。悪を跳ね除け、誇りのために戦うのだから。

 

 

 

 

職業倫理ごときは、道では一欠片に過ぎない理由がわかった筈だ。路上ではいかなる不正も許されない。バイデンかあ、と倫理のない、または倫理の不足した地方公務員は嘆くと良い。もはや手遅れだが。なんのために、バイデンを合衆国大統領からおろす活動がまだ起きないのか? コレを不正を許したからだ、とか考えて終わる弱い思考では地方公務員は生きていくことは不可能になる。不可能にさせて倫理を地方公務員に広めてフロイ側に変えようとする市民はきわめて多いからである。ふつう、アメリカ合衆国大統領に不正があれば、ロッキード疑獄のようになる筈だ、などと古すぎる常識だけで思考を止めてはならない。どうせロッキード疑獄のようにするから、いまはバイデンみたいな奴らを滅ぼす施策を次々に打って一挙に滅ぼす体制づくり、だ、とココまでアメリカ合衆国の誇りの勝利を予測して行動するなら、地方公務員を辞めるね。私なら、だが。毎月、賠償金を払うためには、だが。地方公務員の給料では無理だろう。だから、退職に追い込む市民が多数いるのだ、とココまで理解すれば、私なら地方公務員を辞めるね。払えないハメになるうえに、地方公務員を辞めた理由が倫理上の問題解決のためだった、ぐらいはいまどきはすぐに調べることができる時代なのである。どの仕事にも就けないことは無いだろう。賠償金の支払いのためにも、だが。

 

 

 

 

こういう話なので、西側の倫理を持つ人民は、アメリカ合衆国大統領選挙を極めて重要視して当たり前で、さらに、日本はアメリカ合衆国からみて最大の軍事上の同盟国なのであり、コレから尖閣竹島を救うためには軍事だ、とわかっているからである。いまどき、倫理が無い地方公務員の、コレから、倫理が無い地方公務員の・・・。堕天使がどうなるのか? まもなく私が弁護士ともに調査することになるであろう。私は私の場合の幻魔のための調査で、弁護士は社会正義のためにも、だが。