詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

人流産業 センサー 人工衛星 AI ビッグデータ コロナウイルス対策 平和 無いのは中東のハマスだけ

つまり、スマートシティに中東は無関係、というわけであろう。たぶん、だが。

 

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/05/post-96335.php

 

人流産業がまったくわかっていないとピンボケ記事になる。ライターによる自身の経歴を詐称したのか? という疑惑も出そうだ、この記事。

 

スマートシティとはセンサー社会である。無線通信なのでモートネットワークである。モートネットワークなのだからZigbeeプロトコルである。ワールドビューは55万円も一写真にかかる。Zigbeeバイスを使えばラズベリーパイの組み立て式デバイスを含めて一万円以内でZigbeeネットワークを構築することができる。

 

まず、コロナウイルス対策は国際の平和のために行われている。なぜか? 仮想の戦時を実現し、中国と韓国のロシアとの戦争の前段階に入るためである。

 

国民は一丸となると良い。

 

コロナウイルス対策が徹底していても、ヨドバシカメラでもいけばけっこう買い物客がいる。マスクして、手を洗い、ワクチンを打てば良いわけで。変異株には追加ワクチン2種で対応、と。

 

韓国と中国の兵隊が飲食業界にたくさんいて邪魔。だからコロナウイルス対策、と。

 

治安維持の効果が無ければやらネーよ。

 

ここまで日本国民はわかっているからノリノリなのである。もう韓国と中国はバレてるのである。↑のプレジデントの記事のライターはデマを流そうとしている。コレを偏向と呼ぶ。アメリカ合衆国大統領選挙期間中に起きた不正に↑の記事のライターが関与している、と私は疑惑を進めた。

 

ニューズウィーク日本語版のコラムライターは、中国人と韓国人しかいない。国籍がどうだろうが無関係。オマエらは中国人と韓国人だ、と人類から断定されているのである。

 

中国人と韓国人によるガッキーショックデマは偏向報道、その目的はマーケットの相場を下落させることである。バカじゃネーの?

 

バカによる人流はスマートシティという人流産業が完全に把握する。どうせ出勤してそのあたりの地のオモテをグルグル歩きまわる集団ストーカー、コレを把握してバカを殲滅し、地球を天才だらけの星に変える。コレがグリーン政策である。

 

なぜ、中国人と韓国人とロシア人を滅ぼさねばならないのか? その答えは

バカ検出関数のテストをするため

である。宇宙植民地時代になれば邪悪な異星人が襲ってくる可能性を考えねばならない。その前に、バカ検出関数のテストをしたいのである。バカを早期警戒するために発見しなければならない。

 

バカ検出関数のテストをするためには、地球が天才だらけにならないと実施できない。なぜか? マルウェア(=バカ)がまったくいない環境で、天才に対してアラートが鳴る。その時、はじめてバイアスと重みを調整できることができ、天才を検出してもアラートは鳴らないことができるようになる。だから、中国人と韓国人とロシア人はイラネのである。

 

邪悪なエイリアンを先に発見し、不穏な態度をみせたら先制攻撃する。コレだったら地球の植民地は守ることができる。そのようになっているからこのようになるのである。

 

ここまでわかれば、Zigbeeネットワークのセキュリティ。もはや私はマーケットに参加できる力を得たのかもしれない。素晴らしい記事を書いた。いま私が書いた。驚いた。