サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

集団ストーカー被害とはどの程度の問題なのか深度を考える Facebook未公開記事

まず、社会全体で起こっていることを、

少林寺拳法 Unityの広報スタッフのマネをして把握してみた。

 

まずは、

センサー社会の観点から私は社会全体の性質を考えた。

ここからしてマネを辞めたようなカタチやね。

 

センサー社会では、あらゆる人間が監視される。集団ストーカーはその枠の外におり、社会を支配しているのだが、その集団ストーカーのさらに外側に治安維持という枠があり、そのさらに外側に戦争という枠がある、と。つまり、平和は戦争の枠の中にあるのだが、バカな集団ストーカーは難しいハナシがわからないため、バカなまんまで処刑に怯える毎日を迎えていた、と。

 

この観点が、神の視点である。神の視点とは聖書である。聖書の観点が足りない、という意味は、ロックンロールが足りても埋められない、という意味であり、宗教の別を超える人権観点というわけで、国連の世界人権宣言の観点だ、ということになる。

 

バカにはわからない世界がたしかに実在する。

 

平和の枠の外は戦争のいう枠であり、両方合わせると五大陸の輪となり、スポーツを主として盛り上がる世界とわかると、ようは、国連の枠だ、いいかげん気がつけバカな集スト、というハナシになっていく。

 

少林寺拳法 Unityは金剛禅をモトに言動する組織の1つであるのだから、大宇宙の枠内、ということになる。

 

国連はグローバルフレームワークである。

少林寺拳法はユニバーサルフレームワークである。

 

大宇宙の観点から地球を観る場合、量子の諸学問とバイオセントリズムから物理の諸学問をもって地球を物理的に観る、ということになる。

 

量子の精神場(精神の量子場ともいう)からは、たえず、意識がこちらの世界にやってきている。新しい星が生まれる可能性がまったく無い太陽系であるにもかかわらず、生命の誕生のためだけで飛んでくる意識がある、ということなのである。

 

この意識とは、物理的なモノである。物であるわけで、ソレは何か? というと光を成分である光の粒子である。

 

この物理的な光が胎内の動物として出産を待つ状態の胎児に入ると、はじめて胎児に人間性が生まれる。ソレは新皮質だ、ぐらいは誰でもわかる筈である。

 

このような宇宙の都合の枠内でのみ、人間は存在することが可能になる。この観点が聖書にも足りない観点であるので、神の視点を超える観点である、となり、ソレをバイオセントリズムが追求して意見を発表する、このようなカタチで量子、物理ともに証明されるモノが意識であり、天国や極楽とは、量子と物理のそれぞれの諸学問により実在が証明された天国と極楽のみがホンモノだ、というハナシになっていく。

 

コレが宇宙の都合なのである。

そして、バイオセントリズムからは、死後の意識で構成されたデカい1つの空間があり、宇宙の誕生に大きな影響を与え続けている、と考えた。コレは正解である。つまり、ダークマターのことを死後の意識で完成されている1つの空間、と考えているのがバイオセントリズムだ、ということなのであり、コレは正解なのである。物理的に証明された天国と極楽だけがホンモノの天国と極楽であり、あまも、ダークマターには物質が飛びこみ、同じ物質とみられる物質がすぐにダークマターから放り出される様子も観測済みである。

 

届く意識と放り出される意識とブラックホールという地獄に落ちる意識がある、ということになる。だが、まだ、バイオセントリズムが解き明かしていない謎がある。

 

なぜ、金剛禅 少林寺拳法を必死で3段まで練習して得た金剛の身体を持つに至った者は、幸運に恵まれ、願望が実現するのか? ←コレ

 

コレはバイオセントリズムでも量子の諸学問でも物理の諸学問でもいまだに謎のままなのである。なぜなら、コレらの学問は、一般社会用だ、と認められた学問になったままだからである。少林寺拳法を正しく、盗聴に依存せず、修行した者のうち、正しく強くなった拳士だけが、ゆっくりでも光速でもブレない少林寺拳法を体得するのだが、スマートダストを用いて体型を変え、ふにゃふにゃ少林寺拳法をやる拳士ではない集団ストーカーが大量に発生しており、さらに、死者も投票するいま、学問は金剛禅を研究する前に、集団ストーカーを滅ぼさなければ、天国と極楽に行けない状態までしか研究が出来なくなる事態に追い込まれてしまった。

 

願望とは、生前の意識である。

願望が叶って何が悪い。私は休眠してからも10年近く、ラッキーな展開を得ている。すべて努力で消してしまったのだが、たしかに救われている。ギリギリまで間違えた方向で努力し、攻撃されて死ぬ筈が、ついに幸運にも地球上で生存することなってきたのである。

 

したがって、この観点から金剛禅を見直したところ、バイオセントリズムの一部を直すとそのまんま金剛禅だ、とわかることに通じる人生になったのは当たり前、と。

 

死後の意識

生前の意識も

 

に変わるだけでOK。

 

この治安維持の観点から世界をみて、さらに、その西側の世界の中の日本を観る。

 

コレが少林寺拳法 Unityのマネをしようと思ってからマネをしないことに直ちになった私の思考の成果である。

 

ココから、私は健康ライフを考えたのである。

 

すると、スマートシティを作り高齢者から財産を奪い、子供を作らない貧乏な家庭の夫婦を殺して財産を奪わんとする無法者による、地域全体をスマートダストで洗脳し、コレを代行させ、自動的に超高齢化少子化社会を滅ぼされそうになっている、という観点から、コレをチャンスと考え、高齢者と女性に少林寺拳法をアピールすることが可能だ、と私は悟ることになったのである。

 

 

 

 

無法者は懲らしめないかんぞ

 

亡くなったバンドウ先生は、高潔な人格者で知られる少林寺拳法8段、圧法においては開祖から

圧法はバンドウ、オマエにすべて任す

と言わせ、無法者をとことん退治してまわる正義の勇者としても有名な拳士である。

 

無法者は懲らしめないかんぞ

 

コレで高齢者と女性に少林寺拳法をアピール可能だ、となぜ少林寺拳法Unityの広報スタッフは1回目に発表しないのか?

 

私はいま新たな疑惑を持ったのである。

 

高齢者と貧乏な家庭も女性も、集団ストーカーに脅迫されたり、放射線攻撃をされたり、スマートダストのモートネットワークにより思考盗聴され、音声攻撃され、映像攻撃され、地域が丸ごと集団ストーカーとなって襲ってきているため、被害をリアルな各社会とサイバー社会においては何も発信できない状態になっているのだから、少林寺拳法の拳士が集団ストーカーを退治すれば、そこから犯人組織がドミノ倒し式にバレていき、洗脳から目覚めたら地域の住人がまともな日本人に変わり、自由が生まれて、その結果、高齢者は安心して生活して死ねる社会になり、貧乏な家庭は仕事を見つけることができるようになり、女性は自治体による妨害を受けずに支援を中国人に奪われずに得られるようになり、縦割が破壊されていき、センサーに関連しながら悪党に加担することを無視して儲けるすべての企業が倫理によって潰されていき、ついに何世代にもわかる少林寺拳法の金剛禅社会が生まれる、と。

 

この次世代を含めた金剛禅社会の内部でまずはやろうよ、という理想郷建設に、日本全体が加わるとどうなるか?

 

日本人の願望が実現するのである。だから、拳士を増やせ、と私は主張をFacebookに書いたのであり、足立区の被害者の女性を支援しているのであり、何が起こっても中国とロシアが滅びる、または弱まるとわかれば、このように健康増進の意味を公表する、このような活動こそ、理想郷建設活動、または、理想系実現活動、と私は呼んでいるのだが、どうであろうか?

 

人類は太古から理想郷を求めて生まれてきた。理想郷建設とは、無法者を退治する活動をベースにした武闘に支えられた活動なのである。スマートシティの実現をぜったいに阻止すれば、勝ったも同然。そして、いま、圧倒的な火力を私たちは持つ。必ず殴り込んで奪われた離島を、離島ではなくてもその地域を奪回する。コレがあってこそ平和な枠が見えてくる。

 

健康増進という教範のくだりはよく読め!

こういうハナシで一回目を終わる。