詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

少林寺拳法 健康プログラム Facebook未公開記事

健康プログラム

健康クラブ

 

というカタチが用意されている、とのこと。

 

たぶん、両方とも現役拳士であることが条件に入る筈。

たぶん、両方とも初段以上で20歳以上であることが条件に入る筈。

 

少林寺拳法健康プログラム指導者資格」

とは、少林寺拳法 健康プログラム指導者に必須の資格で↑が正式名称。

 

健康クラブは、監督資格を持っていなければならない。コレはコレでまた研修が必要になる。

 

 

この数年間、私が年金を払うと私に対する激しい迫害が起こってきたが、コレなら年金対策しても良いかもしれん。

 

 

前者の資格には有効期限が設定されている。いまは2年である。数年前は1年であった。

 

監督資格の方はまだわからん。

 

 

たぶん、この件に関しての願望は、

少林寺拳法が金剛禅社会に受け入れられるようになって欲しい

ということでは? 金剛禅社会に、とは書いていないものの。

 

まずは、少林寺拳法の内部で同じ目的を持つ人を増やそう、というノリではないか? と私は考えたのだがたぶんそうだろ? ほかの社会だと手間暇がかかりすぎるわけで。だいたい、コンセプトからして間違えてそうだしね。理想郷建設ためなら丹田を鍛える、というならわかるのだが、なんだかよくわからん記録を更新されてもナー と私は考えているのである。自己ベスト、とかヘルスビジネスで共有されるわけがない。ヘルスビジネスで健康管理と記録更新、とか儲からないと思うけどね。武器が足りネーし。その場合は、だが。

 

日本は刀。刀で削って作った健康グッズなら儲かる。Apple Watchで自己ベスト更新。スタイル矯正、病気を治す、とかかあ。ズレてるナー と私は思うね。

 

ヘルステクノロジーが進歩するから、はもう飽きた。このような世間の話や見込みは、中国による南シナ海侵略は防ぐことはけっきょくできなかったのである。

 

そのうち、日本では倒産が相次ぐ筈だ。人類から納得しないだろ? とは思わないのが不思議である。アマチュアスポーツの祭典、とか、プロスポーツがどうのこうの、ではないのである。人類の興味は、だが。いまどきは、ズレると捨てられるのである。事実を見りゃ誰でもわかる筈だ。

 

 

 

 

つまり、人類が共有したがるヘルスデータとは、オマエのデータじゃない ←コレ

 

さらに、指導者を求めるSNSを見ていると、儲かりそうも無いビジネスアビィリティばっかりなんだよな。メンター! とか言われても・・・。たとえば、私の場合、英会話の先生はオモシろいノリの、スポーツジムで働く人である。オモシロイうえにスポーツ系。ソレなら、そのあたりを歩いているメンターがいかに優れた能力を持っていても、この先生には歯が立たないのである。メンターSNSを眺めていて思ったのだが、どいつもこいつも自分の時間とカネは人類より大切だ、というバカげた信念が滲み出るのを黙って隠しているようにしか見えないんだよナー。先にカネをよこしたうえで、儲けている作業を見せればソレだけで良いのでは? または、ビジネスのメンターより代行業では? 必要なのは、だが。

 

このように考えている私は、当然、健康プログラムにおいては、私の代わりに丹田を鍛えてもらうのである。プログラム中は、私の丹田はどうでも良いのである。プログラム受講者の丹田を正しく調えることが大事なのである。当たり前だが、ビジネスモラルにもとるバカげたスポーツビジネスが散見されることは遺憾そのものだし、ビジネスモラルをちゃんと守りながらもツマンネのが多すぎることは残念である。コレなら、バカは相手にしない、とスポーツ庁が切り捨てて、プロアスリート誕生に賭けるのも無理はない、たぶん、だが。

 

よぉく考えると、金剛禅社会は別として、スポーツ庁が面倒をみようとしている各社会は、闘魂クラブを成功例として考えていそうなのである。まずは、アマレスでチャンピオン、ソレからプロでチャンピオン ←コレ

 

コレはパンクラスを成功例としてスポーツ庁が考えている、ともいえるかな? と。まずは、アマチュアパンクラスでチャンピオン。2年ぐらい連続で。その後で、プロのパンクラスでチャンピオン。

 

よぉく日本国民は考えた方が良い。スポーツをするなら、自己ベストの更新とか自分の健康のため、とかだと人類からバカにされるのである。理由は、そもそも日本とズレてるからである。よぉく考えると、そのあたりの地のオモテを走りまわっている奴は、イヌみたいなもんなのである。よぉく考えると、である。なんか邪魔クセー、と思わないか? 歩道を歩いている歩行者の邪魔なのである。イヌ@男子アマまたは女子アマは。そもそも。走るなら自宅で走れ。ルームランナーを買え。嫌なら学校の校庭を走ってろ。コレでコーチが横でアドバイスする新しいスポーツビジネスがスタートするわけだろ? いまの流れを見ていると。そうはさせネーぞバーカ。

 

コレでボーガン制限とかやってるんだろ? 撃つだろ? 普通。湖北省から来ている奴とか公務員とかに。このあたりが連携不足気味なんだよな。まだ。政府は。スポーツで儲かるためには、倫理が必要。そうじゃネーの? 倫理が無い奴がスポーツで何を企むのかわかってなければならない筈だ。生活保護を公務員と敵対行為を果たして日本人には行き渡らない、とか、あるわけで。拉致家族問題から来てるようだし、スポーツ庁は倫理を徹底的に国民に課すコトを企め。次々にコロナウイルスキャリアの奴らが判明する筈だ。いまならハイビームカーばっかりで光害。コレにも徹底的に倫理を課すことを狙った施策をうて。いまどきは、オカルト戦争中なのであるから、スポーツ庁は戦争を対応しなければオカシイのだ、と人類は考えているのである。

 

まずは、徹底的に無駄をなくすための倫理の義務化。日本人はもう外を歩けなくなるぞ。川崎市大和市みたいな街が日本中に増えている。まずは、スポーツ庁は倫理を徹底的にアピールする広告ばっかりうて。

 

 

 

 

スポーツ関連を使った報復はタイヘン愉快なことなのである。そういえば、先ほどFacebook動画コーナーで、中国は敵ではない、中国共産党が敵である、と主張する動画を私は発見したのだが、中国は一党独裁体制なので、中国の人民はすべて政治上、国家と同一の存在となっている国なのである。中国共産党はその国に仕える存在、と規定されているわけである。つまり、中国は人民と人民に仕える共産党員しかいないうえに、中国の人民は中国なのである。さらに、太陽扱いもされているらしいので、中国大陸には何からなにまですべて中国しか無いのである。

 

つまり、敵国だろ? 中国は。尖閣への侵略とか南シナ海での侵略とか。こういうときに、何があっても中国人が日本市民を攻撃するに決まっとるのである。

 

何かの制限をかますまえに、倫理。ブチのめしておいてから、イヤミで倫理を追加。コレなら金剛禅社会以外の日本の各社会は栄える筈だ。まずは、大和市川崎市にいる湖北省から来やがったバカどもを徹底的に排除しろ。シーンとしてるぞ。本当に。