詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

損のパワーより強い理想のパワーとは

買う、するとすぐさま下落する

売る、するとすぐさま上昇する

 

マーケット参加者(投資家、投機家など)全員が損をする、新しいテクノロジーが生まれてソレだけ儲かる

 

コレが損のパワー。この後、

マーケットももうイヤだあ

に通じる。

 

人類はこうして世界中の一般的な社会や宗教社会を捨てることにされたのである。

 

強制的にそうされた人類の願いは量子の精神場経由で物理的に実体化している。

 

理想のパワーというものが損のパワーを破壊しているようである。もはや儲からない企業がFacebookの広告パワーを頼りに不要な広告を打つ、すると永久にブロックされることに通じ、カネをいくら広告に注ぎ込んでも相手にされなくなり倒産して消える、と。

 

理想のパワーは自由を求める性質があり、争いを好む性質もある。

自由と争いを好む性質は寝れば倫理となって魂に入る。思考が倫理によって寝るたびに倫理的な成果物である感情を発するように変わる。人は寝るたびにより高次の存在に変わる、というわけである。

古い方の脳は争いを好む倫理により、より強い戦闘が可能になるように変わる。

 

コレは浄らかな生き方をしている人のことであり、無法者は寝るたびに倫理と矛盾、自己破壊を起こす脳に変わる。

 

浄らかな生き方が簡単に素早くできる社会とは何か?

 

今度の対中戦争では、中国人が太古の時代からデタラメな記録を世界各地で残してきたことさえバレる戦争になる。人類は中国人をひどく嫌ってきた。理想とは異なる共産主義という不自由を強制するからであろう。

 

ベーシックインカムの実現で理想のパワーの暴発による暴動は起こらなくなる、とみる立場の人は誰か? この人こそがインフルエンサーになる筈だ。自由で平和な時代に導く人こそインフルエンサー

 

 

この人こそが人類のリーダー。人類のリーダーになりたいなら、カネが無い社会を実現すること。

 

新しいテクノロジーは常に古いテクノロジーを用いる人に勝利する。いきなりマーケットの事情が変わる理由とは、新しいテクノロジーが生まれて、これまでの良き取引や投資、資産運用を破壊したからである。

 

すると、墓を暴くゾンビがこの世に物理的に実現するなど、理想のパワーが古い社会に襲いかかり、不正を起こす。

 

したがって、新しいテクノロジーは不正を起こす原因そのものである、とわかる。

 

この不正を合法に変えるために戦争などしてカネの制度を古い権力から奪いとるのである。

 

コレが2000年以降に起こった。不正は不正、不正を隠すとすぐにバレる。ゾンビや天変地異が発生する。

 

最近の新しいテクノロジーとはコロナウイルスではないか? 中国のワクチン外交、中国国内の同ウィルスの感染者の激減、中国で発生したコロナウイルス、という有力な説・・・コレらがぜんぶ中国による戦争行為だ、とみれば、中国本土で資金調達が可能になっただのの中国の施策の意味がわかってくる。

 

コロナウイルスを開発し、世界にこのウイルスをバラ撒いた、ワクチンが中国国内に余ったカタチにした、武力や侵犯を中国人にさせながら政府はワクチン外交による人道支援外交。

 

コレにより、不正が中学国内に発生することになる、までわかるまい。無法者には人類の理想が理解できないからであろう。死んだ中国人が次々に中国国内を襲いはじめる。

 

理想のパワーは人類の力である。この力を味方にすることができれば生き残ることができる。

 

いま、まさにコレである。マーケットに新しいテクノロジーを持ち込んだのは誰だ? 中国人であろう。

 

バイオ戦争を中国が仕掛けてきた、とみれば、中国人のダブルスパイのバイオ教授がFBIに逮捕されたがコレは当たり前。

 

アメリカ人の一般投資家や一般投機家がマーケットから追い払われた2000年初頭、この時から中国による侵略があった、とみる。すると、911テロは中国によって起こされたテロだ、と考えを進めることができるようになる。

 

その後のアフガニスタン戦争では、中国は非公式に中国軍をタリバン側を支援するために派兵しており、いまはミャンマーでクーデターを起こし、フィリピン沖で違法や漁業を行い、尖閣をハイジャックし、韓国を隷属化している、と。

 

コレは昔から繰り返される中国による侵略パターンそのものである。

 

人類の理想は中国を含めて不要な国はどんどん潰す、自由を拡大する、となって物理的に実体化していく。

 

ベーシック・インカム制度が現れた国から勝ち組。非常に重要な制度であることになる。