サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

10万円一律給付 知らんかった

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200420/k10012397011000.html

 

大和市役所は中国側だし、この当時は弁護士や遠藤厚子に殺されかけていたのを跳ね除けるためにサイバー犯罪者と戦っていたため、何も知らなかったが、見えざる敵の具体的な名前や勤務先を私は公開してきて良かった。

 

金融リテラシーを体得することは、彼ら中国軍に勝つためであろう。

 

郵便ポストは近所に住む中国人、または中国側に立つ連中が常に必ず荒らしてニセ郵便物にすり替えるし、さらに、スパムメールを送りつけて、撹乱のうえに撹乱させる手口で攻撃してくる。私が見たかぎりでは数千人程度の攻撃者数で、だいたい千人ぐらいが襲ってきている、試算している。行く先々の店の従業員や住人、駅から外へ出てくる者たち、コンビニやショップ、すべてに必ず攻撃者がいる。攻撃者を止めようとする者はいない。つまり、大和駅周辺は中国側の兵隊だらけ、ということになる。私が具体的にソーシャルディスタンスギリギリの距離まで近づくところはスーパーぐらいだが路上でもどこでも暴走車両やその他の車両、歩行の別を問わずに攻撃してくるので、およそ1,000人の攻撃者数、大和駅近辺の人口、コレが中国軍の侵略の実態かと。

長門英吾弁護士も中国側の侵略者だ、と私はみているが、コイツが言うには、

次は地元で弁護士を見つけて

ということ。バレるとどうにもならんようである。顔と身体を偽装しても目が変わらないから、コイツが税理士や暴力団、パチプロ、弁護士、司法書士、不動産屋に偽装してカネを騙しとろうとしているのも丸わかりである。

 

大和市には長門英吾みたいな奴ばっかりだ、と見れば正解である。

 


10万円一律給付 閣議決定 マイナンバーカ ードを活用も整備
2020年4月20日 19時01分

政府は

20日の持ち回りの閣議で、

今月7日に決定した

「緊急経済対策」

について、

収入 が減少した世帯への30万円の給付

の代わりに、

すべての国民を対象に

1人当たり10万円

を給付する

とした内容に見直すことを決めました。

 

 

 


この中では、

10万円の給付について

「人々が連帯して一致団結し、

見えざる敵

との闘い

という国難を克服しなければならないため、

感染拡大防止に留意しつつ、

簡素な仕組みで 迅速かつ的確に

家計への支援を行う」

としたうえで、

マイナンバーカードを活用した

受付システム

も整備する

としています。

 

 

 


これによって

緊急経済対策の事業規模は、

当初の

108兆2000億円程度

から

117兆1000 億円程度

に拡大し、

財政支出

39兆5000億円程度から

48兆4000億円程度

に増える

ことになりました。