サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

遠隔地からの音声攻撃を防ぐ閃き Facebook未公開記事

日本語の会話になっていないから地上げヤクザは丸わかりになる。

 

この閃きは遠隔地からの音声攻撃を防ぐ閃きと連続して来た発見である。

 

閃きとは量子の精神場から来るもの、と私は考えている。遠隔地からの音声攻撃は日本語だ。そして、必ず日本語の会話になっていない会話を交わす連中がそばにいる。韓国の侵略行為であろうか。

 

 

 

遠隔地からの音声攻撃は、耳の後ろの頭蓋骨から下向きに下がるように動かすことでも防御できる。必ず硬直して動かない部位があり、ソコを遠隔地からの音声攻撃のターゲットになっているので動かすと良い。

 

ココまで読めば、遠隔地からの音声攻撃をしている犯人は、日本語の会話になっていない会話を交わす連中だ、とわかってくる筈だ。地方公務員は防犯カメラの映像を国防に役立てることを拒否する縦割行政の仕方で地上げヤクザを隠避させているようである。そのように国民から断定されることを地方公務員はしている、というわけである。

 

 

 

 

地上げヤクザとは、したがって暴力団と地方公務員、となる。

 

硬直した部位の硬直化は少林寺拳法が基本の練習で解消する。しかも他のスポーツでは考えられないことだが、理想郷を建設できるので、理想郷を建設できることになるのだが、誰もが理想郷のその恩恵を受けられるかどうかはわからん。理想郷から追い払われる人はいる、と私はみている。