サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

硬直化が進むと顔が変わるが、どこを治すと顔が元に戻るのか? Facebook未公開記事

鼻が低く、かつ、長くなってしまった筈である。一瞬にして身体が変わってしまい、長く苦しめられらる不自然な硬直化現象は、鼻が元に戻る頃にはほぼ治っている筈である。私の場合は、だが。

 

 

 

 

鼻の両脇が赤くなってくる筈である。低く、長くなるとそうなるのである。私の場合は、だが。

 

 

 

そこで、治すと元に戻る、と。ちなみに、顔はバカ、ウスノロ覚醒剤中毒者に見えるように変わる可能性がある。また、セイノー情報サービスのキッティングの仕事にフルキャスト経由で2020年の9月末日まで働いた中村という派遣社員の男は、顔がメチャクチャに動く被害に遭っていたが、本人はわからない筈だ。顔がバカ、ウスノロ覚醒剤中毒者に見えるような状態では私以上に酷い硬直化であろうから、脳みそまで硬直化している筈なのである。頭皮がバカ、ウスノロ覚醒剤中毒者のような動き方になっているからである。たぶん、だが。

 

 

 

 

気がつかないうちに進行する不自然な現象だけに、バカ、ウスノロ覚醒剤中毒者のように顔がならざるを得ないのであろう。自分に起こった不自然な変化は見逃してはならない。バカ、ウスノロ覚醒剤中毒者のようになってしまうからである。

 

 

 

 

だが、ふんだんの努力で不自然な現象に抵抗すればOK。素晴らしい自分に戻るからである。戻ってもふんだんの努力は必要だが。素晴らしい自分に戻っても時代はすでに進んでいるわけで、採り残されるカタチになるからである。

 

 

 

 

そこで、バカ、ウスノロ覚醒剤中毒者には取れない資格を取る、と。高度プロフェッショナルとは、ようはなんかの資格を取る仕事人、という意味なのである。別に世界一のレベルになるまて仕事は就けない、というわけではない。まあ、人材不足で倒産する悪質な企業を増やさないとだめだよなあ、という政治のハナシでもあるのだが、人材不足であることはどの企業も同じ。つまり、なんか資格を取るならキャリア、キャリアを考えるなら世界一レベルを目指す、金儲けは考えても良い人と悪い人がいる、までわかれば安倍内閣による改革の意味は理解した、といえる。私の理解では、だが。

 

 

 

 

なんでも良いみたいである。資格なら。どうせ人格で人気が上がる時代になるから、淘汰される悪質な資格保持者、となるだろうし。

 

 

 

 

こうして、公務員は滅び、暴力団も滅びることになる、と。コレぐらいわかりそうなハナシだが、中村はわからないのである。したがって、他人事ではない、と思わねばならない。なぜなら、バカ、ウスノロ覚醒剤中毒者ではない未来と物理的な未来をともに得る人生に変わらねばならないからである。