サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

金剛禅 少林寺拳法 SHORINJI KEMPO UNITY Facebook未公開記事

30年ほど前に3段を得た私はいま、私が金剛禅から離れている間に変更が起こった少林寺拳法について調べているところである。

 

半ばは己の幸せを 半ばを他人の幸せを

 

コレは私が大学の少林寺拳法部にいた頃から有名な少林寺拳法の精神を表すセンテンスである。

 

精神とは魂の成果物である。金剛禅では魂を脳の新皮質のことを指す。バイオセントリズムではコレを意識、と呼ぶ。

衝動は旧皮質で生まれ、コレは人智学で教えるところの動物魂のことである。

少林寺拳法は金剛禅の一部であるのだが、金剛禅は釈尊の正しい教えを少林寺拳法の開祖 宋 道臣が戦後に日本で復活させた正しい仏教のことである。少林寺拳法の拳士は釈尊仏弟子となる立場を持ち、釈尊の正しい教え、金剛禅の教えである正法を護持することをも行い、コレを宗門の行として行なっている。

宗門の行は拳を修める道であり、拳を修める道を修行することは釈尊以来の正しい理想郷建設のための行い、となっており、金剛禅 少林寺拳法はまさに釈尊仏弟子の歩む理想郷建設のための宗門の行、ということで発足以来、今日まで歴史を重ねてきている。

 

理想郷建設のための修行に通じることは、魂の立場を正しく持つことで理想郷建設を行う、という意味になっている。

 

思考の成果物とは、理想郷建設、という成果のことである。理想郷建設のために必要なことは、精神的な立場を持つ、ということ。量子の精神場とは天国、極楽と呼ばれてきた宇宙空間のことで、おそらくダークマターのことであろうけれども、人の意識が集まり1つになり、大きな規模の空間をなすもの、とバイオセントリズムから考えを進めると、より詳細な理想郷についての教えである金剛禅に至ることになる。金剛禅でも一部の高名な量子の研究者たちが提唱するバイオセントリズムでも天国と極楽についての考察は基本的には同じで、金剛禅はすでに深く全容を明らかにしていることに対して、バイオセントリズムはコレから全容解明を行おうとしている点で異なっているのだが、死後の意識のみ扱うバイオセントリズムに対して、釈尊の正しい教えでは、生前の意識が向かって帰ってくる、と宇宙について教えており、金剛禅でも同じ教えをしており、したがって、両者の違いは小さいようだが、研究の対象の宇宙が大規模であるため、結果としては、大きな違いということになっている。

 

バイオセントリズムはさまざまな諸説を生むであろうが、けっきょくは天国、極楽のことを量子の精神場(精神の量子場ともいう)を物理的に証明することで過ちは質されるようになり、金剛禅は発足以来続く魂の成果物を得るためこ正しい活動を行うことで、いずれは量子の研究者たちに注目されるようになるであろう。

 

そのとき、端的にわかりやすく、

理想郷とは何か?

どうすれば得ることができるのか?

少林寺拳法の拳士ならば説明できるのである。

 

前者はともかくわかりやすい質問である。したがって、後者についての質問が多くなるであろう。地球上で歴史を作る誰もが理想郷を作るために進歩してきたのだから、このようになるのは当然のことなのである。

 

コレに対する答えはすでに少林寺拳法 開祖 宋 道臣が金剛禅の教えのなかで明らかにしているのである。有名な↑のセンテンスで、である。

 

理想郷建設とは思考の成果物である。

思考とは思考の観点から生まれなければならない。

理想郷建設のための思考の観点とは2つのしかない。

1つは自己確立である。

もう1つは自他共楽である。

 

自己確立とは「半ばは己の幸せを」と換言すればわかりやすくなる。

自他共楽とは「半ばは他人の幸せを」ということなのである。

 

明々白々たる事実をロジック上正しく解説すると、

半ばは己の幸せを 半ばは他人の幸せを

という短いセンテンス1つにまとめることになる。コレが開祖 宋 道臣の教えである。

 

 

理想郷建設のためには身体を正しく改造し、正義のための真の勇者になることが求められてきたが、金剛禅だけがこの修行を行って今日に至っている。釈尊の正しい教えに通じそうな宗教はいくらでもあったし、その弊害も多数起きてきた。霊感商法詐欺は、天国や極楽、幸せや不幸せを壺やお札で建設しよう、と騙して高額な利益を得ようとする詐欺のことだが、壺やお札では天国や極楽は実現しないことが一般的に広まってもまだ被害は発生しているので、釈尊の正しい教えに通じそうだ、という理由では宗教とも量子の諸学問ともバイオセントリズムとも物理の諸学問とも異なる、と思考の観点を持たねばならなくなるのである。

 

遠まわしのような

通じよう

通じている

ではダメなのであって、ソレをワンセンテンスで説明することが可能な立場は金剛禅 少林寺拳法だけなので、解説を求められたら拳士は正しく答えることができるように正しい修行をしていなければならない、ということになる。

 

どうすればすべてが正しく変わるのか?

ソレは自己確立と自他共楽を行うことである。誓願などさらに具体的な教えを金剛禅 少林寺拳法は持っているのだが、コレと拳の修行のための教えも用意されており、10分ですべてが正しく変わるようになるほどの簡潔さでまとめてあるのである。

 

したがって、理想郷建設をする方法は、少林寺拳法の道院や支部、SHORINJI KEMPO UNITYで少林寺拳法の修行をすることとなる。

 

開かれた釈尊の正しい教えを護り、自己の安全を確保し、自己確立するための教えをわずか数分で行い、自他共楽を実現するための教えをわずか数分で行い、拳を鍛え抜き、身体を改造して強化して、釈尊の正しい教えを護り、自他の幸せを学んで確保して実現することは、宇宙レベルの思考で行う大規模な思考の成果を生むための唯一の方法である。

 

SHORINJI KEMPO UNITYとはかつて禅林学園と呼ばれた少林寺拳法の武道専門学校のことである。年に6回だけ参加すれば何を得られるのか? 武技だけではなく、理想郷建設を行う知恵と力を得るのである。思考の観点を正しく持ち、授業に参加すれば誰でも理想郷は建設できるようになったのである、

 

 

 

 

 

 

🍙˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

私は3段を得てから金剛禅から離れて企業社会でさまざまな迫害を受けてきた。

市民社会でも迫害を受けてきた。

だが、コレら無法者に勝つと1日を無駄に過ごしたくない! という強い気持ちが自然と生まれてくる。

少林寺拳法を大学の少林寺拳法部で修行してからは、願望は実現することは本当だ、と知った私は、不思議な現象を物理的に体験してきた。1つの町のデザインがたった半年で一変したり、一瞬で消える人や宙から突然現れる人なども見てきた。私の代わりに無法者にアタックする野良猫に助けられた経験もしている。正しく修行すれば、コレほど宇宙が助けてくれるようになるのだが、コレは精妙な少林寺拳法のロジックを学べばできる体験ではないか? と私は考えている。この私の考えは正しいようである。言わないだけでコッソリ遊びでスプーン曲げなどを楽しむ大学生拳士も見たし、いろいろ工夫していそうだ、と私は考えている。札頼り、壺頼り、そのほか縁起物頼りの科学的、物理的、量子的なモノはすべて少林寺拳法と無関係であるので、デタラメだ、とも私は考えている。

 

だが、私には金剛禅 少林寺拳法に対して1つの不満を持っている。各種の理法やさまざまなロジックを多数の技に表しているのは本当なのでなおさら思うのだが、技ひとつで理想郷を一瞬で、コストゼロで物理的な実在に変える技が無い。

できそうだが、なんで開発されていないのか? と私は疑問を持ち、研究してきたが、仙道の呼吸法では無理だったし、その他、リモートビューイングなどを用いても無理だったし、人智学から得た瞑想を用いて株価予知を行なっても、過去と未来が同時に見える瞑想しかできず、瞑想時の世界の真ん中に株価が書いてある新聞をみても、前にもつけた株価だコレ、と迷い、雑念しかない周囲にいって窓を開けて道をとおる車の種類を確認くればいつの時代かわかる、と思って多少の欺瞞を我慢しながらみると、クラシックかーはピカピカで、今世紀最新のスポーツカーも同様で、走行したり駐車かたりしているので、テスラの自動車を探すことも役に立たない、Apple社が作りそうな電気自動車を探しても時間の無駄、というハメになり、結局、株価の予知は無理だ、と悟る経験を得るだけで、私は毎回、憤りをオカルトの諸方法に対して持つことになった。

だが、コストゼロで理想郷建設し、地球上に物理的に表せそうだ、間違いなくその技はある、とは確信している。そのような体験を実体験すれば誰でも確信する筈だが、そういうわけでさまざまな困難を経て、金剛禅 少林寺拳法を再発見した私は、そのあたりを歩いている拳士と同じようなコトを考えるようになったのである。

 

一瞬にして理想郷を実現する武技

 

コレを編み出したいのである。人類は理想郷を作るためにさまざまな進化をしてきた。みんな考えていることは同じようで、天国や極楽を唱えて実現しようとしたり、詐欺に騙されてみたり、戦争したり、テロと戦ったり、働いたりしてきたのである。どう考えても、長年の、かつ、多数の少林寺拳法の拳士たちによる金剛禅活動に匹敵する成果を挙げることができる技があれば、世界中が納得する技になる筈なのである。この技なら、一瞬にして人類の審判の結果、愛される、というコトになる。間違いない、と私は考えている。誰でも考える筈だ。いまのところ、金剛禅 少林寺拳法しかソレができそうなところはないのである。トランプ前アメリカ合衆国大統領は、何がなんでも天国を作る決意に満ち溢れており、さらに福音主義に入信してソレを強め、さらに快適で豪華な北朝鮮の観光コースを知って活かして活動を強めてきた。ここまでやって、ホテルやゴルフコースを豪華で快適に設計して楽しく愉快な王様気分になれる体験の場を作っているのだから、人類としても納得するわけである。天国、極楽があればカネも病気も空腹も無くなるよなあ、と。天国、極楽が地球に足りないよナー とトランプ前大統領の支持するのは当たり前なのである、

 

そして、私はいろいろ考えた結果、釈尊の正しく究極の技とは、理想郷建設技だ、と確信したのであって、イチイチ攻撃してくる奴らを理想郷から叩き出し、豊かで平和な理想郷を作ればOK、という思考の成果を出したのである。こんなもん、誰だって同じ結論になる筈だ。何が悪い、という開き直りさえ不要。誰でも過去と現在と未来へのマイルストーンをみればわかる筈だ。

 

三大苦とカネシステムが無いことは必要なのである。AIとロボットでは賢くなるだけでなんにも面白くないのである。電気自動車で自動無人、と言われても嬉しくもなんともないのである。投資な対象とすべきでは無いからである。ツマンネからである。私は案外、当たり前のことしか書かないので、調べりゃわかると思うね。理想郷建設技。コレさえあればOK、と。

🍙˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚