サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

弁護士ドットコムを調べる

https://kabuyoho.jp/discloseDetail?rid=20210125448120&pid=140120210125448120

コレは弁護士ドットコムの決算書を説明する資料である。

 

法テラス神奈川から紹介された長門英吾弁護士はこの弁護士ポータルサイトには登録されていなかった。あまりにも悪質な弁護士だった。

 

上大岡法律事務所の弁護士は六人いるが、誰も登録していなかった。

 

私がAmebaから弁護士ドットコムの経営側にやって来たら、まずは芸能界を狙う敵兵の弁護士は排除するね。当然。

 

いま、弁護士のマーケティング機能よりプラットフォーム化を実行している弁護士ドットコムは、このサイトへの訪問者が底打ちし上昇している、と↑当該説明書には書いてある。

 

プラットフォーム化ぁ? といえば、情報がどんどん集まるシステムのこと。相談者と弁護士とのコミュニケーションをこのサイトで実現する方向へ、つまり、プラットフォーム化するのだから、情報がどんどんビジターから集まるサイトへ変わっていくのは経営上、当たり前。

 

クラウドテクノロジーを用いた広告システムではFacebookTwitterなどの悪名高い攻撃サーバーを持つプラットフォーム。

 

ようは、価値が高い情報をクラウドテクノロジーを用いたシステムに接続されたデータベースに格納し、そのデータをビッグデータ化し、AIに使わせて、弁護士ドットコムなら弁護士チャットロボを作り、次々に訴訟経済を助けるためのアドバイスを自動でやって、かつ、次は電子契約だあ! と内閣が進めていく方向へも弁護士ドットコムが乗っており、すると、弁護士ドットコムの次は裁判所ドットコム、かな? と。だいぶ違う業務になるから無いとは思うけどね。

 

自治体と癒着する法テラス神奈川には中国兵と思われる奴がたくさんいた。実体験で確認済み。オカダだけではない。ホテルジャパン箱根なオカダのことだが、法テラス神奈川には壊れかけたホテルジャパン箱根の従業員ばっかりであった。私が無関係になれば、また別の被害者のために中国兵が変わって集まる、たぶん、だが。

 

そして、紹介される弁護士は詐欺師ばっかり。ビューティトリックを使った草むしり、宝くじ詐欺、パチンコ詐欺、スクーターに乗って偽警察官。

 

いまでも私のまわりには詐欺師ばっかり。

 

全員、横浜地裁に呼びつけてやる。弁護士ドットコムに登録してネー弁護士は中国兵だからである。

 

日米英の火力の一部であるシーホークをナメんじゃネーぞ。