詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

遺産分割協議 合意の取消し 研究1 Facebook未公開記事

今回は取り下げられず、かつ、遺産分割協議書がある場合の研究

 

http://www.souzoku-sp.jp/m/bunkatsu/detail/index3.html

わかりやすい解説サイト

 

転用

遺産分割協議書の取消・無効


⭕️詐欺・脅迫を原因とする取り消し
民法96条)

 

遺産分割協の協議に基づく合意は、

相続人間での契約

にあたります。

 

詐欺や強迫によってなされた契約は、

取り消すことができます

民法96条)。

 

したがって、

詐欺や強迫によって

遺産分割の

合意がされた場合には、

この合意は取り消すことができます。

 

具体的に言いますと、

他の相続人から、

相続財産の内容について

事実とは異なることを告げられて

遺産分割を承諾した場合や、

脅されて

遺産分割を承諾した場合には、

後から取り消すことができる

ということです。

 

詐欺や強迫の事実があったかどうかが

争いになるような場合には、

取消の意思表示を行った上で、

遺産分割協議無効確認の訴え

を提起することができます。

 

 

 

⭕️錯誤による無効
民法95条)

 

また、

錯誤による無効(民法95条)を

主張できる場合もあります。


たとえば、

被相続人

遺言を残していたことを

知らずに

遺産分割協議を行った場合に、

もし

遺言の存在と内容を知っていれば、

分割協議には応じなかった

というような場合には、

遺産分割協議の無効

を主張できます。

 

 

 

 

⭕️相続人の一部による遺産分割協議の無効

 

一部の相続人を

除外して、

他の相続人のみでなされた

遺産分割協議は、

無効です。


この点に関連して、

少し特殊な例ですが、

失踪宣告取消のケース

が問題となります。

 

遺産分割協議をした

後に

失踪宣告が取り消された場合、

失踪者が

生存していることを

知らずに

行った遺産分割協議は

無効となるのかどうか、

という問題です。

 

このような場合には、

遺産分割協議は

無効にはなりません(民法32条1項)。

 

ただし、

失踪宣告を前提として、

遺産分割協議の結果

利益を受けた相続人は、

現に利益を受けている限度

(現存利益)

においてのみ、

その財産を返還する義務を負うことになります

民法32条2項ただし書き)。

 

32条ただし書きは、

失踪宣告を信頼した相続人を保護するための、

32条本文に対する例外規定です。

 

 

⭕️遺産分割協議の解除


債務不履行を原因とする解除
民法541条)

 

遺産分割協議の結果、

相続人の1人が、

他の相続人に対して

債務を負担することがあります。

 

このような場合に、

債務を負担した相続人が

債務を履行しなかったときには、

他の相続人は

債務不履行を原因として

遺産分割協議を解除できるか

という問題があります。

 

この問題については、

最高裁の判決があります。

 

最高裁平成元年2月9日判決では、

「相続人の1人が

他の相続人に対して

右協議において

負担した債務を

履行しないときであっても、

他の相続人は

民法541条によって

右遺産分割協議を解除することが

できない

と解するのが、相当である。」

と判断しました。


したがって、

債務不履行を原因としては、

遺産分割協議を

解除することは

できない

ということになります。

 

 

 

⭕️相続人全員の合意による解除

 

この問題についても、

最高裁の判決があります。


最高裁平成2年9月27日判決では、

「相続人の全員が

既に成立している遺産分割協議の全部又は一部を

合意により

解除した上、

改めて

遺産分割協議をすることは、

法律上、

当然には

妨げられるものではない」

と判断しました。

 

したがって、

相続人全員が

遺産分割協議を

やり直したい

と希望するのであれば、

相続人全員の合意によるのであれば、

遺産分割協議を

いったん解除して

再度話し合いをすることは

可能

ということになります。

 

 

 

 

 

⭕️遺言と異なる遺産分割協議は有効


遺言がある場合には、

遺言の内容が優先されるのが原則ですが、

相続人

全員の同意があれば、

遺言の内容と異なる内容の

遺産分割協議は

有効となる

とされれています。

 

 

 

 

 

申立人側から取り下げられた遺産分割調停の場合、

調停期間中にできた合意について、

私が取消した場合は、合意は取消すことができるのだろうか?

 

合意書を作っていないし、協議は終わってもいないうちに、申立人の遠藤厚子は私の合意を得ずに遺産の不動産の外装工事を始めているし、その他、不動産からの法定果実を折半もせずに受け取っているようである(賃貸人の有無は調べないとわからんが、いるように見える)。

 

また、遺産の一部の現金を、遺産が決定した日のあと、申立人の遠藤厚子は引き出して使っているのだが、その現金を遺産分割調停で戻す、という合意をしたにもかかわらず、まだ戻していない。

 

さらに、

申立人の遠藤厚子は、遺産が決定した日から遺産の丸取りを行おうとしている。

 

 

 

 

私の知らなかった、かつ、遠藤厚子は知っていた被相続人の貸金庫から遺書が出てきたのだが、その遺書には被相続人のホンネも書いてあり、その内容が、遺書を書いたこと自体を非常に悔やむ内容であった。

さらに、その遺書の字は乱れに乱れており、私が依頼していた弁護士からの電話で、被相続人の字ですか? と質問されて、私が確認し、

まあ・・・、被相続人が生前に書いた字とは・・・・・・似ている、といえば似ている、とは思います

と答えた。

そして、その電話で↑の弁護士から続けて、

では、遺言の最後の部分ですが、被相続人の心情が書かれていると思いますが、どうお考えですか?

と質問され、私は突然、難しい質問に対して狼狽気味になり、数秒おいてから

・・・わかりません

と答えた。しかし、↑の弁護士はとくに失望した声音にもならず、電話を終える挨拶を交わして電話が終わった。

 

この後、さまざまな被害が起こるが、私は跳ね除けることができるようになり、行動の自由を取り戻すようになっていき、遠藤厚子の依頼先の弁護士から、以後は遺産分割調停ではなく協議でやりたい、という申し出があるのだが、その頃には、この遺書についての謎めいた事柄についての私の調査が始まっていたのであった。暴力的なつきまといなどがあったが、サイバー犯罪の攻撃者を跳ね除けることができるようになった私は、協議上等、必ず遠藤厚子の陰謀と殺戮をぶち壊してやる、と決意するようになっていた。

 

 

 

 

しかし、エスカレートする暴走車両や不審者による攻撃に手間取り、私が遺産分割調停の期日に横浜家庭裁判所

母親は、丁寧な字を書く性格なのにこの遺言書の字はおかしい、偽モノの遺言書ではないか? と私は考えている

と発言したが、その遺言書の奇妙さをなかなか調査に入れず、やっと昨今、自分のためだけの調査に取り掛かれて、891条を見つけた、と。まさに、コレだと私は確信を得た。脅されて書かされた字で、かつ、犯人から

いま死にたいなら、遺言を最後に書いておけ

などと言われ、激しい動揺のなか、必死で書いたホンネが最後に付け加えられている、と私は確信した。

 

 

 

すると、量子の世界から

891条だ!

前からみんなが考えていた!

遠藤厚子の陰謀を解け!

その他、多数のメッセージが私にきて、さらに、陰謀をブッシュ元アメリカ合衆国大統領のように見破るためであろうか、遠藤厚子の陰謀を見破る授業が私に伝えられるようになった。

 

 

 

まだまだ情報が必要だ。カネさえあれば訴訟だったのだから。