詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

神奈川県 葬式詐欺 遠藤厚子 妙法寺 本当の葬式費用は76万円では? Facebook未公開記事

関口弁護士は去年の12月のメールで、

390万円、振り込めます

その他の金額についても指示してください

と連絡があった。

 

神奈川県 妙法寺に遠藤厚子が支払った葬式費用は210万円だったかな?

 

その後、今年の3月になって関口弁護士から2度目の連絡で342万円ぐらいだったかな? 確認してみないと・・・だが、実際にソレぐらいの金額で私に振り込まれていた。

 

390-342=58万円

 

コレは私がJavaのSEを独立してから得た最初の報酬金額である。

 

 

 

遠藤厚子の手口は、数字の語呂合わせだ。

 

 

 

 

固定資産税の合計額は約18万円。

 

58+18=76

 

この金額なら葬式費用が一番近い金額だ。最安に近い葬式業者は76万円ぐらい? で広告を出している・・・。

 

と、すると、

神奈川県の妙法寺は76万円で葬式費用を遠藤厚子から支払われる裏の契約だ。たぶん、だが。

 

と、すると、

210-75=134

 

134万円が遠藤厚子に妙法寺からキックバックされた、と考えることができる。

 

 

 

 

また、

58+修理の証拠がない屋根修理代金・・・16万円ちょっと、だったかな?・・・で74万円。この場合は、

210-74=136万円。遠藤厚子にキックバックされた葬式費用は136万円になる。

 

 

 

 

遠藤厚子の手口は数字の語呂合わせ式。

 

 

 

 

そこで、いぅたん協議でまとめるカタチになって取り下げられた遺産分割調停の次は? がわかってくる。私からの訴訟だ。相続財産の横領と相続人欠格事由がまずは攻め込むポイントだ。まずは、だが。その他の観点は弁護士と訴訟を進めるうえで増えていく、コレだ。

 

 

 

 

大規模な詐欺組織、というとディープステイトやナイジェリア419が有名だ。もしあすると、コレだ。毎日わたしに起こる被害から考えて、トランプ前アメリカ合衆国大統領の正義の政策と菅首相による縦割行政を無くす政策を考えると、日本の地方公務員、が大規模な詐欺組織の1つ、と考えることができるようになる他、MS-13も、となる。

 

 

 

 

と、すると、

ケネディアメリカ合衆国大統領の息子が逃げまわっているので、遠藤厚子はコレと同じ行動を採る、と予想できるようになる。

 

 

 

 

縦割行政による犯罪隠しになりそうな平塚児童相談所と副所長のカワモト、この意味もわかってくる。

 

 

 

 

一部の神奈川県県庁と大和市役所の公務員が倫理的に優秀にならざるを得なくなった理由は、このような高度な政治と司法と立法と人民のパワフルな正義の作用力によってであろう。

 

 

 

 

と、すると、

次は大和市の弁護士を選んでください、という長門英吾弁護士からのアドバイスの意味は、量子の声からみてアソコだ、アソコの弁護士のことだ、とわかってくる。そこで、訴訟代理人をお願いできるかどうか、少し前から持ってきた私の心配は不要になる。断られたらソレはソレで、のノリでこの事件については最適な霊的弁護士に訴訟代理人になってもらえるからだ。量子の声は一択だが、断られたらソレはソレで、万事、自分に都合よく、のノリだ。

 

 

 

 

と、すると、

倫理審査会に関する諸制度を、日本全国の地方自治体に準じる施策として行うように働きかけ、ホワイトハウスにこの施策を行うようにホワイトハウス向けにやれ、と働きかけ、日本の地方公務員とアメリカ合衆国大統領他の公務員に日本の国家公務員に課す倫理を課すことが、日米英の完全勝利と東側の各国の完全敗北を実現する、となる。

 

 

 

 

そして、この作用力とは、第二次世界大戦以来つづいているオカルト戦争時代といま、オカルトを通じた働きかけということになる。

 

 

 

 

日本の国家公務員に課される倫理は、竹島と千島列島が日本の領土以外のナニモノでもなくなる未来の実現となるのである。

 

 

 

 

と、すると、

カニ缶製造が千島列島で盛んになるのは間違いないのだから、カニを食べる大和市の市民が増えることになる。カニを食べるとどんな変化が大和市民に起こるのか? コレをリモートワークの観点から解釈すると、けっきょくは運動不足、というヘルスビジネスにたどり着くことになる。

 

 

 

ヘルスビジネスは武器から通じていく先である。日本の武器とは日本刀。鬼斬り安綱レベルの切れ味は包丁。

 

 

 

倫理→カニ缶→リモートワーク→不健康→包丁→調理→不健康→ヘルスビジネス→???

 

 

 

となり、???はあらゆるビジネスに通じるからマッサージロボとマッサージAIと配達用のドローンと配達用の自動運転カー、となり、家にそんなもん買えないから置けない人などは当然、マッサージ店に行き、代引きで書うカタチになる。

 

 

 

 

そこで、ゴッドハンド、現在の咽頭部を持つ人がマッサージ店で働くとカリスマ店員になるから、頑張り次第で可能性がありそうな人はマッサージ店で働け、という霊界からのアドバイスになる、と。

 

 

 

 

訴訟を起こしたら、次はコレだ。大和駅のまわりは、マッサージ店と法律事務所が多い。

 

 

 

 

マッサージ店に来る客は、ダンサーが多そうだ。ダンススクールも多いからである。

ダンサー→マッサージ→訴訟

このほかには医者。

ダンサー→医者→訴訟

 

 

 

 

私もこのノリに乗っていければ嬉しいね。さまざまな理由で変わってしまったために起こる身体を、機能を進化させながら快適な身体に戻せてきたわたしの手が量子の声を信じればゴッドハンドのレベルらしいが、どこまで本当なのだろうか? たしかに、普通では治せないのに治してきているが。