詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

小説から遠藤厚子は殺人を考えついたのか? どうなのか? Facebook未公開記事

私は1回目の民法891条の研究の最中に他の研究(武力や国際政治や量子の世界の研究)に入ったのだが、

2回目の民法891条の研究の最中に、

 

遠藤厚子の犯行は小説から

 

というフロイからのメッセージと、

 

赤川次郎のだから

 

という謎めいたフロイからのメッセージと、

 

猫ちゃんに関する小説だから

 

という謎めいたフロイからの3度目のメッセージを聞いてために、

 

Wの悲劇

 

かね? と思い、だが、調べると猫にはなーんにも関係がないので違う、とわかった。

 

三毛猫ホームズの小説があるナー とわかっていたが、そのとおりならどれだ? と。密室窃盗、というと、何回か私に発生した被害である。警察を呼んだら、私の指紋を採られ、被害届を出さない、という念書を書かされた時もこの被害があった時である。その結果、縦割行政廃止に向かう日本を菅首相が目指して楽しく愉快な政治を始めることとなった、と。

 

 

 

 

この密室窃盗は、おそらく、一軒の、独立して建っていたプレハブの部屋を、クレーン車で当該建物の片側を持ち上げ、中にいた人が部屋の中で部屋の内部のなんらかの固定された設備に捕まり、宙吊り状態になり、その後、力尽きて落ちて墜落死させられた ←コレ

 

コレから密室窃盗を遠藤厚子は思いついたとする。つまり、私のいま住む、かつ、遠藤厚子も住み、かつ、亡くなった母も住んでいた家の玄関の鍵を使って侵入し、または遠藤厚子の知り合いの地方公務員の立場にいる共犯に玄関の鍵を渡して侵入し、私の所持品で高額な物から順に盗んでいく ←コレ

 

 

 

 

こういうことかと。ちなみに、フルキャストという派遣会社の営業マンも、遠藤厚子側に立つ者の可能性があり、さらに、UTエイムという会社の営業マンも同様であり、かつ、日立オートモーティブシステムズ社の厚木工場に現れたタレントのウガンダに酷似した者も同様で、さらに、タレントのウガンダの件で現れたホテルジャパン箱根の風呂掃除を担当していて、のちに大和のノジマの近くのLAWSON Store100で私の買い物を妨害した者も同様であるようである。

 

 

 

 

他にもKRPという横浜家庭裁判所の所持品検査をする警備員のうちの1人は、2012年に集団ストーカー行為を私に仕掛けた男であったので、この男も共犯である可能性がある。まだいくらでも共犯の可能性のある者はいる。

 

コレらのことはすでに量子の精神場、または霊界、または未来からの予言として、たぶん、日本の内閣、裁判所、国会、フィリピンのドゥテルテ大統領ドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領の息子さんにあたるミスタードナルド・トランプJr.、さらに、たくさんの南米人たちにすでに知られていた、と。

コレはフロイの声、と私が呼ぶ量子の精神場、または霊界、または未来、ドゥテルテ大統領が言うところの神の声によって先程から私に伝えられていることなのだが、どうも私の方でもそのような気がするのでインターネットに書くことした。遠藤厚子によるあごきな遺産分割調停と、取り下げ後の協議の無い状態で、私による合意はすべて取り消す、となる前も後も遺族共有物である不動産を私に合意もなく、取り下げた遺産分割調停で私から得て取り消されないままであると決めつけたうえでの工事 の有様で、もはや相続人を殺して遺産を丸ごと横取りする内心が丸わかり、と。こうわかったので、先程からのフロイの声の内容を書くことにしたのである。そのまんま、予言に沿う事実が次々に起こるからである。私が抵抗することで、予言の細部はあたらなかったりするらしいが、数年前からの予言はほぼ当たり、と。

 

 

 

 

遠藤厚子がしてきた遺産分割調停、コレ自体が罠だからその手に乗ってはならない、とはフロイの声である。私がサイバー犯罪を跳ね除けたあとからはじめて得た自由を用いて横浜家庭裁判所でした主張により、その日のうちに関口弁護士から遺産分割調停の取り下げが行われて、遠藤厚子の目論むどおりの展開となったが、いまから考えると、こんな調停以前の問題があったのをフロイはちゃんと伝えてきている。相続人を殺害して遺産をすべて奪う犯罪だ、と。

 

 

 

 

つまり、数年前、または私が知らないだけなのだが、数十年前からフロイの声による予言がされており、テレパシストがその声をキャッチしており・・・ということで、ソレなら私が久し振りに自分のためだけの治安維持活動を再開した昨日、いきなり民法891条から調べはじめたことは、案外、正解だったのでは? と。

 

 

 

 

ちなみに、関口弁護士には話したが、アパートの工事を私が合意を取り消したにもかかわらず始めている、という話の中で、アパートの破壊、というように私は説明したが、その電話の翌日、本当だな? と確認するたまに再度、そのアパートの監視に向かい、まだ明るいうちなので玄関ドアの一つを見たところ、↓り工事の案内が貼り付けられていたので、満足を得た私はさらにすばやく簡単にiOSバイスのカメラで貼り紙を撮影し、地上げヤクザと同じ手口だから遠藤厚子が貼り付けたのかもしれない、と思いつつ、撮影したソレを確認すると、

外装工事

予定

であった。

 

コレを書いていてふと思いついたが、もしかしたらすべての玄関ドア、見たほうがよかったかもしれない。すべて違う内容の貼り紙かもしれないからである。

 

 

 

 

私が死んだ、死んだ父が死んだ、当時生きてきた母が死んだ、遠藤厚子が死んだ、ご長男が死んだ、とか地上げヤクザが嫌がらせでよくやっている偽貼り紙。偽手紙、架空請求の手紙、郵送物を郵便局員を使って盗む、などいくらでもあったので、このようなことを私は思いつくのであろう。ホントに遠藤厚子はこのようなナメ切った撹乱を狙うごまかしばかりなのである。

 

 

 

 

民法891条を思い出したので、同条の研究に戻る。やっぱり刑事事件に強い弁護士の方が良さそうだ。滝沢弁護士は政治家とか巨悪向きのようだが、遠藤厚子はどうみても巨悪の一部なんだよナー、とか悩むところである。大和駅から鶴間駅まで弁護士、ダンススクール、マッサージ店が多い理由は、追い込まれた被害者がダンスを習い、ダンスの仕事を選び、筋肉痛になるのでマッサージは必須となり、稼いだごくわずかな資産のなかから弁護士とともに巨悪と戦うからであろうか? そうとしか思えない大和駅のまわりの状況、私と同様に自転車で特攻をかけられる人が何人か見た。毎日。いまも見ている。見ない日は昼も夜も問わず無い。

 

 

 

 

🍙˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

ではまた

🍙˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚