サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

強くなりたいと思っていた休眠拳士はみんな同感なのでは? 最近の演武について Facebook未公開記事

https://m.youtube.com/watch?v=wFr9eiQ7ZtU

 

 

間合いが近すぎる

体捌きが少ない

技がかかったフリ

 

2001年にはこのような演武を後輩からも大会でも見せられて、

少林寺はダメだ

と私は後輩の前で言い放って見向きもしなくなったのであった。

 

 

 

 

こういう休眠拳士は新井先生の指摘に同感するのでは?

 

 

 

 

蹴られておしまい、という演武の構成にしちゃうんであれば、たじろぐぐらいの引き受身はすりゃいいのに自信満々だから、そりゃ賞は取れないだろう、と思って当時後輩を見ていたが。そのあと、私は明学大の少林寺からなかば追い払われたのだが、バカににされていることには最後まで彼らは気が付かないままであった。私からみて先輩の山名とか老後に私に何をやり返されるのか、思いもつくまい。武器を持って悪党を追い払ってきたが、恐ろしい最後を遂げる、と思っておけ、と書いておく。地上げヤクザは1人も許さない。私はタリパンの山名、と断定しているのだが、つまり、航空機爆破事件に関わった組織のメンバー、と断定している。

 

 

 

 

 

令和のモモタロウ、とは何か?

とにかくテーマがなければならないのである。

演武の構成はそうでなければ作れない筈である。演武は法形をちゃんとやって当たり前。技が必ずかかるようにしなければならない。かかったらはじめて演武を進行させる、と。

 

 

 

 

技がすっぽ抜けたり、とにかく2000年以後数年だけ大学の練習を見に行っていたが、あり得ない低レベルさであった。技がかからなかったら、仁王受して蹴りを放って下がる、ぐらいは私も保険でいつもかけていたが、そんな機転も無かった。たしか高橋、と石井という後輩の3段の組演武だったと記憶している。技が抜けたら受け身をして飛び連蹴りでもやっとけば良いものを、とかだまーって私は見ていたのであった。当時は練習の回数は少ないし、演武が終わると拍手して教えたり、どう見ても練習嫌いであったので、何を教えてもムダだよなあ、と私は納得してみていた。アレなら少林寺拳法なんてやったこともないJavaシステムエンジニアたちの方がよっぽど仕事で頑張っているわけで。理想郷建設の観点からいっても、インターネット対応システムを作るエンジニアたちの方がよっぽど少林寺拳法っぽいし。いろいろ比べても鍛えてネーナー としか言いようがないんだよな。当時の明学大は。関東では上から数えれば十番以内の大学だったのに。真ん中まで落ちてたからナー。

 

 

 

 

去年は賞を4つかな? でも6個とって当たり前なのでは? とか思ったナー。大学単位で敢闘賞とか取ったらどうだろうか? 私たちの代までこの大学単位の賞は取れなかったからなあ。超えてる欲しいがどうなんだろうナー。

 

 

 

 

構成が始まる時には、間合いは両者が両手をまっすぐ伸ばし合って縮めず、そして拳が当たったらその距離。コレが基本。後世によっては数メートル離れてもOKだが、無意味に離れたらバカだと思われるのでやめた方が良いだろう。突天一してお互い下がったら3メートル以上離れたら? あとは希 気迫を構えに出しながら寄るしか無い。マイナスからの出発で気迫だけでカバーするのはムリだと思うけどね。あ 失敗した とバレてからでは・・・。

 

 

 

そういうわけで、いまどきの演武は受賞するレベルならともかくとしても、あまりにもオカシイから直せ、というカンジやね。あと、教範に書いてあるから気迫は気合を出せばOK、という話でない。ちゃんと法形ができていれば、そんな騙しは・・・。受賞は通過点だから。級拳士の時に間合いについて学んだ筈。具体的には↑のとおり。こんな基本さえ知らんのだから、何にもやってないのでは? とか見てて思っちゃうんだよナー。ウソだろ? と思われたら武道はどれもこれも同じだが、説得力を失うのである。そうなると、他人からはお笑い芸と同じ目で見られるのである。とくにいまどきは、できもしない分際でロジックさえあっていれば立場の違いさえわからずにケンカ腰になるバカなイヌなような人間が多くなってきている。ソレならこのケンカ、買うぞ、と出ていくとどこを見て誰の遠隔地からの声に期待しているんだかわからん不審行動をとるばかり。ケンカ売る資格さえ無いのだか、このイヌはバカにする機会を狙っているのである。八百長と思われたらもうダメなのである。

基本的に、少林寺拳法は格闘技の1つなのだから、武道は格闘技である、と思わないとダメなのである。

 

 

 

 

まさかのプロレスから間合いを学ぶ、は無い。さすがに。ロックアップするのはプロレスだから。理想郷から出てけ、と言われるようなイヌではないから安心だ、は良いとしても、手を抜く奴はやはり理想郷から出てけ、となることを知らないのかね? 手を抜くことは不正なのである。量子の精神場では、である。天国とか極楽とか呼ばれてきたが、ソレにはソレなりの理由がある。不正は許されないのである。北欧神話のオーディーンたちとロキの話は神話だから。キリスト教が攻め込む前の時代の。よぉく間合いというか違いを言葉の意味から英単語に至るまで調べて知った方が良い。あんなに近い間合いでは、法形の違いが出にくいだろうナー と見ている人に思われるだけである。つまり、コイツら、ごまかすんだろうナー と疑われる、ということ。なんかわかんないように小さくやって気合いだけだしとけばバレない、とか無いから。見てればバレるから。ちゃんとやれ、の意味がわかったらちゃんとやれ。大会で不正を働いてはならない。理想郷建設時には厳しいご意見の交換があるのだが、私は不正を犯した奴らは全員、実名で報せるつもりである。ザマアミロ。