サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

集団ストーカー被害とはどの程度の問題なのか深度を考える 4回目 Facebook未公開記事

被害の程度について、直接触れる書き込みを私は数年にわたってTwitterFacebookGoogle+ などに書いてきた。

 

Google+は個人向けのフリーバージョンを利用していたため、すべての記録は無くなった。

 

前者の2つのうち、Twitterはあまりにもハイテク犯罪について参考にならない情報が蔓延し、フェイクをかけてくる詐欺師が横行するため、使用を辞めた。

田中蓮くん水死事故、と警察が発表したこの事件について、まだこの男児が行方がわからないままの当時にもかかわらず、東神奈川駅で私がこの男児に酷似した子を見た、という目撃情報を書き込み、多数のアクセスをされたことがあったが、けっきょく、私が目撃した男児は酷似している別人、という結果になった。だが、この男児の遺体が発見された場所が、水門の閉じていた時期にもかかわらず、その水門より下流であったことは、いまでも謎のままである。そこまで流されるわけもなく、その場所まで男児がどうやって行ったのかもわからない。おそらく誘拐された、という経過を経ているのでは? とTwitterでは個人間で情報がやりとりされていたが、警察からの発表では言及はなく、行方不明になった時から1人で川へ行き、転落して水死した、という発表となったまま。まだ幼稚園に通う年齢の男児が歩ける範囲内より下流に水門がある。水門を越えるところまで歩けるものか? この疑問に科学捜査は応えていない。

 

この件について、多数のアクセスがあった。1秒で数百のアクセスがあり、このペースが3日、続いた。

まるでマスコミのような訊き方をするTwitterアカウントのユーザーもいた。

まだわからない

と書いている私に

家族に連絡しろ

とメッセージを送信してくるわけだが、私はいっさいしなかった。デマや騒ぎは必ず、不確かな情報と真実の情報が混ざった状態から発生するからである。コレは諜報活動に携わったスパイなら誰でも知っていることである。私はたまたまフェイクニュースを派遣会社を通じて流す件を知っていたので、研究をし、ナチス・ドイツを支えたゲッペルスのやり方や、さらに進化したやり方をも知ったため、必ず、田中蓮くんの家族が殺される、と考えたのである。つまり、一家皆殺しの犯行計画を感じたので騒ぎには加担しない態度を貫き、だが、同時に、Twitterでは誰でも読むことができるような書き込みだから、家族が読みたいなら自分でアクセスし、読んで欲しいと書き込みをしておいた。

 

金剛禅の道訓から考えるまえに、聖句をこの件に作用させる思考の成果を持てば、正義が働く情報の拡散とは公開するまでだ、となるのである。当時、行方不明だった蓮くんに酷似している男児が女に荷物のように抱えられて東神奈川駅の横浜方面行きの京浜東北線のホームで歩いて去っていくのを目撃したが、蓮くん本人かはわからない、と私が書いた情報とは、信頼するに値はしないレベルの、噂程度。コレは情報としての価値が低い、ということになるのであるから、行方不明者の家族に伝えた方が良いケースに発展するかもしれないが、その可能性はきわめて低く、ソレは正義から考えた場合は不正である、となる。

 

ようは、情報が欲しいなら検索して探せばよく、わざわざアクティブに知らせるような作為的な協力をするなら利害関係や家族関係、知人関係がある場合に限らないと、家族を混乱させ、混乱に乗じて一家皆殺しを図る犯行計画があれば、殺害される人数が増える契機をわざわざ犯人のために私が作るカタチになるからやらない、と。

 

このようなことがあってから数日後に、デマ、情報操作の温床となっているTwitter、と私は断定して使用を辞めた。サイバー攻撃は、Twitter社による杜撰なログイン情報管理の態度を悪用して私に△仕掛けられていたため、ソレを避ける必要があったからでもある。いずれにせよ、Twitterは広告システムであるし、セキュリティはガタガタにされるほど弱く、まるでコインチェック社が暗号通貨のウォレットをホットな状態で公開していために大量にサイバー犯罪者に盗まれた事件と同じレベルのセキュリティの低さだ、というわけで私は利用する価値は無い、と判断して当たり前の立場になったから使わない、と。そういうわけでもはやTwitterは使わない。あれからさまざまな戦いを経て、いまTwitterに関して私が公開できることは、スマホやPCから使うSNSの最低限のセキュリティが私にも確保できないし、Twitter社にも確保できないことになっているから、Twitterは使うな、Twitterユーザーとは交流するな、である。まともなセキュリティを確保するためのシステムを持つセキュリティアプリ開発企業のパワーを有料利用するとわかるのだが、Twitterはアクセスさてはならない極悪危険なサービス、と定義されている。つまり、サイバー犯罪を犯す中国人が作った攻撃用サイト、と同じ扱いだ、というわけである。サイバースレッド攻撃などをブロックするサービスでは、Twitter関連の攻撃サイトが山ほど登録されており、危険なマルシャスサーバーなどを含むマルウェアを用いる脅迫サービス、となっている。

コレはMicrosoft社のサーバーも含まれている。つまり、コレらのサーバーは中国人が作った攻撃サイトとまったく同じ扱いをされる極悪危険なサイトなのである。さらに、Apple関連のサーバーもまた、サイバー犯罪社に加担するかのように見えることが多すぎるので、おそらく中国人が作った攻撃サーバーであろう、と私はみている。スマートダストを用いて殺害を繰り返す犯人は、スマートシティを欲しがっている。このスマートシティに関することなら何でも開発しよう、というApple社やスマートシティ関連のビジネスを行うすべての企業は中国人の側の、西側の政府を転覆させるためのすべてまたは一部、と私は考えている、ということ。

 

いまどき、連絡帳などの情報をホットな状態にさせようとして防御は後回し、さらにセンサー。コレならもう要らない。コレが情報操作をさまざまなレベルで行う中国の侵略の有り様なのである。マックユーザーとかマックファンとか雑誌があるが、同じことを繰り返して公開するだけの単なる広告でしかない。この一事だけで、フェイク雑誌社だ、と断定して良いのである。竹島尖閣南シナ海、中国大陸の外での中国の侵略を知れば誰でもわかる。コレほど大規模なのか? と驚いても良い時期はとうに過ぎた。リモートワークの時代になると、犯行は露呈するから、日本人は騙されにくいサイバーアクティビティを持つように変わって2年以上経つからであって、コレを自治体は隠そうとして広報は、数十年以上前のセキュリティを垂れ流すフェイク広報をしていても、日本国民はコレを見抜いて信じず、用いることもしていない。この時期に、まだ大規模な詐欺だ! と騒ぐのはオカシイのである。この程度の規模の敵の情報工作は、簡単に潰せるのである。いくら敵が動産や不動産を陽の当たる場所に増やしても、日本人はもはや騙されにくい民族に変わっており、韓国焼肉店が生き残りを賭けて飲み屋のビジネスに転換したあ! などとマスコミがニュースを地デジで流しても日本人はざまあみろ、ぐらいしか思わない。竹島から出て行け、というハナシだからである。公務員が日本人に生活保護を受けされないための騙しを行っても、縦割潰しで尖閣の中国公船にリンクしている自治体の職員を地方税支払い拒否により、まとめて尖閣周辺から追い払う、と自治体の場所を問わず、一括削除をしているだけで勝つ、と日本人はわかっているから騒ぐほどのことではない、と。

 

日本人は自由を賭けた戦争中なのである。焼肉や酒を賭ける日本人は中国人または韓国人、暴力団、公務員、ビジネスマンまたはビジネスウーマンの日本人、この程度の低脳とは別なのだ、と。そういうわけで、放射線攻撃を行う集団ストーカーによる被害を健康ライフのパスポートという観点から考える、コレが4回目、と。

 

 

認知症を偽造するためのスマートダストのZigbee通信を用いたモートネットワークとは、犯罪センサーネットワークのことである。このテクノロジーの内容をテクノロジーと被害と領土と治安維持と健康ライフから考えると、犯罪センサーネットワークとは、思考盗聴ネットワークであり、音声送信攻撃ネットワークであり、映像送信ネットワークであり、殺人に用いられるための機能ばかりのネットワークであるため、スマートシティ、スマートファクトリー、という別名だ、と断定することになるのである。

 

センサーを自然界と人工物のすべてにバラ撒き、侵略をくりかえすからバレるのである。Apple社はトランプアメリカ合衆国大統領に、彼の任期中、ホワイトハウスによびだされたが、大統領を騙したようである。その証拠にスマートシティ用のU1チップに便宜を図るiOSにアップグレードさせようとして、iOS14.5をリリースしているのである。

 

さらに、この勢いを使ってスマートシティを実現させようと大規模で低効果な、健康ライフを破壊し、日本領土に攻め込もうとする広告、バカ広告を企業が出して祝っているらしいが、サンサンで滅びることになるであろうから、低効果広告をバカ広告だと断定し、認知症を偽造して多発させ殺しまわろうとするセンサーは、スマートダストのモートネットワークとオモテ向きは呼ばれるZigbeeネットワークのことだ、とわかれば良い、となった。

 

認知症が進み、レベルが5になるまで各段階を1から進む日本人は、認知症かあ? と疑惑を向けられるほど健康を会話から見せ、計算から見せ、ボケとツッコミなどのコミュニケーションをする人も含んでいる。私にバレたのである。同じく、多数の治安維持担当部署にバレており、国から健康に関する事業なら受託するが自治体から受けない、ということになった、と。

 

現在、認知症なら、蹴ってみろ。突いてみろ。できるなら少林寺拳法の単演をやってみろ。わかなかったらまずはやってみせるから、マネしてみろ。

 

たったコレだけで、スマートシティがバレ、防御され、健康が再確認され、事実、健康な日本人が増えるのである。

 

そして、少林寺拳法をやるときに、身体の各部位を早く動かすことができれば、その時点で、集団ストーカーの誰よりも優れた、と証明される、と。

 

このように、ユニバーサルな観点から少林寺拳法をみて、健康ライフに少林寺拳法を用いて、介護を考えるだけでもこんなに書くことが多い。コレがタイヘンなことなのである。

 

いまどきは、正義で大儲けできる時代なのである。

倫理とは正義の子である。

倫理の壁が、モートネットワーク開発の担当者のカリフォルニア大学バークレー校やAppleを含むハイテクセンサー企業を包囲するために、カリフォルニア州の州境に完成。コロナウイルス対策のためにほかの宗教にも完成。Appleの社員がやってくるメキシコとの国境付近にも壁は完成。コレだけバレているのに、まだ中国人は気が付かないのである。その中国の火力を信じて勝とうとしている公務員がいる。焼肉を捨てて飲み屋に賭けるバカな日本人は公務員である、暴力団である、無法者なのである。ロクなもんではない。スマートバカ。賢いバカなのである。バカじゃネーのスマートなバカ。見た目からしてぴっちりスーツのパンツ。髪型はジョン・ライドンスタイル。

 

スマートバカは無法者である。

無法者は懲らしめないかんぞ

 

もしかしたら、金剛禅 少林寺拳法の開祖 宋 道臣は、スマートバカどもから財産を奪い、どこかに隠し、バカには一円たりとも儲けさせない、という正義の活動をしているのかもしれない。

この財宝を狙って、中国が攻めてきたのかもしれん。

 

誰が奪って隠したテメーらの犯罪資金を返すかバカ。ソレなら爆破してやる。正義をナメんな。

 

 

まもなく、コンピューター社会は、量子の時代になる。これまでのコンピュータ社会の過ちは、すべて滅ぼす。こうして、どのみち中国や韓国、ロシアは滅びるのである。コストがかかるから、中身だけ滅ぼす。ザマアミロ。スマートにシティして監視されて死ね!

 

 

 

このように健康になればなるほど、日本人は愉快なことを再開する。正義の名のもとに悪党を滅ぼすことは、タイヘン愉快なことなのである。

 

ワールドビューからスマートシティは丸わかりなのである。スマートバカにはわかるまい。死ね!